【自宅を使わないお葬式専門】

2014/06/21 おくりびとからのメッセージ「日本のお盆」

【武田徹(以下:武田)】篠原憲文さんです。よろしくお願いいたします。
【篠原憲文(以下:篠原)】おはようございます。お願いいたします。

【武田】篠原さんお若いから、当然ブラジルで行われているワールドカップ興味持ってご覧になってます?

【篠原】仕事の関係上朝が早いんですけども、朝が早い分には見れていいですね。

【武田】昨日見ました?

【篠原】朝7時からテレビにかじりついて見ておりました。

【武田】やっぱりな~。半分くらい見てる。50%かな、視聴率。見てますよね。そこはおいといて・・・。今日はどんな話になりますか。

【篠原】今日はまだ6月なんですけど、お盆について話をしたいなと思っています。

【武田】実は日本人て、お盆ってわかってるようでわかってないんだよね。

【篠原】そうなんですよ。実はお盆って由来もまちまちですし、知っているようでいて知らないお盆っていうのが実は結構たくさんあると思うんですよ。

【武田】だと思いますよ。

【篠原】今日はちょっとお盆についてご紹介したいなと思ってまいりました。

まず、はじめに、ちょっと聞いてみたいことがございまして、武田先生にとってお盆とはいつごろをさしますか?

【武田】いつごろというのは期日・・・?

【篠原】はい、いつが「お盆」というかということなんですが。
我々は普通、8月の12、13、14、15、そのあたりが一般的にお盆だと認識していると思います。
いまの暦、新暦で8月13日から14、15、16、これがいわゆる一般的なお盆の期間なのですが、実は全国で日本人がみんな「お盆の時期だね」と言っていますが、日本人がいうお盆の時期は実は大きく4つの時期に分かれるんですね。

【武田】へぇ~、4つの時期があるの?

【篠原】えぇ、例えばですけど実はもう、東京はお盆がまもなくなんですね。

【武田】あぁ、7月か。そうか、そういえば東京は早かったような気がするけど7月のいつなの?

【篠原】旧暦の、本来はお盆は旧暦の7月15日を中心にして行いますので、その意味からすると、東京だけではなく神奈川、静岡、石川、北海道の一部の地域というのは、ちょうど1か月前、7月15日~16日頃にかけてをお盆としてですね。

【武田】そうか、旧暦が新暦になったんだけど、同じ日付でやってるわけだ。季節がずれているわけだな。

【篠原】そうなんです。

【武田】そういうことか。

【篠原】これが2つめのお盆の時期。そしてですね、昔ながらの実際の旧暦の7月15日にやっているところもありまして。

【武田】ほう。

【篠原】これが、沖縄と鹿児島県の奄美大島郡ですね。旧暦というのは7月15日というのは、いまでいうといつか?ということなんですが。

【武田】7月5日ころということ?いつかっていうと(笑)

【篠原】いえ、失礼しました。(笑)
8月7日から9月6日の期間。年によってずれてくるわけなんです、月の満ち欠けで。

【武田】本当はこの沖縄やこういった方たちのほうが本当というか、正しいというか季節的にぴったりなんだよな。実は。

【篠原】そうですね。もともとのお盆というのは始まりは606年頃だといわれているんですが。

【武田】17条憲法のちょっとあとじゃない。

【篠原】そうです、だから非常に歴史は古いですね。1400年あまり。
その頃もやはり、旧暦の7月15日を中心にしていたということなんですね。沖縄や奄美大島軍の人たちはいまもその時期にお盆をしたりもしているんですね。

【武田】ほほう

【篠原】これが3つ目でした。

【武田】うん

【篠原】最後にですね、8月1日をお盆としているところもあるんですね。

【武田】そんなところもある?

【篠原】あるんですね、これ実は東京なんです。

【武田】全然知らなかったな

【篠原】東京の多摩地区、具体的にいうと小金井市や府中市とか調布市もそうなんですが、いわゆる土着の昔からそこに住んでいる人は8月1日をお盆として行うということなんです。
まさに、先ほどおっしゃいましたように、なんで8月1日なんだろう?いうことなんですが、8月1日は実は別名がありまして「かまぶたついたち」というんですね。

【武田】かまぶたついたち?

【篠原】はい。漢字で書くと非常に難しいですが、おかまの釜にフタは蓋、ついたちというのは漢字で朔日、

【武田】朔日、ありますよね。

【篠原】「釜蓋朔日」どういうことかといいますと、8月1日、旧暦では7月1日のことなんですが、地獄の釜がまさに開く日だといわれています。

【武田】そうか!地獄からくるわけか先祖が(笑)

【篠原】そうなんです。地獄という概念は古来の日本にはないんですね。中国の道教からきているんですが、中国の道教が7月1日に地獄の釜蓋があくという、「地獄の釜があく」ということはそこからですね。ご先祖様はもとより様々な霊が盆の送りになる旧暦の7月16日まで滞在するといいますか、現世にきている期間ということなんですね。

【武田】つまりその、煩悩というものをすこし慰めてあげましょうと。こういうことなんですね。

【篠原】そうですね。2つ意味合いがありまして、まさにそうした霊を慰めとして悪霊のもてなしをすると。古いお盆の原点というのは「うらぼん」という。

【武田】うらぼん・・・盂蘭盆の会とかいうね。

【篠原】すごいですね。武田先生、そうです。

盂蘭盆会ですね。また、盂蘭盆経というお経がございまして、ほどこしの精神やもてなしについて書かれているものなんです。これは仏教の考えですね。仏教にしては珍しくもてなしとか先祖供養を語ったお経なんです。

