0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

おくりびとからのメッセージ  ~長生きは幸せか~

武田徹: 今年初めてということで、どうでしょうか。つばさ公益社もちょうど一カ月。

篠原憲文: そうですね。昨年12月の20日がオープンだった。

武田徹: そうなんだよね。大変賑やかなオープンでございましたなぁ。

篠原憲文: 花を添えていただいて。

武田徹: 私もつばさ公益社さんに伺いまして、皆さんで真剣に死や病気についてお話し合いをするという機会を持った訳でございますけれどもね。

篠原憲文: 非常にいい機会で、お集まりになった方々もかなり距離が近いところで、武田先生や皆さんのお話に触れることができてとても楽しかったというお声をいただきました。

武田徹: ありがとうございました。山ノ内町の栗かのこさんからいただいたんですが、「この寒さもあり亡くなる方が多く新年から辛いです。年の同じぐらいの人が病気になったと聞き心が痛みましたが、自分も健康に留意するお年頃と教えて下さったと考えて、やはり野菜などを沢山食べて頑張ろうと決意しました。」

篠原憲文: そうですね。

武田徹: 冬というのはやっぱり亡くなる方多いんだね。

篠原憲文: やはり多いんですね、12月末から年明けにかけても今年は仕事が少し忙しいような状況があって、やはり寒い時期は体調を崩す方も多いと思います。

武田徹: つばさ公益社さん、去年の12月にオープンでしたが、事業の方は順調という。

篠原憲文: 実は今日ちょうど一月(ひとつき)くらいなのですが、本日までにお葬儀など、6組、7組程ご依頼をいただいて。

武田徹: うん。

篠原憲文: 当初思っていた以上にニーズがあるというか、期待を寄せていただいてるところなので、頑張っていきたいと。

武田徹: つばさ公益社さんは、明朗会計!それが一番だね。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: 葬式ってお金どのぐらい掛かるか分からないんだけれども、色んなコースがあって、それを参考にすれば無駄な出費無くなるから安心してお葬儀ができるところですよ。

篠原憲文: そうですね。事前に費用を可視化するということを命題として始まったところなので、大体お葬式を60万円ぐらいで十分にやりたいなぁと。そんなところをスタート地点でやってきた会社なので、割とそういったコンセプトを色々な人に受け入れてもらえていますね。

武田徹:しかも、いくつもコースがありますから、そこを選ぶことができると。

篠原憲文: はい。

武田徹: でもこれからは増々高齢化社会ですから、お亡くなりになってどういう葬儀がいいかという時に格安でもできるというものもあると便利だと思うよ。

篠原憲文: そうですね。気持ち的にもこのぐらいで済むなら安心だな、というのがあるといいと思いますね。

武田徹:そうですね。

篠原憲文: やっぱり、お金はなるべく生きてるうちに使った方がいいのではないかという思いもあって、お葬儀費用は割と最小限の準備でも間に合うような施設運営をしていきたいと思っております。

武田徹: 金貯めて使う頃にはあの世行き。それじゃ困っちゃいますよね。

篠原憲文: 本当ですね 。ただ、いくつまで生きれるのかどうしても分からないところでもあるので。

武田徹: そこだよな 。今日のテーマは「長生きは幸せか」これは難しいねえ。

篠原憲文: ホントに難しい問題です。

武田徹:うーん。

篠原憲文: 長寿化しているという話を聞いて久しいのだけれども、果たしてこれが幸せなんだろうかっていうのが色々問われていて、今日このテーマで話すのに2日前に海外から入ってきたニュースをご案内したかったのですが、イギリスにメイ首相という方がいらっしゃいますが。

武田徹: はい。

篠原憲文: 孤独担当大臣という方を任命されたという。

武田徹: 面白いねえ、これは。

篠原憲文: 非常に興味深い。孤独担当というそうなのですが、これは昨今日本でも大変な話題になっていますけど、高齢の単身化というのが問題に。

武田徹: はい。

篠原憲文: 日本国内で大変な問題ですが、この程2日前にイギリスで発表になりまして、その声明の中で、あまりにも多くの人々がおかれている現代の暮らしの悲しい現実として、孤独というものがある。それを対処するために、イギリスでは孤独担当というものを任命したという声明がされたという。

