0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

おくりびとからのメッセージ  ~時代の変化と葬儀~

SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」内で「おくりびとからのメッセージ」レギュラーコーナーを担当。

武田徹: 武田徹のつれづれ散歩道。おくりびとからのメッセージ。  
つばさ公益社篠原憲文さん、おはようございます。

篠原憲文: おはようございます。

武田徹: さあ、つばさ公益社、まだ発足間もない去年の12月でございましたけれども。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: ずいぶんお忙しいようで。

篠原憲文:ありがとうございます。そう、オープンして早二月(ふたつき)半そろそろ3ヶ月という時期なんですけれど、おかげさまで30件弱ぐらいですかね、沢山のご依頼をいただいてなんていうかこう、反響の大きさに驚いているというところですね。

武田徹: 今、葬儀やる方ねえ、お値段いくらかハッキリしていない中で、つばさ公益社さんのほうはちゃんとそういう、なんていうかな、予算付けがちゃんと見えるというのは、ありがたいことですよ。

篠原憲文: ありがとうございます。そうなんですよね。どうしても分かりづらかったり、なんていうんですかね、ましては聞き辛いようなところになるので。

武田徹: うん。

篠原憲文: あらかじめ定額のお葬式というね。198,000円とか、158,000円でこれ以上いただきません。というようなお葬式とか、あとはこう、何人で総額いくらです。398,000円とかそんなぐらいの金額でお葬式を承ってるんですけどね、割とやはり必要としてる方が多かったんだなあ、という思いですね。

武田徹: しかも、お葬式というのはある程度予定はできるけれどもね、突然亡くなる方も多いから。お金無いよね、急に何百万もねえ。

篠原憲文: もう本当にひと頃はお葬式もね、平均価格が全国平均でも200万超えていた時代が、この10年のうちにはあったわけですけれども、やはりね、そのぐらいになってしまうと本当にいきなりでね。しかも現金で、みたいな話ですよね。

武田徹: そうなんだよ。

篠原憲文: やはり大変ですよね。

武田徹: そういう背景もあるとは思うの、家族葬というのも非常に最近盛んになっているようだよね。

篠原憲文: そうですね、家族葬非常に増えてきてると思うんですよね。
正直皆さんどうお考えになるかというところなんですけれども、体感的には何となく3割ぐらいが何か、家族葬になってきたのかなぁなんて思ってたんですけれども。

武田徹: そうなんだ、うーん。

篠原憲文: これは佐久地方の例にはなるんですけれども、佐久に新しく昨年からできた、佐久平斎場という火葬場があるんですけれども。

武田徹:ほうほう。

篠原憲文: 大体年間で大体三千前後ぐらいの方が、火葬に付されるそうなんですね。

武田徹:うん。

篠原憲文: 実際出入り業者になると、おおよその稼働の状況が見てとれるんですけれども、新聞なんか見てるとね、大体こう、皆載ってるんじゃないかって感覚でいるんですけれども、実際は新聞紙面上って半分載るかどうか。

武田徹: それはそうでしょう。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: うん。

篠原憲文: で、しかも新聞に掲載されたうち、一割ぐらいがね近親者のみで、という表記になってきてますよね。実際問題もう既に蓋を開けてみると、半数かそれ以上がもういわゆる告知のないお葬式になってきているんですよね。

武田徹: ご商売やってらっしゃる方はね、そのあと跡継ぎがいるから多くの人たちに一応顔をお広めみたいな部分もあるんだろうけれども、そうではない方ってそれほどねえ、広めたって、というのはあると思うよ。

篠原憲文: まあそうですよね。高齢化してきているところもそうだと思いますし、付き合いもねえ、どうやってこうだんだんとこう畳んでいこうかなって中で、いわゆる大々的に告知してという形でないものも。

武田徹: うーん。

篠原憲文: だいぶ増えてきたと思うんですよね。ちょっと武田先生にもお伺いしたかったんですけれども、やっぱり年々どうですかね、周辺でお葬式の話題って増えてきてると思いませんか。

