0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

おくりびとからのメッセージ  ~葬儀保険について~

SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」内で「おくりびとからのメッセージ」レギュラーコーナーを担当。

武田徹: おくりびとからのメッセージ。
つばさ公益社、篠原憲文さんです。おはようございます。

篠原憲文: おはようございます。

武田徹: 篠原さん、お盆は多少はお休み取られたんです?

篠原憲文: はい、今年は割と家族でゆっくり過ごすことができて。

武田徹: そうですか、それはそれは。
実はお便りいただいておりましてねぇ、須坂市の方ね。
「この前ゼロ葬というお話し、新しい言葉を聞き、亡くなった方が別の形で管理していただけるのであれば、幸せな事だと思ってます。真剣に考えなくてはいけない問題ですね。」と、いうことで感想いただきました。

篠原憲文: ありがとうございます。

武田徹: もうひと方、佐久の一人静さんですね。
「今日もおくりびとからのメッセージを楽しみにしてます。
今年の六月です。主人が旅立ちました。とても寂しいお盆でした。篠原さんとは、ちょっとしたつながりで番組が始まった時からいつも聞いております。」

篠原憲文: ありがとうございます。

武田徹: 「手元供養のお話しがふと頭に浮かび、篠原さんにお願いしたところ、1週間も経たずにパールの素敵なネックレスに形を変えた主人の分身が私の元に届いたのです。まだまだ寂しさは癒えませんが、いつも一緒という安心感があります。
お葬式やお墓のことなど2時間もお話しをして、大変心が癒されました。まだまだお若いのにその不思議なお人柄に好感が持てました。」と。

篠原憲文: ありがとうございます。

武田徹: お若いでございますよ、ええ。
「この番組がずっと続きますようにと、お祈りします。篠原さん、陰ながら応援していますよ。」

篠原憲文: はい、ありがたい。

武田徹: ありがたいねえ。このパールの、ネックレス。

篠原憲文: はい。

武田徹: これ、一人静さんの旦那さんのご遺骨が入ってるんですな。

篠原憲文: 大変思い入れの深い方なんですという話をされていて、なるべくその、近くで感じられたらというご相談があってですね。

武田徹: はいはい。

篠原憲文: それでちょうどこの番組で手元供養のご紹介をした、割とこうすぐのタイミングでですね、お話しをいただいて。
ペンダント型のパールネックレスの中に、まさにその旦那さんのご一部が入っていて、本当に身につけられるペンダントですね。ご用意させてもらったんですけども、色々な供養の形が、最近は。

武田徹: あるんだねえ。でもペンダントにいつもねえ、ご自分のずっと愛された方がいつもいると思うと多少はね、それはもう辛い気持ちも分かるけれども、慰められることもありますよね。

篠原憲文: ええ。後は仰々しくないというか、一見して普通のパールのネックレスなので周囲の人にとっても、割とね、そういった点でも問題が無いものかな、という風に思います。

武田徹: そしたら篠原さん、今日はどんな話になりますかね。

篠原憲文: はい。今日はですね、お葬式の保険について少しご紹介したいと思っていまして。

武田徹: そんなのもあるんだねえ、葬式保険ですか。

篠原憲文: なんと言いますかね、お葬式保険っていうと、あれ、なんだろう?って感じですけども、いわゆる生命保険の1つになる訳なんです。
丁度ですね、私たち事業として会社で3つのことに取り組んでまして、1つ目はお葬式の安心というね、従来から色々こう提案してきてますが、喪主のいないお葬式だとか、12万円ぐらいからね、お葬式を利用できるというようなものとか。
2つ目がそのお墓への安心ということで、先般ご紹介したのゼロ葬っていうのもね、これもある意味お墓の新しい形だとか手元供養とかですね、あと海洋散骨ですか。

武田徹: はい、海洋散骨ね。

篠原憲文: そして3つ目のですね、今日正にこう、これからお伝えするんですけども、やはりお金の安心という話がやっぱり大事なんじゃないかと思ってまして。

武田徹:安心三本の矢だね。

篠原憲文: はい、やはりお金にまつわるところの不安っていうのは、もちろん医療の面でもですし、介護も。

武田徹: ありますよ、これは。特に老後は。

篠原憲文: ありますよね。で、特に子供たちや、後に続く者達になるべく迷惑をかけたくない、みたいな意味合いでいくと、何だかこう備えをしたいという気持ちがやはり湧いてくるのが自然かと思うんですけれども。
その時にですね、今日特にご紹介するこのお葬式の保険についてなんですけれど、今ですね、70歳ぐらいの方とか85歳ぐらいの方にとってはですね、非常に有益な情報になるんじゃないか思っていまして。