これはイギリスという国の人口は6500万人ぐらい。

武田徹:日本の半分だな。

篠原憲文: その中で、実に1千万人近くの方が常に、もしくはしばしば孤独を感じているとアンケートの結果に表れているようで。

武田徹:6人に1人だねえ。

篠原憲文: そうですね。結構な割合で自分が1人きりなのではないか、社会で孤立しているのではないか、と感じているそうなんですね。

イギリスではこの孤独というのが1つの病ではないかと。

武田徹:病としてみている。

篠原憲文: そうなんです。これに対しては国として本腰を入れて取り組んでいかなければいけないのではないかということで、つい2日前のニュースですが、我が国の社会、そして我々全員が抱える孤独という問題に向き合い、高齢者や介護者、愛する人を失った人々、こういった話をする相手や自分の体験を分かち合う相手がいない人々で孤独に直面していて、この人達に対して行動を起こしていくと発表しているのですね。

武田徹: 世界的にも珍しいんじゃないですか?

篠原憲文: そうですね。僕も初めて耳にした、孤独に対して対処していく大臣ということですかね。

武田徹: 面白いねえ。

篠原憲文: イギリスでメディアとかスポーツを担当してる大臣が、兼務という形で働くそうですが、世界的にも孤独というのが問題で、国によっては病と同じ重みでそれを捉えているという時代になってきたんだなぁと思いました。

やはり、高齢者が単身化していくことや孤独というのは長生きというところと密接に関わりがあると思うのですが。 昨年2017年に色々な議論が巻き起こりまして、正に長生きについてだったのですが、昨年の8月に二冊の衝撃的な本が発表されたんですね。一冊は「長生き地獄」という本で。

武田徹: はい。

篠原憲文: 作家の松原さんという方が書かれた本で、非常にセンセーショナルな内容だったのですが。そして同じような時期に、大変有名な脚本家の橋田壽賀子さん。

武田徹: はい。

篠原憲文:「安楽死で死なせて下さい」という本を昨年の夏に出版されて。この本は、実は様々なところに取り上げられたんですね。ご本人のご希望ということで死に方と、その時期を自分で選びたいというような事が中心で書かれているのですが。

橋田壽賀子さんは現在92歳なのですが、89歳くらいから終活を始められたんですね。で、橋田壽賀子さんは旦那さんに先立たれていて子供さんもいらっしゃらない。そして親しい友人もそこまでいないとご本人が語っていて、本人は仕事に邁進してきたのだけども、それもある意味やり尽くしたということで、世界各国の行きたい所にも行ったし、やり残したことも会いたい人も特にはないと仰っていて、今度はご本人が凄く気になっていることがあると。

武田徹: なんでしょう?

篠原憲文: 今は元気で健康なんだけれども、病や認知症になったり、人様に迷惑を掛けるというのが凄く気がかりだと。

武田徹: それは私も同じですね、皆そうだと思うよ。

篠原憲文: そうですね、多くの人が恐怖を感じたり不安を感じるところですよね。ここが凄くキーワードと思うのですが、自分自身の尊厳ある最後という意味で、なるべく迷惑をかけずに逝きたいんですという。で、その中でご本人が考えた到達点が、安楽死がいいのではないかと思ったそうなんですね。

今現在、安楽死というものを行いたいと思った際に、唯一スイスに外国人の安楽死を手助けしてくれる団体があるのですが、そこに渡航して行くという形も真剣に考えているということで書かれているのですが、これが多くの人の共感を集めましたし、ある意味ショッキングな内容でもあるし、長生きしたり長寿化していくことが果たして幸せなのかという問いかけでもあるんですよね。

武田徹: 90歳過ぎてね、「九十歳。何がめでたい」という本もベストセラーになってんだよな。

篠原憲文: はい。昔は疑い様なく幸せな状況だったと思うのですが、今現在亡くなる方が増えてきた中で色々な事案に向き合ったり、もしくは認知症などの理解が進む中で、高齢化していくことが恐怖になったりして。当然、死は痛そうだし恐いし。

というところで、自分の長寿とどう向き合ったらいいのか、多くの人が悩んでいるところですよね。で、この番組の中でも何度かご紹介してきた、延命治療という世界ではなく自然に生きていく、生活の延長線上での死のような。

