0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

香典について

そもそも香典とは

 

香典とは

香典とは現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んだものをさします。
古くはお通夜や葬儀・告別式に参列する人は故人に対してお線香や香木、抹香などをお供えしていましたが、現代ではこれが現金になっています。

相互扶助の意味合いもある

死は突然の出来事で、遺族にとっては葬儀は突然の出費です。香典はその出費に対して、金銭面で助け合うという相互扶助の精神があるといえます。

いくら包めばいいのか

アンケート調査による香典の相場一覧表

故人との関係 最多回答額 平均額
祖父母 10,000 17,978
100,000 72,155
兄弟姉妹 50,000 45,979
おじ・おば 10,000 17,325
上記以外の親戚 10,000 13,372
職場関係 5,000(会社の取り決めに従う) 5,573
勤務先社員の家族 5,000(会社の取り決めに従う) 5,130
取引先関係 5,000(会社の取り決めに従う) 7,436
友人・その家族 5,000(生活改善に従う場合1000円が一般的) 5,939
隣人・近所 5,000(生活改善に従う場合1000円が一般的) 5,583
その他 5,000(生活改善に従う場合1000円が一般的) 5,327

全国調査による香典の金額のアンケートです。葬儀関係のアンケートは平均額が釣り上がる傾向にあるので、最多回答額を参考にしたほうが良いでしょう。

出典:一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会 第4回香典に関するアンケート調査

親戚は10,000円〜、親族以外は5000円が一般的

故人が親戚関係にある場合は、10000円以上、親族以外の場合は香典は5000円ほど包むのが一般的です。親兄弟など近い人物の場合はより多く包む傾向があるようです。ただし生活改善などに従う場合や、会社関係の場合、それぞれの慣例に従い、不明なことは近い立場の方に聞いてみましょう。

3000円以下は避ける

多くは出せないが、少しでも力になればという気持ちで少額の香典を渡すのは避けたほうが良いです。通夜料理と香典返しで赤字になり、遺族にとっては負担となってしまいます。通夜振る舞いや灰寄せに呼ばれた場合は、香典の金額は、故人との関係に従った金額とはなりません。

自分の年齢や地域や付き合いの程度によって臨機応変に

上記は一般的な金額であり、実際は付き合いの程度によっても包む金額は変わってきます。分からない場合は身近な人に相談してみると良いでしょう。

香典袋について

無地の香典袋は何でもOK

無地の香典袋は基本的にはどの宗教でも使えるので、神式の葬儀の他、相手の宗教が分からない時にも使えます。

蓮の花の香典袋は仏式以外では不適当

蓮の花が描かれている香典袋は仏教用なので、相手の宗教が分からない時は使わない方が良いです。仏式ではもちろん無地も使えます。

ユリの花、十字架ののし袋はキリスト教式

ユリの花や十字架が描かれたのし袋はキリスト教式です。

金額による香典袋の種類

香典袋は香典の金額に合わせたものを選ぶのが作法です。下の表の金額や種類などはあくまでも一例ですが、高額になるほどのし袋もそれにあわせた高級感のあるものを使用するようにしましょう。基本的には一万円以上の場合は実物の水引きがかかっているものを選ぶと良いです。

香典の金額 香典袋の種類
3千~5千円 水引きが印刷された略式香典袋
1万〜2万円 白黒の水引きをかけたもの 等
3万~5万円 高級和紙に銀の水引きをかけたもの 等
10万円 さらに手の込んだ装飾がされているもの

香典袋 表書きの種類

香典の表書き 早見表

御霊前 御仏前 御神前 御玉串料 御花料 忌慰料 御香典
仏教 ◯(49日まで) ◯(49日を過ぎたら)
浄土真宗
神式
カトリック
プロテスタント

仏式:四十九日法要以前は「御霊前」、四十九日法要以後は「御仏前・御佛前」

仏教では亡くなってから四十九日間は閻魔大王による裁きが行われるとされています。したがって、四十九日法要以前はまだ「霊」から「仏」にはなっていないので、四十九日より前は「御霊前」、四十九日より後は「御佛前」とするのが正しいです。