武田徹: おぉ。

篠原憲文: と、言いますのも従来ですね、生命保険と言えばやはりね、保険って普通は起きるかもしれないことにの供えになるんですけれども、生命保険ってのもある意味確実に起こる訳です。

武田徹: 必ず亡くなるからね。

篠原憲文: そうですね。
例えば火災保険だとか、自動車保険っていうのは、事故や火災に備えるもしもの備えなんですけど、葬式の保険っていうのはもう確実にくるわけなんです。
なので、いわゆる生命保険っていうのは特徴として高齢になると、どうしても掛け金がね、高くなる。

武田徹: 高くなる。

篠原憲文: ちょっとその、続け辛くなるようなところとか。
後はやはり高齢になると入れないとかね、病気があると入れないというようなことが、どうしても出てくるというのが、いわゆる従来型の保険の形だったんですが、2006年に実は法改正があって、これまでのいわゆる生命保険と言えば、若い自分に、子供たち小さくして大黒柱を失ったときとかに備える、そういう保険が主だったんですけれども、いわゆる老齢の、今回でいくとお葬式用の保険というような、いわゆる少額、まぁ、少額といっても最大300万円ぐらいの世界なんですけれども、そういう保険が色々と生まれてきていまして。

武田徹: でも300万でもあると、ありがたいよね。

篠原憲文: そうですね。一般的のお葬式と言えば、お布施等と全て含めて200万円ぐらいってのが平均だと言われますから。
そこへの備えと意味では200万円、300万円そのぐらい準備できればまず安心していられるとは思うんですけれども。
まずですね、そうですね、お葬式の保険なので特徴がやっぱりいくつかあって。

武田徹: どんな特徴あるんですか。

篠原憲文: はい、まずは受け取りが早い。

武田徹: 受け取りが早い。

篠原憲文: 生命保険は通常ですね、一週間から長ければ一月(ひとつき)ぐらい様々書類を整えて、それから請求になるんですけれども、お葬式用の保険っていうのは殆どの会社でですね、原則翌日には支払われるという。

武田徹: へぇ、なるほど。

篠原憲文: ある保険会社ではですね、今年の1月からクイックタイプっていうのが出て。

武田徹: クイックタイプ。

篠原憲文: 即日入金されるという様なものも最近は出てきてるんです。

武田徹:だってお葬式はねえ、とにかくいつ亡くなるか分かんないから、早ければ早いほどありがたいよなあ。

篠原憲文: そうですよね。先程の例えばね、受け取りが仮に100円とすれば、正に事が起きたその日に振り込まれるみたいな、そういうものも最近はあるんですね。
そしてあと、入りやすいというのがあって。

武田徹: 入りやすい。

篠原憲文: 85歳まで入れて。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: そして100歳まで続けられるという。

武田徹: へえー。

篠原憲文: これは従来の保険からすると、大体60を超えるとですね、結構なこうね、やはり、ねえ。

武田徹: 条件とかいろいろあるんだ、高くなったり、色々あるんですね。

篠原憲文: いろいろあるんですね。というところだったんですが、年齢的に85歳まで入れて100歳まで続けられると。
そしていわゆるですね、お医者さんの診断書だとか検診を受けてこう、入るのが割と多いんですが、告知のみといってですね、正直に答えてくれてればいいですという。診断書が要らないんですね。

武田徹: 保険会社はこれで儲かるんですかね。

篠原憲文: まあ正にですね、その、目的を絞った保険。

武田徹: うん。

篠原憲文: 変な話なんですけど、大体7年から10年ぐらいかけていくと、段々払込額の方がやはり多くなっていくようなことがあるので、本当にこう率直のところ言うと、大体先5年ぐらいを考えながらかけていくような、そんな保険ですかね。

武田徹: なるほどねえ、保険、当然本人が受け取る訳じゃないからね。
自分の息子とか葬式を出してくれる喪主の人には凄いありがたいよね、これ。

篠原憲文:ええ、そうですね。 で、今日実は保険を紹介しようと思った理由にですね、今の正にお話しがあって、実はですね、子供たちにお金を残そうと思う。例えば預金だとかね、積み立てみたいな形で残すこともあると思うんですが、いわゆるこういった預金っていうのは、相続財産になるのでやはりお葬式の時には間に合わないケースっていうのがやはり多いですよね。

