0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

お葬式費用を把握する

費用を把握する

葬儀費用の内訳の把握

葬儀に掛かる費用は、大きく分類すると以下の様になります。

①:葬儀一式の費用

②:宗教関係者への支払い

③:接待飲食費用

④:香典返しの費用

⑤:式場の使用料

⑥:その他の雑費

①:葬儀一式の費用

通夜・葬儀の祭壇の設営、棺、霊柩車、骨壺、会葬礼状、返礼品、火葬料金、移動時のタクシー、マイクロバスの費用等が掛かります。

②:宗教関係者への支払い

仏式の場合は僧侶へのお布施(通夜、葬儀・告別式から初七日までのお経、戒名などのお礼が必要です)。神式の場合は神官へのお礼、キリスト教の場合は、教会への献金、神父・牧師へのお礼等の費用が必要です。

③:接待飲食費用

通夜振る舞い、灰寄せ(お斎、精進落し)料理、飲料などの費用が掛かります。

④:香典返しの費用

葬儀当日の香典返し、後返しの費用が必要です。

⑤:会場の使用料

自宅以外で通夜や葬儀を行った場合に掛かる会場(寺院やセレモニーホールなど)費用の事です。

⑥:その他の雑費

運転手や火葬場の係員への心づけ、親戚の宿泊費、飲食費等が掛かる場合もあります。

葬儀社に支払う費用は、①の葬儀費用だけの場合と、業者に依頼した内容によって③の飲食費、⑤の式場使用料など業者経由で支払う場合もあります。

葬儀社の葬儀料金は、一般的に葬儀一式のセット料金と別途注文の別料金の2本立てになっている事が多く注意が必要です。

見積書を受け取った場合、何がセットに含まれていて、何が含まれていないかをしっかり確認しておくことが大切になります。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です