武田徹: 増えてきてますよ。

篠原憲文: 増えてきてますよね。

武田徹: だって俺の友達がそろそろ物故しちゃったって話は、ポチポチポチポチ出てますから。

篠原憲文:そうですよね。

武田徹: で、葬式どうしようかとかね、そういう話は出てますよ。

篠原憲文: これね例えば2000年頃なんですけれども、2000年ですね、この年って年間亡くなられた方がまだ96万人ぐらいっていう時代で。

武田徹: 18年前だね。

篠原憲文: 18年前ですね。これは去年の一番新しいところでいくと、2017年は134万人ほどの方が亡くなられたとされるんですが。

武田徹: ほう。

篠原憲文:これはこの十数年の内にですね、大体1.44倍ですか。

武田徹: これからもっと増えるでしょう。

篠原憲文: そうなんですよね。これからまだ増えていくという。
実際の件数だけ見ても全国で見てだいたい1.5倍ぐらいになっていて、これ長野県っていうのは長寿県ですけれども。

武田徹: はい。

篠原憲文:よりその高齢の方が多く元気でいらっしゃるわけですが、長野に暮らしてる人からすると体感的にもうちょっと多く感じるぐらいなわけですよね。

武田徹: はい

篠原憲文:多様な訳で、 昔お葬式ってものを1回経験すると次はもう30年後なんていうのも。

武田徹: なかった、ね。今はそうでもないんだろうなあ。

篠原憲文: 割と、あれ去年、一昨年やったようなとか、何年たったかなぁみたいな、最近の記憶というか、人にとってのお葬式ってのはもうちょっと遠いものだったんですけども、非常に近く感じるようになりましたよね。

武田徹: そうですよね。私もつい最近知人の方が亡くなられてね、それでお焼香に行ったんだけれども、そこにいる私の先輩なんかもう最近葬式だけで大変なんだよと。

篠原憲文: 本当ですよね。

武田徹: もう受付も多いし楽じゃねえぞ!とこう言ってましたねえ、確かに。

篠原憲文: そうですよね。

武田徹: うん。

篠原憲文: やはり様々付き合いがあればね、そこに出かけて行く回数も多いんですけども、これがともすれば一月(ひとつき)の間に下手したら5回10回なんてことがあるかもしれなくて、そうするとやっぱり段々とそろそろいいんじゃないか、なんて思いにも、もしかしたらなってくるかもしれないですよね。

武田徹: ですから、亡くなられた方のお宅でも、お友達沢山いるけどご迷惑掛けるから、もうこっそりとこちらでやっちゃって、後ははがき1枚でお知らせしましょう、と。こういう気持ち分からないでもないよ。

篠原憲文: そうですね。ちょっとこれが進んできた形としてみたら、例えば関西、特に大阪なんかでとても増えてきている形のようなんですが、実は「香典辞退」というのが、かなり広まってきているんですね。

武田徹: なるほどねえ。

篠原憲文: これは大阪に限らず、いわゆる都市圏では増えてきてるんですが、家族で行いますし静かにするんですという中で、告知もしないし香典も受け取らないので、そういった引き出物の行き来や付き合いだからというお金の出費をお互いに無くしていこうと。

武田徹:うーん。

篠原憲文: こういう流れも一つ起きてきている。

武田徹: 質問があるんだけどね。

篠原憲文: はい。

武田徹: お客さんがご焼香にいらっしゃるでしょう、引き出物出すでしょう。

篠原憲文: はい。

武田徹: 何人来るか分かんないじゃないですか。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: あれはどういう風になってるの。出た分だけいただくということになるんですか。

篠原憲文: そうですね、その通りですね。例えば何人来るか分からないから多く準備しておいて、という時に、引き出物自体はですねほとんどの場合で返品ができるんです。

武田徹: そうだろうなあ。

篠原憲文: そうですよね。

武田徹:うーん。

篠原憲文: まあちょっとそこに付ける挨拶状みたいなものは、どうしても印刷してしまうものなので、だいたいちょっと予想に近いところで準備したりという形ですかね。

武田徹: まあこれが家族葬になると、ほぼ大体分かるじゃないすか、人数というのは。

篠原憲文: だいたい読めるようになりますね。

武田徹:ねえ、そういう意味もあるかもしれないねえ。

篠原憲文: そうですね、もしかしたらこの十数年の中でお葬式で最も変わったのは、この引き出物の部分かもしれなくて。

武田徹:ほお。

篠原憲文: 例えばなんですけれども、最近は引き出物の代わりに寄付とかですね、日本財団なんか様々その受け入れとして有名な団体がありますけれども、例えば福祉向けのものに使ってくれとか、用途を指定したような寄付を、その葬式の上に利用される方がいたり。

