0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

お悔やみの言葉

「お悔やみの言葉」の基本

ごく短い挨拶でお悔やみを伝える

親戚などある程度遺族と関係がある人や、小規模な家族葬ならまだしも、一般の葬儀で弔問客と遺族が話す機会は実はほとんどありません。弔問客と遺族が言葉を交わす場面は、通夜振る舞いを除けば挨拶をするときくらいです。つまり、ごく短い挨拶で「お悔やみ」の気持ちを端的に伝える必要があるのです。

ポイントは「故人の死を悼む」言葉と「遺族を励ます」言葉

長々と話すのはあまりよくないので、気持ちを伝えるためにはポイントを押さえておく必要がありますが、初めての人は特に、案外どう声をかけたほうが良いのかわからないものです。

重要なのは故人の死を悼み遺族を励ますことです。例文を参考に、自分なりに言葉を用意して簡潔に伝えるようにしましょう。

喪家側はお礼の気持ちを込めて挨拶する

弔問客のお悔やみの言葉に対して、喪家側も感謝の気持ちを込めてお礼の挨拶を返すようにしましょう。喪家側もやはり簡潔に返事することが必要です。

お悔やみのタブー

遺族と長々と話す

喪家側は色々な弔問客への応対や、儀式の準備などに追われているので、長々と話すことはNGです。

故人の死因について聞く

故人の死因についてを詳細を聞くことは失礼にあたります。純粋に亡くなったことへのお悔やみのみを伝えるようにしましょう。

重ね言葉・繰り返しを表す言葉

重ね重ね」「度々」「ますます」などの重ね言葉は不幸が重なることを想起させるので避けるようにしましょう。また、「続き」「これからも」など繰り返しを連想させる表現も避けます。

直接的な表現は避ける

生死に対する直接的な表現も避けたほうが良いと言われています。例えば、「死亡・死去」などは「ご逝去」、「生きていた頃」なども「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えます。

不吉な表現は避ける

浮かばれない」「大変なことになる」など不吉な言葉はNGです。

 

「お悔やみの言葉」例文

汎用的なお悔やみ

  • このたびはまことにご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。
  • 急なお知らせで本当に驚きました。心からお悔やみを申し上げます。
  • このたびは思いもかけないことで、さぞお力落としのことでしょう。お慰めの言葉もございません。
ポイント:短く簡潔にが鉄則です。通夜でお悔やみを伝えるのがほとんどなので、突然の知らせで驚いたこと、故人のご冥福と遺族への心遣いを伝えるようにしましょう。

病死の場合

ご体調が芳しくないとはうかがっておりましたが、こんなに急に逝かれるとは思ってもおりませんでした。心からお悔やみ申し上げます。

  • 先日お見舞いにうかがったときは笑顔を見せていらしたので、ご回復を信じておりました。本当に残念です。どうか、お力落としのございませんように。
  • このたびは、まことにご愁傷様でございます。お元気な方でしたので、ご入院とうかがっても、あまり心配していなかったのですが、考えが及ばず、申し訳ありません。
ポイント:死因について詳しく聞く事はNGです。

 

事故死・急死の場合

  • 急なお知らせで、なんと申し上げたら良いかも分かりません。どうか、気をしっかりとお持ちになってください。
  • 思いがけない事故で残念なことです。お力落としにならないように、お気を強く持ってください。
  • このたびは突然の災難で、まだ信じられない思いでございます。お気持ちをお察しします。
ポイント:ただでさえ死は悲しいものですが、突然亡くなった心痛は計り知れません。遺族への心遣いを最優先にしましょう。

故人が高齢の場合

  • お元気そうでしたのに、残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。
  • このたびは誠にご愁傷様でございます。本当に寂しさが募ります。
  • このたびは残念なことでございました。まだまだお元気でいていただきたかったです。私も寂しくなるばかりです。
ポイント:「大往生だった」「天珠を全うする」という表現は遺族が判断するもので、弔問側が口にするものではありません。

故人が子どもの場合

  • このたびはご愁傷様です。こんなことになるとは本当に残念です。悲しくて胸が張り裂けそうです。ご両親のお悲しみは計り知れないものでございましょう。
  • あんなに元気だったのに、まだ信じられません。◯◯ちゃんの看病を懸命にされていただけにご無念とは存じます。どうか気をしっかりとお持ちください。
ポイント:特に子どもを亡くした人の葬儀では、子連れでの弔問は控えるようにしましょう。

 故人と喪主が夫婦の関係の場合

  • このたびは誠にご愁傷様です。奥様(ご主人)はあんなに若々しくしていらしたのに。
  • 突然のことで信じられない思いです。長い間連れ添われたご主人(奥様)をお見送られて、さぞご落胆のこととお察しします。どうかお力落としをなさいませんよう。
  • ご主人(奥様)の急なご不幸で、お力落としのことと存じます。心からお悔やみ申し上げます。
ポイント:夫婦の一方が亡くなり、残されて一人になる人の不安や寂しさを察することが大事です。