武田徹: 自然死ですね。延命死ではなくて自然死を選びたい人ってやっぱ多いんじゃないのかな。

篠原憲文: そうですね。自然死であったり、食うに任せて口摂れる食物を摂り、なるべくそれ以外の栄養源に頼らないでいたり、自分の力で歩いて生活したり、そんな生活の中で自然に老衰していくような形がいいという提案は、色々な方がされてご紹介もしてきた中であったのですが。

ただ、1つ行き詰まり感というか、それはそれで幸せな最後か?といったときに、日本人の長生きや高齢化や長寿化の先に、幸せが見えるような新しい日本人の終末期のストーリーが求められてるととても思うんですね。

武田徹: 皆さん死は怖いと思う。勿論私も怖いんだけれども。私もどのぐらいかな、死に直面したのは。うちのお祖母ちゃんが亡くなった時にそこにいたんですけれど、自然死ですからそんなに苦しまない訳だ。風邪をこじらせて肺炎になって亡くなったんだけれどもね。これやはり無理に延命するような治療を受けたときには、かなり苦しんでなくなる方もおられるようなんだよね。

篠原憲文: そうですね。

武田徹:それからこれは比較にならないかもしれないけれども、私も犬や猫を長いこと飼っていましたが、彼らは自然死ですよ。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: 殆ど苦しまないね。あれを見て、やっぱりこういう死に方いいなぁと、見本を見せてくれたなあと、犬と猫に感謝してんだけどね。

篠原憲文: そうですね。本日最後にご紹介したいのが、「老年的超越」という言葉がありまして。

武田徹:老年的超越?

篠原憲文: 現在日本で百寿者、100歳を超える方が6万人を超えたということで、この100歳を超えた方々を中心に研究されている大阪大学の権藤恭之准教授という方が発表した老年的超越を紹介したいのですが。

武田徹:はい。

篠原憲文:80歳を過ぎたあたりで心境の変化が一つ起きると、この先生が仰っていて、60代、70代、80代と生きていく中で徐々にできない事が増えてきてしまうのですが。

武田徹:そうですね。

篠原憲文: その際に、昨日はできたのにできなくなったと、自信が揺らいでいく瞬間があるそうなのですが、実はこの80を過ぎていったその先に、逆に今までの暮らしを肯定的に捉えるような精神の働きが生まれて、人生の満足感とか達成感が高まっていくことが分かった。

武田徹: おぉなるほど。

篠原憲文: これは皆さんご経験のある方もいると思うのですが、100歳を超えた高齢の家族と接していて、ありとあらゆることに対して感謝の気持ちで接している高齢者の方っていらっしゃいますよね。例えば食事をしたり、介助を受けたり、排泄やお風呂であったりと、有り難い感謝の気持ちを持つこの精神的な働きの事を、老年的超越と呼ぶそうなんですね。

実は100歳を超える百寿者の皆さんにアンケートした中で、体の健康と心の健康が一致しなくなってきているのに、色々な事に満足感や達成感を覚えるような働きが最近になってあるということが分かってきたんですね。

ですので、年を重ねていく中で不安定な部分も増えていくけれども、当の本人としたら80を超えたあたりから段々幸せに感じたり、日々感謝を持って生きれるようになってくるらしいのですね。

武田徹: 最近の医学では感謝をうんとしている人の方が病気にかかりづらいということも実証されつつあるんだって。

篠原憲文:なるほど。

武田徹: つまりいつも不平不満を持つ人とか、世の中の悪い事をしょっちゅう不安視している人が病気にかかりやすくて、感謝の心をいつも持ってる人はかかりにくいという、そういう調査結果もちゃんと出てるらしいですよ。

篠原憲文: なるほど、凄く納得がいくところがありますよね。

武田徹: だから100歳越えた方は、おそらく感謝という言葉をいつも念頭に置いて生きておられる方が多いんじゃないのかなぁ。

篠原憲文: その方が幸せな時間を生きているような気がしますよね。

武田徹: なるほど。という訳で深刻な問題は今までテーマとしてそぐわなかった時代もありましたけれども、これからは凄く重要重大なテーマだね。

篠原憲文: そうですね。あっけらかんとこんな話ができたらいいですね。

武田徹: いつものようにつばさ公益社篠原憲文さんのお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です