0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

一日葬

一日葬とは、一般的に通夜と葬儀式で2日間かかるお葬式を、1日ですませてしまうという新しいスタイルのお葬式です。 つまり通夜は行わずに火葬の当日に、葬儀式や告別式を行う形です。

火葬式との違い

火葬式(直送)とは違い、僧侶による読経、焼香などを行うことができるので、火葬のみでは、しのびないとの家にとっては、一つの選択肢となるでしょう。

また経済的な負担も大きな違いとなるでしょう。通夜を行わないことで、通夜振舞いでの料理代、返礼品代、宿泊費といったものが必要なくなります。

注意点

従来のしきたりを重んじる人にとっては、お通夜を行わないということを、非常識だと考える人も多いでしょう。

一日で行うからといって、故人への想い、周囲への感謝の気持ちは変わりないということを、親戚や周囲の人には、よく理解してもらうことが大切でしょう。

また神式の葬儀など、宗旨によっては、宗教的な儀式として一日葬が行えないケースもありますので、宗教者もしくは、ご家族もしくは宗旨を同じくする親戚に一度相談してみるのが良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です