代理で弔問している場合

  • このたびは誠にご愁傷様でございます。私は◯◯部長に会社でお世話になっておりました△△の妻の□□と申します。本人があいにく出張中でございますので、私が代わりに参りました。戻り次第ご焼香にうかがいますが、本日のところはどうぞお許しください。
  • このたびは、まことにご愁傷様でございます。◯◯株式会社営業課長の△△と申します。□□(社長)はただいま出張しておりますので、私が参上いたしました。社長は、ご葬儀にはぜひうかがうとのことでございます。
  • このたびは突然のことで心からお悔やみ申し上げます。大学時代からご主人(故人)と親しくさせていただいていた、◯◯の妻の△△と申します。本人が入院中ですので、代わって私がうかがいました。◯◯も大変悲しんでおります。
ポイント:代理で弔問に来た場合は、自己紹介と代理の理由を伝えるようにしましょう。後日弔問する予定があれば合わせて伝えておきます。

 

「遺族の返礼の言葉」例文

一般的な返礼の言葉

  • 本日は早速お悔やみをいただきましてありがとうございます。
  • 本日はご丁重なお悔やみをいただきまして、恐れいります。
  • 早々とお運び下さいまして、本当にありがとうございます。あなたに来ていただいて心強い限りです。
ポイント:急な訃報にも関わらず来ていただいたことに対してのお礼を簡潔に伝えるようにしましょう。故人との関係性が分からない場合はこのような無難な内容にしておきましょう。

故人の仕事関係者の場合

  • 本日はご多用のところをお越しいただきまして、ありがとうございます。◯◯(故人)が、生前に大変お世話になりました。
  • ご丁寧なお悔やみを頂戴し、本当にありがとうございます。社長様にお越しいただいて、◯◯(故人)もさぞ感謝していることと存じます。
  • 本日はありがとうございます。◯◯が生前にいろいろとお世話になったことと存じます。故人に代わりまして厚くお礼申し上げます。
ポイント:上司・同僚・部下・取引先など、故人との関係を考慮して返事をするようにしましょう。

故人の友人の場合

  • ◯◯さん、今日はわざわざありがとうございます。△△(故人)が生前お世話になりました。改めてお礼申し上げます。
  • ◯◯さんにお越しいただいて、△△(故人)もきっと喜んでいることと思います。
  • 今日は本当にありがとうございます。あまり苦しまずに逝きましたのが、せめてもの救いだと思っております。
ポイント:故人の友人は自分たちと同じくらい心を痛めているはずです。悲しみを共有するように、また臨終の際の様子なども簡潔に伝えてあげる配慮もあっていいと思います。

 

故人が高齢の場合

  • ご丁寧なお悔やみをいただいて、誠にありがとうございます。年齢的に覚悟はしていたのですが、長年の連れ合いに先立たれると、やはり寂しいものです。
  • 遠路、わざわざお運びくださいまして、本当にありがとうございます。天珠を全うすることができたと思って、なんとか気持ちを落ち着かせております。
  • 本日は誠にありがとうございます。生前は何かとお気遣いをいただきまして、おかげ様で充実した晩年だったと存じます。故人に成り代わってお礼を申し上げます。
ポイント:長寿だったことを肯定的にとらえてばかりだと、弔問側もかける言葉に困る場合があります。長寿だったことがまだ救いだったというニュアンスにしたり、弔問者の力添えに感謝するようにしましょう。

早すぎる死だった場合

  • 早速お悔やみをいただきまして、ありがとうございます。突然のことなので気持ちの整理ができませんが、これも天命なのだと自分に言い聞かせております。
  • お忙しい中お運びいただいて誠にありがとうございます。二重数年の人生でしたが、皆様との楽しい思い出とともに逝くことができましたので、本人も納得しているのではないかと思います。
  • 本日は誠にありがとうございます。短いなりに精一杯生きた毎日で、普通の一生分と同じだけ生きたのではないかと思っております。
ポイント:若くして亡くなった時は無念の気持ちがより強いです。できるならば、あまり周囲を心配させないような言葉を選ぶようにしたいです。

代理の弔問の場合

 

  • ご丁寧なお悔やみをいただきまして、誠にありがとうございます。◯◯様にくれぐれもよろしくお伝え下さい。
  • 本日はありがとうございます。◯◯様には生前に大変お世話になりました。本人に代わって心からお礼を申し上げます。
  • わざわざご足労いただきましてありがとうございます。◯◯様にはお心遣いをいただき本当に感謝しております。その旨、◯◯様にお伝え下さい。
ポイント:代理で弔問している人に対しては、その人が報告しやすいように伝言を託すような答え方をする心遣いがあっても良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です