0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

おくりびとからのメッセージ  「ゼロ葬とは」

武田徹: ラジオをお聞きの皆さん、ゼロ葬という言葉を聞いたことございませんか?ゼロ葬とはどういうものなんでしょうか?

篠原憲文: 当社ではゼロ葬プランというものの提供を開始したのですが。

武田徹: ゼロ葬プラン。

篠原憲文: ゼロ葬という言葉が生まれたのがつい最近で、まだ耳慣れない言葉ですが、2014年に宗教学者の島田裕巳(しまだひろみ)さんという方が、ご自身の著者の中で発表した葬法で、具体的に言うと、何も残さないことを望む方向けのおくり方なんです。

武田徹: 何も残さないことを望む?

篠原憲文: 具体的に言うと、火葬した遺骨を受け取らないで火葬場を後にするという選択で、つまり遺骨を自治体に委託するという趣旨のものなんです。

武田徹: これは法律的にいいんですか?

篠原憲文: その辺りも丁寧に説明が必要なのですが、拾骨前の遺骨はもちろん遺族のものですが、拾骨した後の遺骨は自治体が管理するように、法律では規定されていて。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: そもそも遺骨を持ち帰らないということに大きな違和感があると思うのですが、この考えは長野県に住んでいるからなんですね。

武田徹: あら、そうなんだ。

篠原憲文: 実は拾骨には地域差がありまして、私達はどちらかというと東日本タイプに位置づけられるんです。例えば、西日本で有名なのは愛知県や岐阜県、近畿地方、中国地方、四国九州もそうですが、ここが部分拾骨地域と言いまして。西日本は元々、拾骨の時に喉仏などの体の部分的な所だけ拾骨して持ち帰るのが一般的で。

武田徹: じゃあ全部持ち帰らないんだ。我々は大体箸でほとんど綺麗に拾うじゃないですか。

篠原憲文: そうなんです。

武田徹: そうじゃない所も多いんだね。

篠原憲文: 実は、国内の半分ぐらいが部分拾骨ということで現在まで遺骨を斎場へ委託してきていたんです。なのでそういうエリアでは火葬場の許可を取る時に予めそういう事が謳われていて、残ったいわゆる散骨については任せますと一番に入っていたりするのです。

武田徹: そういうことですか。

篠原憲文: 今回は長野県の、特に佐久市・小諸市・北佐久郡・南佐久郡というエリアでゼロ葬というのが可能になるように提供を始めて、割と画期的なことではあるのですが、やはり丁寧に説明したいと思っていまして。

武田徹: だってさ、引き取り手がいない方が亡くなる場合だってあるから、その場合は当然のことさまで引き取り手がいないんだから。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: そういう場合だってかなりあるんじゃないのかな。

篠原憲文: 私たちの元にも、身寄りとかって辿っていくといらっしゃるけども受け取りの拒否というようなことが起きたり、いわゆる行旅死亡人といいますか、身寄りについて全く行方知れずという方も、もちろんいる訳ですよね。

後は最近社会問題化してきているのが、公共の場に遺骨を忘れてしまうといえば聞こえはいいのですが、置いていってしまうという。遺骨を遺棄するというのは犯罪なんですよね。

武田徹: そうですよね。

篠原憲文: 忘れ物の場合は遺失物になるのですが、行方知れずの遺骨というのは全国的に非常に増えてきていて様々な相談も寄せられるので、これまでは永代供養墓などの後継者を必要としない、それこそ数万円で利用できる所を案内してきたのですが、一つの選択肢として今回はゼロ葬ということで、火葬の後遺骨を持ち帰らない選択ができるように環境を整えたのですが。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: 受け取らなかった遺骨というのは、最終的にどこへ行くかはご存じですか?

武田徹: いや、どこ行っちゃうんですか?

篠原憲文: 例えば長野県で全骨で拾骨していても、やはり欠片や破片などの若干の遺骨は残りますよね。

武田徹: そうですよね。

篠原憲文: こういった遺骨は代表的な形として、例えば東京や愛知では部分拾骨で大量の遺骨が斎場に残されるのですが、こうした人の残骨には貴金属やレアメタルと言われるような、非常に貴重な金属が含まれてることがあって。

武田徹: ほぉ。


篠原憲文: 人の体は有害な物質を蓄積するというのは以前紹介したことがあるのですが、そうした人骨の有害物質も取り除かれて、最終的に粉末化された遺骨が、火葬場の中の専用施設や自治体の墓地や委託を受けた寺院などで最終的には埋葬をされるということで、最終的な行き先は墓地にはなるのですが。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: 実は、先程の遺骨からの貴金属やレアメタルのリサイクルというのが、にわかにニュースになり始めていまして、一番最初は私の記憶する限り2009年に朝日新聞が取り上げた記事があったのですが、残骨から取れた金属が馬鹿にならない金額だと。

武田徹: ほぉ。

篠原憲文: 例えば名古屋市でおよそ年間で一千万円ぐらい。この当時に調べたら2017年には名古屋市二千万円ぐらいの。

武田徹: 倍になってますね、9年から。

篠原憲文: そうなんですね。いわゆる貴金属売却益が出ていて、これが指値予算とか編入されているのですが、それはいかがなものかという声が挙げられていて。やはりデリケートな問題ではあるのですが。