【武田】うん。

【篠原】日本人は古来から神道がひとつ中心でしたけれど、神道には先祖の崇拝というのが脈々と受けつがれています。お盆は仏教の催しかと思われますけど、実はお盆というのは仏教と神道のまじりという中で生まれたものでして。

【武田】なるほど。

【篠原】両方の側面があるんですが、もてなしという意味でいきますと、様々なもてなしの物を置きますね。原点の盂蘭盆経に書かれているものですと、食事やくだもの、それを供えるということと、お香ですね。お香や香油という油を供える。そしてかがり火を焚く。

【武田】かがり火を焚くんだね。

【篠原】はい、それをしなさいと。これが原点に書かれているもてなしの方法なんです。現代でも実はご先祖様だけではなく、地獄の窯が開くといろんな人がくると言われるわけですね。それで水棚って聞いたことありますか?

【武田】ありますあります。

【篠原】すごいですね。ご存じで驚きます。

【篠原】水棚というのはですね。これは供養の舞台になる場所で、具体的にいうと壁や柱に板をおいてそこにお供え物を置く。これを水棚というんですけれども、水棚に蓮の葉を置きそのの上にですね、なすやきゅうり、あとはかぼちゃなんかを賽の目状に切りまして、お水を入れて、そして洗米、洗ったお米をお供えとして置くんです。

これを2つ置くんですけれども、1つは自分のご先祖様用で。

【武田】自分のご先祖以外にも?

【篠原】そうなんです。水棚を置く地域では、ご先祖様とそのほかの霊のために置くと。2か所置くということをしているんですね。

【武田】なるほど。

【篠原】あと、お盆といえば、ナスやキュウリに足をつけますね。

【武田】足つけるじゃない。私が聞いたのはね、それに先祖様が乗ってくると、そう聞いているんだけど。

【篠原】おっしゃるとおりですね。あの足も正式には、おがらといって麻の皮をとった茎の部分をつかいます。

【武田】はいはい、おがらね。麻のね。

【篠原】おがらで足をつけるのが正式で、ナスは牛に、キュウリは馬を模していて、それに乗ってくるといいますが、これも原点をたどっていきますと、農耕社会ですから馬や牛というのはかかせない大切な家畜で、盆の期間はこの家畜も休むことができるわけですよね。
この盆の時期にご先祖様たちに馬や牛たちも供することで、今いる家畜がまた丈夫になるなんていう言い伝えもありまして。

【武田】なるほどね。おもしろいもんですね。

【篠原】ちなみにこのナスやキュウリ、正式にはショウリョウマといいまして。

【武田】ショウリョウマ?どんな漢字をかくの?

【篠原】米へんに青という字に、霊魂の霊ですね。

【武田】牛でも精霊馬というの?

【篠原】そうなんですね。それが正式でして。それに乗ってくると。おなじ精霊という字を書くところといいますと、精霊流しがありますが。

【武田】精霊流しね。さだまさしさんの歌だよね。タ~ララ♪

【篠原】それもまさに盆の習わしでして。ああいった船を川や海に流し亡くなった人の供養に行うものですが、精霊船といいまして船には造花とかちょうちんで飾りをします。さだまさしさんのあの曲はたしかいとこを。

【武田】そうなんだよ。いとこが亡くなるんですよ。自殺しちゃうんだよね、たしか。

【篠原】そうでしたね。その弔いといいますか、情景を描いた歌詞だといわれていますが、供養の行事として行われる精霊流しは、歌詞のイメージからすると、とてもしなやかなんですが、実際の精霊流しというのは爆竹や花火が鳴り響く、結構にぎやかなおまつりといえばよいでしょうか。

これは明治4年までは海とかに船が流れて行ってそのまま。という行事だったのですが、明治4年以降法律がかわりまして。環境への影響が大きいなどですね。

【武田】まぁ、そうでしょうね。

【篠原】それで今は陸路ですね。お神輿のような形でかついでいるんですけれどね。

【武田】あぁ、七夕と一緒だね。

【篠原】まさにそうですね。

【武田】しかし、お盆一つをとっても日本各地でこれだけいろいろ日にちがちがうと、そして仏教と神道の影響があると。

神道というのは私あまり考えられなかったな。道教というのも影響しているんだね。

【篠原】そうなんです。

【武田】そうなんだね。

【篠原】原点をたどると3つくらい影響しておりまして。先ほど七夕とおっしゃいましたが、実は七夕もお盆の一つなんですよね。

【武田】あ、そうなの。

【篠原】お盆では「棚」という言葉が。たとえば、お盆であげるお経を棚経というんですが、七夕も元の字は戸棚の棚に八幡の幡と書いて。

【武田】先ほど水棚の話もあったけれど。

【篠原】そうなんです。七夕も旧暦だと1日、ですから蓋がひらくということで道普請とかをして道をきれいにするんです。お墓参りをしたり。

【武田】釜蓋だね。さきほどの。

【篠原】そして7日の七夕の日は仏具を磨く日なんですね。

【武田】なるほどねぇ。いやぁ、知らないね。私はそんな話をしてもらえてありがたいですね。
今日はですね、8月のお盆、もう7月にやるところもあるということで、お盆のうんちくを語っていただきました。ありがとうございました。

【篠原】ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です