香典は主に通夜や告別式で渡すので、「御霊前」が使われることが多いのです。

浄土真宗は四十九日以前でも「御仏前」

一方、仏教でも浄土真宗は死後すぐに仏様になるという考えですので、「御霊前」は使わず「御仏前」を使います。弔問前に相手の宗派を確認するのが大事ですが、一般会葬者は相手の宗派を知らないことも多く「御霊前」を使ってしまうことも多いようです。間違えて使ってしまった場合は、気づいた時に遺族に知らなかった旨をお伝えし、弔う気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

神式の場合は「御神前・御玉串料・御榊料・御霊前」

神道では神式特有の書き方として「御神前・御玉串料・御榊料」に加え、「御霊前」も使うことが出来ます。

キリスト教式の場合は「御花料・御霊前」

キリスト教には線香や焼香はないので御香典はなく、御花料というのがキリスト教版香典と言えます。「御霊前」は浄土真宗以外の仏式と神式とカトリックで使える汎用性の高さがあるといえます。

同じキリスト教でもプロテスタントでは「御霊前」は使わず、カトリックで使う「御花料」に加え「忌慰料」という書き方もあります。

なお、カトリックでは「御ミサ料」と書くという情報も散見されますが、ミサは本来無報酬であるため御ミサ料という書き方は誤用です。

香典袋・不祝儀袋の書き方

用途の記入

使うものは筆または筆ペンで、薄墨のものを使います。不祝儀袋の水引きから上の場所に「御霊前」などの表書きを書き、水引きの下に自分の名前をフルネームで書きます。

代理のとき

妻が夫の代理で弔問しているときは夫の名前の左下に「内」と小さく書き添えます。会社の上司の代理で出す時は会社名と上司のフルネームの左下に「代」と小さく書きます。会社を代表して会葬するときは、会社名と代表者の氏名を書きます。

連名にするとき

連名は可能ですが多くても3名までで、それ以上の場合は一人のフルネームを書いて、その左に「他◯名」という風に書きます。会社や団体などの場合は「◯◯株式会社 ◯◯部一同」のように団体全体を指す名称を書きます。そして中袋に全員の名前と個別の金額を記した明細を入れておくようにします。

中袋の書き方

中袋は、表袋とは別に管理するので、中袋にも住所・氏名・金額を楷書で書きます。裏側に住所と氏名を書きます。

金額は漢数字で書きます。漢数字でも壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)にはカッコ内の漢数字を使わないように注意です。

香典のお札と入れ方

新札は使わない

新札は死を予想して準備していたようで不適切とされています。どうしても新札しか用意できない場合は新札に折り目をつけて入れると良いです。また、過度に古すぎるお札を入れるのもNGですので、やはり新札に折り目をつけるのが無難かもしれません。

中袋にお札を入れる

お札は表(肖像画がある方)を中袋の下(名前・住所を記載した方)に向けるように入れます。二枚以上のお札を入れる時は、お金の向きを揃えて入れるようにしましょう。

中袋を外包みで包む

中袋にお金を入れたら、外包みで包みます。外包みを開き、外包みの中央に中袋の表側が下になるように置きます。外包みの左、右、下、上の順で包みます。水引きの中に入れれば完成です。

ここで重要なことは上側を下側に被せるところです。結婚式など慶事では幸せを受け止められるように下側を上側に被せますが、弔事では逆で不幸が過ぎ去ってくれるようにという意味が込められています。

袱紗(ふくさ)

香典はそのままで持っていかずにふくさに包む

香典は「ふくさ」に包んで持参するのが作法です。ふくさは「お金を汚さないように」という思いやりから来ていると言われています。

ふくさの種類

ふくさは本来四角い布ですが、最近では金封タイプの金封ふくさや、爪つきや台付きのものなどが出てきています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です