武田徹: 確かにそうだよなぁ。

篠原憲文: 最終的な遺骨の行方という意味で、知らざる世界ではあるのですが。

武田徹: 戦前のアウシュヴィッツではさ、ユダヤの人たちが大量に殺されて金属だとかそういうもののリサイクルをやってたという事も聞いてますから、そういうのとダブってしまう場合もあるもんね。

篠原憲文: 本当ですね。見えない世界でも色々な現象が起きていて、各所で最適な形で対応されてきていると思うのですが、こうした遺骨の最終的な行方を多くの方が悩んでいるということで。

私たちの会社も、元々はお葬儀ホールというか、最初はお墓じまいのご相談を専門に受ける会社でスタートしていたのですが、その頃からそういった相談がありました。

武田徹: そうなんだねえ。

篠原憲文: 果たしてこれが皆にとって良い解決策であるという訳ではないと思うのですが、日本人の根本には一番丁寧な送り方というのは、家墓といって何々家の墓というのを求めて、そこに一家やご先祖様が入っていて、1年の内に4回ほどお彼岸とお盆、ましては命日に行って、そういう体験を年々と繋げていくというのが一番丁寧な形で、これは日本人が持っている共通認識だと思うのですが、中々それが難しくなってきている中で、ゼロ葬という取り組みを始めて。

実はゼロ葬は全国的にもかなり珍しい取り組みで。

武田徹: うん。

篠原憲文: 提供をさせていただいている金額も結構特徴的で。

武田徹: どういうプランがあるんですか?

篠原憲文:大きく分けて2つあって、全骨を斎場に委託してくる、つまり火葬をして一切持って帰ってこないというパッケージで、病院で亡くなったところから最後火葬場を後にするまでが入っていて128,000円という金額です。

もう一つは分骨プランで、自分で面倒を見切れる範囲で持って帰ってくるという。東日本に住む私達は、全て持ち帰るという認識があるのですが。

武田徹: はい。

篠原憲文: そうではなくて、例えば手元に収まる5cm、10cmぐらいの容器で持って帰ってくる分骨プランということで、湿気が入ってこないような専用の容器をお付けして、14,8000円。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: 想定しているのは本当に身寄りがいらっしゃらない方だとか、公共の福祉の為というか、公益の為に一旦始めたというところで 一昨日から始めたのですが、実は昨日も新潟の方から態々ご相談にお越しになられた方がいたり。

武田徹: そうなんですか。

篠原憲文: やはりこうやって情報発信しながら困ってる人に届けばいいというのは凄く思うのですが。

武田徹: 今は全骨委託プランと分骨プランで、今までのやつのプランも当然終わりになるわけだよね

篠原憲文: そうですね、通常のお葬式というのも低価格で128,000円というところから、お葬式ひとそれやっても総額で35万円くらいなのですが。

武田徹: そういうことだよね。

篠原憲文: 50万円もあれば十分なお葬式を挙げられるような施設がつばさホールなんですよね。

武田徹: それにしても、死後の世界というかそういったお葬式の形も、現在は随分変わってきていて、とても重要な今端境期みたいな感じがしますな。

篠原憲文: そうですね。本当に変わってきてて、認識も変わってきて。個人的に一番変わったと感じているのは、家族ではないかと。

武田徹: そこだよな。

篠原憲文: やはりお葬式が変わる前に変わっているものが沢山あって、例えば介護が凄く変わったと個人的には思っていて。10年20年前はお家で看ないと槍玉にあげられて親の兄弟に怒られたものですが、今はご自宅で看れる方がいてご自宅で最後を迎えるというのは、ある意味贅沢な方かもしれませんね。

武田徹: そうかもしれないね。介護も今は公共だとか病院でやるということになってたんだけど、これが了承が少ないものだから、これからは在宅介護の時代だと、それもまた変わりつつあるみたいですからね。

篠原憲文: そうですよね。今度はお家という流れをドンドンと、やはり整備が進んでいくと思うので。

武田徹: その代わり病院とコンタクトを取りながら、その辺はうまくやるんだろうけれどもね。

篠原憲文: そうですね。先程9時のニュースでやっていましたが、寿命が延びて2060年の推計寿命というのでは女性は90歳ぐらいになって。

武田徹: 私もなると思うねえ。2人とも87ぐらいでしょ。3年だけだもん、あと。

篠原憲文: 本当ですね。今後も寿命が伸び続けていくようですし、やはり5、60年前の日本人の寿命ってまだ50過ぎくらい。

武田徹: そうです、はい。

篠原憲文: 日本人が初めて迎えるステージが、正に今からやってくるという感じがしますよね。

武田徹: ですからお葬式の形もドンドンドンドン変わってくるし、生前葬なんて我々小さい頃考えられないようなことも今も行われていますし。

そうは言ってもこちらの篠原さんの所では、いち早くこのゼロ葬ということを始めたということですよね。

篠原憲文: 今後も色々困ってる人の受け皿になれるように選択肢を作っていこうと思っております。段々とご紹介できたらと思っているところです。

武田徹: 普段あまり耳にできないようなお話しをしていただいております。でもとても重要なことだと思います。今回はゼロ葬についてのお話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です