0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

キリスト教式の葬儀

白い家のイメージ

キリスト教葬の特徴

*キリスト教における葬儀は、死者を神に委ねるためのものです。ですから、死者が神の御許に召されるよう祈りを捧げることが中心になります。

*死は穢れではないので、清めの儀式や忌中札を出すことはしません。

*食べ物やお酒などの供物はしません。供花を出す場合にも名前は外します。

*式は一般的に教会で行われ、準備進行は教会の指示で行います。

*服装は喪服で、和装でも構いません。

*キリスト教では献花を捧げます。仏式の焼香、神式の玉串奉奠にあたります。

キリスト教の通夜

 

カトリックの通夜…カトリックでは通夜のことを「通夜の祈り」といいます。

~式次第(一例)~

①聖歌または黙祷

②聖書朗読

③説教

④祈り

⑤献香または献花

⑥結びの祈り

⑦遺族のあいさつ

終了後、茶果を用意し、故人を偲ぶ茶話会をすることもあります。

プロテスタントの通夜…プロテスタントでは通夜のことを「前夜式」または「棺前祈祷会」といいます。

~式次第(一例)~

①賛美歌

②聖書朗読

③祈り

④賛美歌

⑤説教

⑥賛美歌

⑦献花

終了後、茶菓を用意し、遺族、牧師、親しい友人で故人を偲ぶ会を開くこともあります。

キリスト教の葬儀

 

カトリックの葬儀、告別式

~葬儀ミサの式次第(一例)~

①開祭…司祭はろうそくを手に柩を迎えます。香と聖水を持つ奉仕者を従え、その後に柩と遺族が入堂します。司祭は蝋燭の火を祭壇に灯し、柩を白布で覆い、聖水と香を振りかけます。招きの言葉を述べ、全員で祈ります。

②言葉の典礼…聖書が朗読され、典礼聖歌や詩篇が朗唱されます。アレルヤ聖歌や福音書朗読の後、司祭の説教があり、司祭と参列者交互に祈りを唱えます。

③感謝の典礼…遺族が奉納したパンとぶどう酒で、故人が神に受け入れられることを祈ります。

④告別と葬送…故人に別れを告げ、神に委ねる告別と葬送が行われます。

 

プロテスタントの葬儀・告別

~葬儀式の式次第(一例)~

①奏楽…オルガン演奏が行われ参列者は黙祷します。遺族と柩の入場の際は一同起立して迎えます。

②聖書朗読

③賛美歌

④聖書朗読

⑤祈祷

⑥賛美歌…故人の愛唱歌

⑦説教…故人の生と死に関して。故人の略歴など

⑧祈祷

⑨賛美歌

⑩祝祷…遺族と参列者に神の祝福があるよう祈ります

⑪奏楽…一同起立して黙祷します。

⑫告別式…弔辞は故人でなく遺族への言葉です。

この後、場合によって献花が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です