0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2019.11.16 おくりびとからのメッセージ  「相続問題」

武田徹:松本の福澤みな子さんからいただいております。

「先月の放送で戌の満水のお話しをしました。大変な水害があったのだと驚きました。先日ワイドショーで仏壇じまいという特集をやっていて驚いてしまいました。墓じまいのお話しは篠原先生にもお聞きしたことがありましたが、今は生活スタイルや考え方の変化によって、お仏壇を手放す方、そしてリメイクしてサイズを小さくしたり、2つに作り直して兄弟で管理したりするそうです。田舎の家には必ずと言って良いくらい大きな仏壇あります。」うちの本家にもあるね。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:「私も自分がいなくなったら管理する人がいなくなるのではと、他人事ではない話題でした。11月30日のおひとりさまの生前契約の講座に申し込みさせていただきました。」と。

篠原憲文:ありがとうございます

武田徹:今月の30日にあるんですね。

篠原憲文:土曜日に、おひとりさまの為の終活講座ということで。

武田徹:そう。

篠原憲文:行政書士のよつば相互事務所の井出先生をお招きして、一人で不安に苛まれている方が、どういうことをしていったら安心して過ごせるのかご紹介する会を予定しています。

武田徹:おひとりだけだと何となく不安だよね。自分が亡くなる時やその後はどうなっちゃうんだろうと、不安な方多いんじゃないのかなぁ。

篠原憲文:おひとりさまというと天涯孤独でおひとりというイメージもありますが、実は多くの方がいつおひとりさまになるやもしれない時代なんです。

武田徹:夫婦で同時に亡くなるってことは中々難しいからな。

篠原憲文:そうですよね。2人暮らしで伴侶は先に逝ってしまわれると独り者になりますし、子供がいる家庭であっても、普段から離れて暮らしてるケースも多いですから。

おひとりさまに備えるというのは多くの方にとって関係しているのですが、どんな備えができるか。生前とか元気な内であれば色々手立てがありますが、やはり先延ばししてしまいがちな話ですから。

武田徹:そうだよね。

篠原憲文:まして声にも上げづらいとか。

武田徹:つまり縁起でもないと。言霊が日本にはありますが、これは言霊なんて言っていられないですよ、その日は必ずやってくるんだから。

篠原憲文:それに予期的な不安、日々心が不安な状況に置かれて、心の健康が失われるということも。

武田徹:健康にも良くないね。

篠原憲文:そうですね。実は最近こういうところで問題が起きがちなのですが、例えば兄弟が二、三人いる家庭はあまり問題にならないのですが、一人っ子の家庭のその一人っ子が50代60代になると、一人っ子の相続問題があって。

武田徹:一人っ子の相続問題?

篠原憲文:ええ。

武田徹: 兄弟間の相続問題っていうと分かるけど、一人っ子の相続。

篠原憲文:そうなんです。そもそもの法定相続人というのが、いわゆる甥・姪までというのが法定相続人になるのですが、つまり兄弟のいない一人っ子の家庭でいくと、子供がいればすんなりといくのですが、相続人がいないという状況は結構世の中にありまして。

武田徹:おぉ。

篠原憲文:実際法定相続人がいないと国が相続するのですが、これが年々増えていて。ちなみに2019年では国が相続した遺産が525億円と言われていて。

例えば、甥・姪はいなくとも、いとこがいるとか、いとこの子供であるはとことがいるということはあるのですが、こういう人というのは相続人になれなくて。ですから予め分かっていれば、例えば遺言書を作成しておくとか、場合によっては養子縁組を組むとか、色々な方法で対策はあるんです。

武田徹:一人っ子ということは、亡くなる方が一人っ子の場合ということだよね。

篠原憲文:そうなんです。そういう人達が段々増えてくる時代に入ってきた。

武田徹:そういうことだね。

篠原憲文:先程お仏壇をしまうという話もありましたが、かつて昭和の時代、その前の時代も勿論そうですが、家督があって、家を残してくるという考えがあり起き得なかった問題が現在様々起きていて、仏壇もお墓もしまうし、相続でさえ相続人がいないような状況が増えてきているという。

武田徹:それはあり得るお話しですね。

篠原憲文:いずれにしても事前であれば手立ては色々ありまして、例えば生きてる内に介護や最終的な医療はどうするか。

武田徹:うん。

篠原憲文:後は病院に入院するにあたっても、身元引き受け人がいないと入院できない事がありますから。

武田徹:そうなんです。

篠原憲文:やはり元気な内にある程度、こうなったらこうしようと決めておくのは大事ですよね。

武田徹:事前指示書の書き方とか、一人の場合どうするとか、代理人を介護師の方や医者の先生でもいいんだけれども決めておかないと、例えば認知症になって財産管理どうするのって話になってくるんだよね。

篠原憲文:本当にそうですよね。待ったなしで後見人を決めているケースもありますが、決めていなくて周りが良きに計らえてやるけども、実際にやる権限を持てなくて苦しい思いをしている方とか。

武田徹:そうなんです。

篠原憲文:医療についてもあらかじめ方針があればいいのですが。

武田徹:そうなの。

篠原憲文: どこまでやったらいいのかとか、誰かに決断させるには重すぎる決断というのもありますよね。

武田徹:そうなんですよ。だから、例えば亡くなる前に私の治療はこのようにして下さいという生前遺書っていうのがあるのね。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:最近は各自治体でも用意するようになりましたけれども、慰労はやめてくれとか、最後はこう死にたいからこうして下さいというのをしっかり書面に残しておくと、周りの家族も、あるいは家族いない方でも、非常に1つの拠り所になるから。

篠原憲文:そうですよね。自分の意思として残しておくのは、周りの人の負担を取ってあげることでもありますよね。

武田徹:そうですよ。

篠原憲文:これは生前も死後も、ましては死後行われる誰しもが避けて通れない手続きの負担とか。

武田徹:立つ鳥跡を濁さずという言葉通り、亡くなった後周りの人に迷惑にならないようにする必要はあるよね。

篠原憲文:ただ結構難しいのが、色々な分野に跨っていることなんです。

武田徹: そうなんです。


篠原憲文: 医療や介護や自治体、亡くなってから病院や葬儀社、終わったところでまた自治体とか。

武田徹:うん。

篠原憲文:非常に色々な知識を持ってなければいけないので、11月30日の講演会でもひとまとめになるべく知識武装をしていただこうと。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:是非知っているのと知らないとでは不安の大きさが違ってくることは沢山ありますから。

武田徹:ということでございました。いつものようにつばさ公益社の篠原憲文さんのお話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です