武田徹:なるほどねえ。

篠原憲文: 何か引き出物というのはね、お葬式からすると当然香典があるので、切っても切り離せないものだったんですけれども、カタログギフトみたいな形で好きなものが選べるようになったり、そうしてきた先にはですね、寄付みたいなものも一つ形として増えてきていて。

武田徹: 引き出物の代わりに寄付をして下さいということで、香典を寄付に回すってことですか。

篠原憲文: そうなんですね。

武田徹: なるほどねえ。

篠原憲文: それも一つの社会貢献、まあお考えによるところですかねぇ。

武田徹: うーん。

篠原憲文:ですので、本当にここ僅か10年とかそこらのなかでもかなり変わってきましたし、おそらく今これをお聞きの方もですね、昔のお葬式というともう何となくこういう形であったと思うんですけども、ちょっとそれとは違うお葬式もたくさん経験するようになってきたと思うんですよね、ああこういう形もあったのかというような。

武田徹:うーん。

篠原憲文: 少しだけご紹介すると、例えば最近凄く増えてるのは、一日葬というようなお葬式が増えてますよね。これはまだあまり耳慣れないかもしれないんですが、これはいわゆるですね、通夜のないお葬式と言えば分かりやすいですよね。

武田徹: ふーん、そうかそうか。

篠原憲文: お葬式の当日に集合してきて、そこでお葬儀を行って火葬なんかに行って、ちょっとした食事なんかを以てそこで終わる、というまあ日数を短くするという考え方なんですが。

武田徹: だって例えば老夫妻の場合ねえ、片方の連れ合いが亡くなった時はさぁ、長期間できないじゃないですか。

篠原憲文: まあ負担も大きいですね。

武田徹: うん。

篠原憲文: あとですね、やっぱりこの一日葬が生まれてきた背景というのは、これは関東とか都市部から広がってきたんですが、例えば長野に住んでる私達は何となくお通夜が無いんだって感じなんですけども、東京の人にとっては通夜のない葬式っていうのはつまり、告別式がないのと一緒なんですよね。

武田徹: ほお。

篠原憲文: いわゆる東京なんかでいくとお葬式といったらお通夜に行かないと、と。
本葬の日に行くと親族だけで、ちょっと場違いな感じがしてしまうってことがありますけれども。
ですんで関東近郊で、一日葬で通夜が無いということは、つまりこれは家族だけでやるということなのかな、と。

武田徹:なるほどね。

篠原憲文: そういう意味もありますよね。

武田徹:ふうん。

篠原憲文: ですんで実は、長野県内ではその亜種と言ったらあれですけれども、通夜をやるんだけども、本葬の日は火葬しか無いというような。

武田徹:それもあるんだ。

篠原憲文: そういうものもあってですね。これはですから関東圏の人のね、いわゆるお葬式をやるってことは、人を呼ぶってことだったり、食事を共にするってことなので、そうではなくて通夜は、わりかし家族だけで行うことが県内は多いですけれども。

武田徹:うん。

篠原憲文: そうするとその家族の場の通夜だけして、お葬式の日はちょっと火葬だけにする、なんてこともあったりですね。

武田徹: お葬式と初七日を一緒にやっちゃうとかね。

篠原憲文: そうですね。

武田徹:これはありますよね、うん。

篠原憲文: 繰り上げはね、やはりしていただく機会が多いです。やっぱり何度もね、短い期間でお呼びするのはなかなか心苦しいですもんね。

武田徹:呼ばれるほうもそうだし、呼ぶほうだって大変なことじゃないですか。

篠原憲文: そうですね。人の行き来や移動にはもちろん負担もあるし、当然食事諸々準備もありますもんね。

武田徹: いや、とにかく今ね、篠原さんの話聞いてると、いわゆるお葬式と呼ばれていた昔の伝統的なものが、今の時代に合うような雰囲気で、だんだんだんだん変形をしていくのも、やむを得ないかもしれないね。

篠原憲文: そうですね。家族の形も地域の形もほんとに変わってきた中で、やっぱりお葬式も大きく変わってきてますよね。

武田徹: ということでございまして、皆さんもですね、こういったお葬式の知識というのはなるべくを知っておいた方がよろしいのではないかということで。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: 今回はつばさ公益社、篠原さんにですね、家族葬最近増えてますよ、というお話しをしていただきました。
おくりびとからのメッセージ、つばさ公益社篠原憲文さん、ありがとうございました。

篠原憲文: ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です