0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2017.01.21 おくりびとからのメッセージ  「天皇家の弔い方」

武田徹:今日はどういうお話になりますか?

篠原憲文:本日は天皇家の弔いというお話しをしたいと思っていまして。

武田徹:今生前退位でね、色々と論議を呼んでいますけども。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:天皇家の弔い。

篠原憲文:はい、天皇家の弔いです。

例えば江戸時代の幕府の最後のお弔いとか、歴史時代モノでも色々な描かれ方をしますが。

武田徹:うん。

篠原憲文:天皇家の弔いと言うと実は、かなり秘密のベールに包まれているところが多くありまして。

武田徹:ほぉほぉ。

篠原憲文:これを紐解いていきますと、ある時代では現代の密葬のような形で送られていた時代も数百年あったり。

武田徹:うん。

篠原憲文:そんな中で様々な歴史書物や宮内庁の資料等から、天皇家の弔いというのはどういう形で行われていたのかを紹介していきたいと思いまして。

武田徹:ほぉほぉ。

篠原憲文:今日は飛鳥時代から遡って、今日(こんにち)はどういう形で行われているのかをご紹介したいと思います。

まず意外と知られていないと思うのは、天皇、もしくは天皇家というのは、土葬されているのだろうか、もしくは火葬されているのだろうか?

武田徹:うーん。

篠原憲文:実はそのあたりからイマイチよく分かっていなくて。

武田徹:なるほど。昔は土葬なんじゃないですか?

篠原憲文:そうですね。

武田徹:昔はさ、仁徳天皇陵とかデッカイのがあったじゃないですか。

篠原憲文:そうですね、古墳の時代ですね。やはり土葬のイメージが強いですよね。実はこれは宮内庁が正式発表をしている数字がありまして。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:宮内庁から出ている数字でいきますと、神話の時代も含めて歴代天皇を122人といたしまして、その内の73人が土葬にて弔われて。

武田徹:お、ということは火葬もかなりいらっしゃるってこと?

篠原憲文:そうですね、火葬をされたという方が41名いらっしゃったそうですね。

武田徹:へえー。

篠原憲文:そして歴史上不明とされている人が8人いるそうなのですが。

ですので、割合的には土葬が多い訳なのですが、火葬されている方もいるのですね。

といいますのも、古代の日本ではやはり土葬が主流ですので、飛鳥時代やそれ以前では土葬で弔われていたという訳ですね。

武田徹:うん。

篠原憲文:以降大陸の方から仏教の伝来と共に要素が変わってまいりまして、その仏教の影響を受けて一番最初に火葬にて弔われたといわれている天皇が、703年に崩御された持統天皇なんですね。

武田徹:持統天皇、春過ぎてうんぬんだったな(笑)

篠原憲文:この天皇は、今の言葉で言うと女系天皇ですね。

武田徹:そうでしたよね、女性の天皇でしたよね。

篠原憲文:そうですね。この持統天皇が、初めて火葬された天皇と言われていまして。

武田徹:へぇー。

篠原憲文:それ以降は火葬と土葬がそれぞれあったりもしたようですが、室町時代以降に火葬がほぼ定着をして、室町以降では天皇も火葬が主流だったそうです。

武田徹:ほぉ。でも民間では多分そうじゃなかったでしょう?

篠原憲文:仰る通りです。民間はつい近現代までずっと土葬で来ていますから。

武田徹:私も土葬のお葬式を小さい頃に体験しましたからねぇ。

篠原憲文:そうですよね。昭和の時代まで国民の中では広く土葬で行われていたのですが、大陸から入ってきた火葬というのは、ある意味では懇ろな弔い方といいますか、より丁寧に受け止められている中で、貴族などが先に火葬で弔われるようになって。で、その時代の天皇も火葬を選択されたということもあったようですね。

では、近現代の天皇は土葬で弔われておりますが、江戸時代の初期1654年頃なのですが。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:後光明天皇、この方のご葬儀から改めて土葬が復活してきて。以降幕末に孝明天皇という。

武田徹:有名ですね。

篠原憲文:明治天皇の一つ前の天皇ですが、この幕末の孝明天皇の時代に、実質上火葬が廃止されて。

武田徹:そういうことか。

篠原憲文:はい、天皇の送り方として火葬が廃止されて、土葬をされてきたんですね。

そして現代においてはどうかと言いますと、実は2013年のことなのですが。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:2013年の11月14日に両陛下のお気持ちということで、宮内庁からの発表がございまして。今は2017年なので、およそ3、4年前ですが。

お墓とお葬式の在り方について、両陛下のお気持ちが宮内庁から出されて。

武田徹:うん。

篠原憲文:その中で、葬儀についてはどうお考えになるかという事で、火葬が望ましいのではないかというお気持ちを発表されておりまして。

武田徹:うーん。

篠原憲文:これで平成の世でございますけれども、改めて火葬で弔われるというご希望を持っていらっしゃるというのが今の現状なんですね。

武田徹:ふーん。

篠原憲文:先程のお話は土葬と火葬、天皇陛下がどうされてきたのかという歴史でしたが、他によく知られていない話としては、天皇家、もしくは天皇のお葬式というのは、仏式なのか神式なのかという。

武田徹:そうだよね。我々は神式だと思うのだけれども、そうでもないのかね?