武田徹: そういうことだよね。

篠原憲文: よく、預金が亡くなって下ろせなくなってるって話は耳にすることあると思うんですが、この保険の1つ利点としては宛先を付けられるってのはよく言われるんですね。これはつまり受取人を指定できて。

武田徹: はい。

篠原憲文: 且つですね、実は相続のときにも少し利点があるのが相続人×500万円分は基本的に相続税から控除されるんですね。
ですから、最大300万円って保険は基本的にはもうみんな控除の対象になるというか。
あと保険っていうのはですね、一般的に2回税制優遇が受けれるんですね。

武田徹: そういうことなんだ。

篠原憲文: 今のね、受け取りの時も500万まで税金かからない。

武田徹: はい。

篠原憲文: というのもですし、払う時のね、払った分がこれまた控除になりますから。ということでですね、様々いろんな保険はありますけれども、なるほどそうかと、そのお葬式への備えとして、保険というのもあるんだなぁっていうのを今日は是非知っていただきたいなと思ったんですね。

武田徹: これ、多くの保険会社でやっているんですか?葬式保険てのは。

篠原憲文: そうですね。お葬式の保険も10以上はあると思うんですけども。ちょっと1つね、今日ご紹介したいなというのは、今例えばこういうのがあってですね。

武田徹:はい。

篠原憲文: 今の武田先生にお見せしたのは、保険料一定タイプと言われる葬儀保険なんですけれど。

武田徹: はいはい。

篠原憲文: ちょっと中開きます。例えばなんですけども、月はもう1,000円だけ。払込をですね、月1,000円に決めるとか。

武田徹: それだったら非常に。お安いと言っていいかもしれないねえ。

篠原憲文: そうですね。今じゃ月3,000円という。

武田徹: プラン。

篠原憲文: はい。払い代月3,000円に固定した時なんですけど、仮にですけど70歳の方であれば、もしもって時に120万円まで受け取れる。

武田徹: ほうほう、なるほどなるほど。

篠原憲文: 仮に80歳になったときはどうなるんだというと、受け取りがだんだん減ってくるわけですが、80歳の時だと60万円ぐらい。

武田徹: 3,000円で60万と。

篠原憲文: そうですね。大体お葬式の保険ってのは2つパターンがあって、今ご覧いただいたのは、払い額を固定するタイプ、もう1つは保険金のですね、受け取り額を固定するタイプってのがあって、例えば受け取りをじゃあ、80万にしようとか100万にしようと。

武田徹: はい。

篠原憲文: 受け取りを決める形だと今度は年齢がいくごとにこうね、今度はその払い込みの金額が大きくなるみたいな。

武田徹: なるほどねえ。

篠原憲文: こうしたお葬式だとかいつ起こるか分からないってことの備えというと、今現状でいくとやはりね、普通預金貯金をするという方法と、後はまあね、定期積み立てみたいな感じで、毎月こう目的を決めてじゃあ、積み立てをしましょうとか、あとお葬式の互助会みたいなものもありますし。

武田徹: ありますよね。

篠原憲文:で、今回ご紹介したお葬儀式の保険ですけれども、これは保険なのでお葬式費用以外にも使うことができるんですね。ですので例えば自分の心配がね、病気があって心配だとかいうときにも実はですね、病気があっても入れる保険も最近は、実に色々ありまして。
例えば今現在がんです、という診断を受けてる方でも入れる保険も、今はあるんですね。
ですので、いろんな不安に対して今はいろんな安心を提供できるようになってきているといいますか。

武田徹:そういうご相談にも応じるんですか?つばさ公益社は。

篠原憲文:はい、そうなんです。
ちょうど事業として、今、お金の安心を提供したいということも柱に据えてまして。

武田徹: うん。

篠原憲文: 今日ね、ご紹介したようなこういったお葬式用の保険も、やはり取り扱いができますので、当社以外にもね、いろんな会社もありますし、気になるなぁと思ったら、ちょっとお付合いのある方に聞いてみてもいいと思うんですけれども。
是非ですね、今はその不安に対していろんな備えが持てるようになってきていて、やはりそうするとこうね、備えてるのとそうでないのでは、やはり日常の気持ちが違ってくるというとこはあると思います。

武田徹: なるほどねえ。
という訳でございまして、つばさ公益社でも、そういうことをお考えになって、三本の安心柱があると。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: そんな話も出てくるかもしれません。
いつものようにつばさ公益社、篠原憲文さんのお話し、ありがとうございました。

篠原憲文: ありがとうございました。

武田徹: おくりびとからのメッセージでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です