0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2019.12.21 おくりびとからのメッセージ「DIY葬」

武田徹:最近、終活講座をやられたそうですね。

篠原憲文:11月30日に行いました。

武田徹:ありがとうございます。佐久市のすみれさんからいただきました。「つばさ公益社の終活講座を受講しました。知識、人脈、実行、これらによる環境作りが終活そのものであると。そして現在のお寺、お墓事情などなどを学びました。一緒に受講した友人も、菩提寺との関わりに悩んでいたとのことで、お礼のメールが届いた。」ということでございますね。

篠原憲文:ありがとうございます。

武田徹:そして、こちらは福澤みな子さん。「私たちもおひとりさまになる可能性がありますので、おひとりさまの終活講座に参加させてもらったと。元気なうちにやっておけることがいくつもあり、それにはまず自分の周りの環境を整えることが最優先だということ、すぐに何か契約をしたり、先にお金を支払ったりするのではなくて、自分の一番信頼できる人を探して、色々な情報を集めたり、難しいことは専門家に相談したりして、事を急がないことが大事だとお聞きいたしました。後半は行政書士の井出先生のお話しでございました。色々といいお話を承ったので、かわいらしいサンタさんのチョコを見つけましたので。」送って下さったそうでございます。申し訳ないね、そんなに気を使わないで下さい。聞いてもらうだけでありがたいもの。

篠原憲文:本当にありがとうございます。ご参加いただきありがとうございました。

武田徹:さあ、今回は、自分でお葬式をする自葬プラン?英語で何か言ってるね。

篠原憲文:DIY葬と言うのですが。

武田徹:それは何の略ですか?

篠原憲文:Do It Yourself. (ドゥ イット ユアセルフ)

武田徹:分かりました。よく大工さんの道具が売っているコーナーにありますよね。DIY葬プランというんですね。

篠原憲文:12月12日から、DIY葬という、自葬ですね。自分で送るお葬式、DIY葬プランということで提供を開始しまして。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:提供が始まって一週間ほどなのですが、このDIY葬という言葉が聞きなれないし、なんだろうという感じだと思いますが、金額にして258,000円という金額で。

武田徹:安いねえ。

篠原憲文:普通に生活してるとこう手に入れづらいものとして、まず棺がございますけども、置き場にも困るこの棺と、骨壷のセット。骨壺と箱とふろしきのセットなのですが。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:あとはDIY葬ってどうやってやるんだろうという。

武田徹:それ大事だよね。

篠原憲文:そういう手引書をセットにしまして。

武田徹:自分のお葬式の手引書を貰って、お金を払うと亡くなったときにちゃんとやってくれると。

篠原憲文:どちらかというと、自分自身を送るって中々難しいので、誰かを送ることを前提にしたセットなのですが、これが実は提供を開始してから非常に大きな反響をいただいていて。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:僅か一週間程で、10組以上の方からご注文いただいて、そのDIY葬セットは、私どもの店舗での直販だけでなくて、会社のオンラインストアやAmazonのいずれかでも購入できるようになっていまして送料も、例えば関東近郊から大阪、関西圏ぐらいで大体2,500円ぐらいで。しかも14時までに注文が入れば、翌日には届くという。

武田徹:届くのは骨壺セットと木棺と手引書ですね。木棺ってでかいんじゃないの?

篠原憲文:大きいのですが、ワンタッチ式という組み立てる形式の棺になっていまして。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:長さは180cmあるのですが、届いたら自分で組み立てるようになっていて。

武田徹:まあ言ってみれば永遠の寝室を作るような感じですね。

篠原憲文:組み立てるのも非常に簡単で、大人であれば5分掛からない。

武田徹:ああ、そうなんだ。

篠原憲文:あと、布団と枕もセットになっています。

武田徹:面白いねえ。

篠原憲文:そうですね。実はこのDIY葬というのがにわかに広がりを見せていて。

武田徹:そうでしょう。だっておひとりの方多いから。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:でもそうは言ったって、誰かに手伝ってもらわないと、亡くなった後は太刀打ちできないんだろ?そのあたりはどうなるんですか?

篠原憲文:今現状は、自治体の方や福祉課の職員の方の手をお借りすることが多いです。年間32,000人以上の人たちが今日現在無縁死を遂げられているということで大きな社会問題になりましたが、こういう方たちが最終送られている現場というのは、まさに自治体の職員や福祉課の方が、ある意味自葬で、業者の手を借りずに自分たちで送り出しているんです。日本全体で亡くなる人の2、3%がそういう送り方をされているんですね。

武田徹:そういうことなんだね。

篠原憲文:そういう現場以外でも、最後の弔いを業者の手を経ないで自分たちで行うというニーズがにわかに高まってきていまして。というのも、このDIY葬のセットを利用すると、地域によっては30,000円払えばお葬式ができてしまうという。

武田徹:なるほどね。

篠原憲文:なので、あとは火葬料金の負担があればいいのですが、いくつか乗り越えなければいけないことがありますよね。例えば、火葬場までどう行くのか。通常火葬場には霊柩車の乗り入れが基本なのですが、実は自家用車で乗り入れる方法もあるんです。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:そういう情報を手引書で公開していまして。

武田徹:そういうのも詳しく書いてあるんだ。

篠原憲文:その他に、本来だと業者の方など詳しい方に聞きながらやる手続きも、自分一人でどうやったら準備できるのか、というところですね。現在はSNSやブログでも、こういったDIYで送るお葬式についての話が発信されているのですが、私共の手引書では、プロの目線で作成しまして、全国で比較的多く使われている骨壺や、火葬場に入れるお棺のサイズなどの情報を提供させていただいております。

武田徹:ということは、いざという時に自分が亡くなっても、その自葬プランに入っていると、木棺や骨壺のセットが用意されていて、手伝う人たちも一部のプロの人たちがやってくれるということですか?

