0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

参列マナー(服装編)

やさしいお花

男性の服装

ブラックスーツが基本です。シングル、ダブルは問いません。

シャツは礼装用の白いシャツにし、ネクタイ、靴下、靴、ベルトは黒で統一します。

タイピン、ポケットチーフなどのアクセサリーは外しましょう。

腕時計や結婚指輪はつけたままで良いですが、ゴールドや光る素材のものは避けましょう。

ただし通夜の際は、ブラックスーツまたはダークスーツで問題ありません。

 

女性の服装

黒の喪服かワンピースが基本です。

肌を露出することは避け、長袖とし、スカートはひざ下の長さにしましょう。

靴、バッグは黒で統一します。

ただし通夜の際は、地味な色のスーツかワンピースで問題ありません。

メイク、アクセサリー

アクセサリーをつけるなら、パールの一連ネックレスにします。 二重のネックレスは「不幸が重なる」に通じるので避けましょう。

腕時計や結婚指輪はつけたままで良いですが、ゴールドや光る素材のものは避けましょう。

メイクは控えめにし、派手なネイルは控えましょう。

香水は控えめにします

 

子どもの服装

制服がある場合は、制服で参列します。

制服のない小さなお子さん、制服のない場合は、白、黒、グレー、紺、茶等の地味な色合いの無地の服であれば問題ありません。

靴や靴下も落ち着いた色が良いでしょう。

柄はワンポイント程度でしたら問題ありませんが、キャラクターの絵柄や、全体に絵柄が入っているものは避けましょう。

ただし、あらかじめ用意しておくことはありませんので、できる範囲で、失礼のないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です