篠原憲文:神式には火葬についての解釈がそもそも存在していなくて。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:神道の元々の考えとしては、魂を霊璽へ移す御霊移しを行って身体を大地へ還す土葬という流れですが。火葬というのは明らかに大陸から入ってきた習慣で、これが根付いたのは浄土真宗の。

武田徹:親鸞(しんらん)だな。

篠原憲文:親鸞さんですね。

この親鸞さんの時代に、親鸞さんのまた後の方かと思うのですが、白骨の御文章という有名な文章の一節の中で、白骨化することが成仏の証であるという。

武田徹:そんな時代もあった訳?

篠原憲文:そうなんですね。それで鎌倉仏教、この時代に火葬は1つの成仏の証になるという捉え方が広まっていくのですが。ですので、先程お話した天皇の中にも火葬された方が41名いらっしゃったということでしたが。

武田徹:はい。

篠原憲文:その解釈の中では、これは仏式で行われたお葬式ですね。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:ですから、天皇のお葬式は神式、神道だろうという考えが広く一般化してるのですが、実際の歴史を見ていくと、室町時代以降にお寺で行われたお葬式というのもあって。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:先程武田先生が仰られたように、天皇家のお墓というと古墳でして。

武田徹:そういうイメージだよね。土葬っていうイメージだよね。

篠原憲文:そうですよね。土葬して古墳で、そして副葬品を様々収めたのですが。

実は室町からそれ以降のお寺の境内に、いわゆる石塔の形でお墓を持っていらっしゃる天皇という方も多数いらっしゃるのですね。

このあたりも実はあまり知られていないところで、具体的には聖武天皇。

武田徹:はい。

篠原憲文:756年に亡くなられた方ですが、この方から。

武田徹:東大寺作った人ですね、大きな仏像を作ったね。

篠原憲文:そうですね、非常に病が流行った中で仏像を建立された聖武天皇ですね。

聖武天皇以降から幕末の孝明天皇までの間、この期間は仏式のお葬式で弔われた。

武田徹:それはそうだよね。考えてみれば聖武天皇は大仏作るんだから、当然仏式だろうね。

篠原憲文:仰る通りですね。ということで、実は我々が知らない歴史というのが結構あって、先程も紐解いていった中で弔われ方が様々あって、また密葬的に行われていた時代もあったので、資料も中々残っていない時代もあるということですが。

武田徹:そういうことかぁ。

篠原憲文:これは、今日現在は神式の形で行われていますので、実は飛鳥時代に遡って、当時の葬送を現在も踏襲しているのですね。

武田徹:なるほど。世界広しといえども飛鳥時代まで遡ってやるのは日本だけだろうね、これは(笑)

篠原憲文:そうですよね。千年以上歴史のある葬法ですが。

武田徹:凄いことだよなぁ。

篠原憲文:飛鳥時代に天皇家で亡くなった方がいると、いわゆる殯宮(ひんきゅう)といいまして、殯宮(もがりのみや)ですね。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:当時は医療の発達していない時代なので、ある時起き上がって来なくなるのですね、しかしそれが死であるかどうかの確証が持てないので、別の所へ移してしばらく生きてる方と同じように接した訳です。

これは殯宮日供の儀(ひんきゅうにっくのぎ)と言って、殯宮に毎日御供物を届ける儀ですが、これも近現代でも行われているのですが。

武田徹:なるほどねぇ。

篠原憲文:飛鳥時代は非常に長くて、1年間遺体に対して毎日御供物を届けて。

武田徹:だから、死と認めていない訳ですよね。

篠原憲文:はい。その期間ずっと仕え続ける訳ですね。

武田徹:ふーん。

篠原憲文:これが飛鳥時代の習わしで。当時はもちろん土葬で行われていて、古墳を作った訳ですよね。で、その当時も最初に殯宮に移すというところから始まって、徐々に経過を見ていって。

天皇家の墓は陵(みささぎ)と呼ぶのですが。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:この陵の地鎮祭が次に催されて、先にお墓を整えてから葬儀の段取りに入っていくというのが古代のやり方だったのですね。

武田徹:現在も踏襲されているのですか?

篠原憲文:現在も日数が1年ではなくて非常に短くなっているのですが、20日間などの期間で見られているようです。

およそ2カ月程に渡って、毎日行われる儀式や、我々一般国民にしてみたら納棺のような御舟入りという儀があったり。

武田徹:ええ。

篠原憲文:我々で言うところの出棺が轜車発引の儀(じしゃはついんのぎ)と言うのですが、様々そういった飛鳥時代の頃からの踏襲ですね、現在も行われているという。

武田徹:なるほどねえ。そういうことは我々知りませんね。

篠原憲文:何となく認識として知っている感じですが、そうだったのかという事が結構ありますよね。

武田徹:そうですよね。それから、我々が例えば聖武天皇とか言っているのはその天皇様がご健在の頃はそういう称号はないのでありました。これは諡(おくりな)でございます。

亡くなった後に付けられた名前を我々は聖武天皇とか言っている訳で、このあたりもまた知られてないことなんだけれどもね。

篠原憲文:そうですね。諡はやはり仏教と混じり合って現在の戒名が繋がっていったなんて言われますし。

武田徹:そうなんですよね。後は徳という字がついた天皇というのは大体無念の内に亡くなった方が殆どだというのもある。だから徳というのを付けることによって、怨霊を沈めるというのもあったみたいですよ。

今日は知られていない天皇家の弔いについてお話をしていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です