篠原憲文:そうですね。自分たちの手で自家用車なんかを使いながら、お葬式から火葬までを行うことを可能にする為のお手伝いをするという感じです。

武田徹:これは便利というか、こういう時代になる可能性って非常に大きいよね。だって子供と住んでいない人って沢山いるし、子供いない人も凄く多いでしょう。となると一人しかいないということで、誰かがお葬式をやってくれなきゃしょうがないもんなあ。

篠原憲文:そうですね。自分の最後についての不安や、中々火を掛けられないというところで不安を感じていらっしゃる方に向けて、結構革命的でして。

武田徹:まあ、葬儀の自由化というか、革命的ですよね。

篠原憲文:実はかつての国内の法律でいくと、自葬が禁止されていた時代もあったんですね。

武田徹:現在は法律的にOKなんですね。

篠原憲文:OKですね。明治5年に自葬禁止令という法律があって、宗教者の方、神社やお寺が介在しないお葬式を禁止した法律だったのですが、現在は無宗教のお葬式もありますし、様々な宗教が自由化されて、お葬式も自由化されてきてますが、今回このDIY葬というものを通して、地域の方に自分たちで送るという選択肢を選べるようにしたいと思いまして。で、実は発表した当日に、結構早いところでは大阪の毎日放送さんとかが来てくれて、その日のうちに生放送で放送していただいて。

武田徹:そうなの。

篠原憲文:なので、現在は関西方向からの注文が非常に多くて。三重や兵庫や大阪ですね。

武田徹:なるほどね。

篠原憲文:実は自治体によって火葬料金が違って、長野県では安い所で10,000円ぐらい。佐久市では35,000円もしてしまうのですが、地域によっては0円や数千円の所もあって。

武田徹:そういう所もあるんだ。

篠原憲文:そういうことも、このDIY葬を通して、地域差などにも興味を持ってもらえたらいいと思います。

武田徹:興味のある方はどうやって資料とか請求すればいいんですか?

篠原憲文:できれば、私たちのホームページにかなり詳しく情報が載っているので。

武田徹:年寄りはホームページとかできない人も多いですよね。

篠原憲文:そういう場合はお電話をしていただければ、丁寧にご案内いたします。

武田徹:なるほど。しかし篠原さんは面白いことを思いつくねぇ。

篠原憲文:色々なお客様がいらっしゃって、何をしたら助けてあげられるかと考える中で思いついた感じですね。

武田徹:なるほど。これもきっと時代の要請でしょうね。

篠原憲文:そう思います。変化する時代に、こういう流れを止めるのではなくて、より前にに進めていきたいと、そういう姿勢で臨んでいますね。

武田徹:はい。篠原さん、今年最後のご出演ということですが、今年も随分忙しかったんじゃないですか?

篠原憲文:今年は色々なことがあって、まさに転機の年でして。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:2月に信州ベンチャーサミットというイベントがあって、グランプリをいただいたのですが、そこで出会った方たちとお話する中で、大きく人生が変わってきたなっていうのを感じましたし、4月には2号店のつばさホール佐久平店のオープンがありました。あとは、やはりこれも信州アクセラレーションプログラムという、長野県で創業5年までの会社の中で成長が見込める会社をいくつかに絞って、長野県が応援してくれるという企画がありまして、そこに8月から参加しているのですが、そこでも色々な方との出会いがあって、まさに会社の成長というのは地域の方の為にもなるのではないかと思いまして。今年一年は色々なことに向き合いましたし、色々な気づきがあったと。

武田徹:先程のすみれさんの感想にもあるけれども、知識、人脈、実行、まさに人脈も大事だね。そもそもさ、私と篠原さんが出会ったのは13年前だよな。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:全くこうなるとは想像しておりませんでした。スピーチコンテストというのがあって、まだ若き篠原さんがスピーチした訳だ。で、私が聞いていて、面白い男がいると思ったのが最初だもんねぇ。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:私も人脈というのは凄い大事だと思っていて、その人脈を通じてまたいろんな人脈が網の目のように広がっていくんですよね。人生ってのは面白いもんですね。

篠原憲文:本当に、武田先生との出会いで僕は人生が大きく変わりました。

武田徹:いや、もっといい人に出会ったかもしれないよ。

篠原憲文:とんでもないです。

武田徹:それもあるんだよな。変な人と出会ってそれにずっと足引っ張られていっちゃうこともあるしさ。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:だから、人脈というのも自分で選んで、この人だったら大丈夫という判断をするというのは、私はうんと大事だと思います。

篠原憲文:どなたかの言葉で、会いたい人には会うべき時に会えるという言葉がありましたが、確かに振り返ってみるとこう人生の大事な時に本当に必要だった人と会えていたなぁとか、不思議ですけれどもそういうのってありますよね。

武田徹:ありますよね。人に会う時は偶然会ったねって言うけどね、私は大体必然だと思っているんだよ。偶然の出会いってないんじゃないかなぁ。必然があって会うということの方が、その意味をより理解できるようになるんじゃないかと思うよ。

篠原憲文:確かに、何かそこには意味があるような気がいたしますね。

武田徹:意味付けする方がプラスになるじゃないですか。なんであの人とこんな時に会ったんだろうなと思うと、色々な可能性が見えてくることってあるじゃないですか。

篠原憲文:本当ですね。今年一年も本当に出会いに恵まれまして、そういう未来を感じる出会いもあって、ワクワクしながら過ごした一年でした。

武田徹:はい。来年もよろしくお願いいたします。そして良いお正月をお迎え下さい。

篠原憲文:よろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です