0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2020.07.18 おくりびとからのメッセージ「ポストコロナ時代のお葬式」

武田徹のつれづれ散歩道「おくりびとからのメッセージ」

武田徹:さて、つばさ公益社さんは樹木葬をやっておりまして、今日は見学会があるんですって?

篠原憲文:そうなんです。午前11時~14時の間で行うのですが、つばさで提供している西軽井沢霊園で現地案内をしています。先週一回目の見学会を行ったのですが、飛び入りでお越し下さる方も結構いらっしゃいました。気軽にご参加いただければと思っております。

武田徹:本日も樹木葬の見学会があるということです。参加される方は高齢者の方が多いですか?

篠原憲文:60代の方が一番多いですかね。

武田徹:じゃあ若者だね(笑)今60代って若者じゃないの?

篠原憲文:その通りですね。親の心配をしている方や、自分たちは今後どうしようと心配されている方が多いですね。

武田徹:まあ、今世間は中国武漢初の新型コロナウイルスで世界中が大混乱ということで、 全く経験のないことだから日本列島も大変だよね。

篠原憲文:そうですよね。どう生活していくのがいいか、普段通りの生活でも気を使う場面がありますから。

武田徹:当然だとは思いますが、つばさ公益さんでもお葬式に非常に気を使っておられるんでしょう?

篠原憲文:はい。ちょうど本日のテーマが「ポストコロナ時代のお葬式」ということで、お話したいと思っているのですが、実は現在進行形で葬祭業界にかつてないほど大きな変化が起きていまして。

武田徹:どんな変化なの?

篠原憲文:一番大きな変化は小規模化しているということ。

武田徹:まあ、やむを得ないよな。

篠原憲文:そして人を集めづらいので密葬化している。

武田徹:そっか。                                                                                     

篠原憲文:弔いの形が随分変わってきていまして。そして人が集まらないと食事やお花や返礼品といったような物が出ないですよね。

武田徹:ということは、そういう業者にも影響が深刻に広がってるということですよね。

篠原憲文:本当に深刻な影響が出ていると思います。鎌倉新書というところが行った業界向けのアンケートでは、4月、5月に関して言うと、葬儀業界全体で4割近く売上高が落ちていると。全体で4割落ちているというのは非常に大きいですよね。

武田徹:大きいよ。

篠原憲文:規模的にも、東京都内でいきますと、お葬儀の参列者が5~10名というのが主流だと。

武田徹:去年の今頃では考えられないよね。

篠原憲文:従前は東京都内の平均が30~40名だったようで、半減どころの話ではないですね。家族だけというのが主流化していると。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:地方はどうかというと、現在20名以下が主流だと言われてますが。

武田徹:どちらかというと地方の方がお葬式の出席者が多いよね。

篠原憲文:20人と言いますと、大体自分の家族、兄弟の家族、ギリギリ親の兄弟が来るぐらい。

武田徹:それでもういっぱいになっちゃうね。それ以前はどれくらいだったの?

篠原憲文:従前は50~60名ぐらいが平均だったようです。

武田徹:そうかも知れないなぁ。

篠原憲文:やはり減少傾向というのはずっと続いていたのですが、このコロナウイルスで時代が一気に5年ぐらい進んだと言われていて。

武田徹:ああ、そうなんだ。

篠原憲文:ちなみに、お葬式の参列者はいつ頃一番多かったのかという話もありますけども。

武田徹:過去を振り返って?昭和時代だろうな。30年代後半から高度経済成長期の40年代前半ぐらいじゃないの?

篠原憲文:その頃はお葬式が村、町の行事でしたが、人数という意味ではバブル期が統計上一番多かったようでして。

武田徹:じゃあ50年代終わりから60年代の時代だな。

篠原憲文:この頃、一般家庭で行う御葬式が平均で280名ほどの参列という。

武田徹:賑やかなお葬式だねぇ。

篠原憲文:一般で280名ということは、1000名ほどのお葬式も多かったということで。

武田徹:当時はそうだったかも知れないなぁ。

篠原憲文:現在はコロナの影響で5~20名の御葬式が多いのですが、特に厳しく人が集まらなかったのが、4~5月の期間で。

武田徹:緊急事態宣言出されてたもんねぇ。

篠原憲文:現在6~7月と段々戻り始めているのですが、4~5月に関しては9~10割が密葬だったんですよね。今でも8割くらいですかね。10人中1人が告別式をされるかどうかというのが現状ですね。

武田徹:そういうことですか。先程5年早まったんじゃないかという話がありましたが、そうなるとポストコロナ時代のお葬式というのはますます小規模化するということだよね。

篠原憲文:そういうことですね。親の兄弟やいとこに関して、かつては必ず出席したものですけれども、こういった付き合い方が変わってきていると感じますし、お葬式は以前というか今もそうですが、ご近所さんの手を借りて行いましたけれども。

武田徹:そうでした。

篠原憲文:こういうことがコロナ時代では厳しいというのが現状なんですよね。コロナ禍で非接触の御葬式というのが広がりを見せていまして、一番特徴的なのはオンライン化で。

武田徹:御葬式のオンライン化?

篠原憲文:その場に行かずに、スマホ、TV、PCという機器からお葬式に参加するということなんですけれども、非接触で非対面ですから安心ですよね。私どもでもつばさのお葬式ライブでお葬式のライブ配信を提供しておりますし、他社でもスマート葬儀、リモート葬儀など沢山コロナに対応したお葬式を提供しているようです。このお葬儀のオンライン化の利点は、その場に行かなくても立ち会えるということと、お悔やみのメッセージが送れたり。

武田徹:そうかそうか。

篠原憲文:香典をクレジットカードで決済して送れたり、電報、お花を届けることができるのですが、つばさのお葬式ライブを4月から提供していて思うこととしては、リアルなお葬式に取って代わることはないなぁと実感しております。

武田徹:そういうことか。

篠原憲文:なんというか、御葬式のライブ配信や非対面の御葬式をやっていて思うのですが、そこにあって、居るっていうことの意味って大きかったんだなと感じますね。

武田徹:同じ空間に存在するというのは、居るだけで何も言わなくても何か伝わるじゃないですか、人間というものは。

篠原憲文:背中で語るというか、言葉を発さなくても存在にとても意味があるのだと感じております。

武田徹:確かにそうですよね。まあ、そうはいったってコロナが収束した後でもオンライン葬儀があるかというと、これはちょっと違うかもしれないねぇ。

篠原憲文:そうですね、選択肢が増えるのはいいことですが、オンライン葬儀が主流になることはないんじゃないかとやってみて思っております。

武田徹:結婚式だって同じだと思うよ。やっぱり自分が本当にお世話になった人や自分の友達が結婚するとなったらある程度出席して、いやぁ~よかったねって言いたいじゃない。遠くで言うよりもね。

篠原憲文:やはり存在が表すものというのは誠に大きいものだったんだと感じるんですよね。このオンライン化というのは参列者、家族だけではなくて、実は僧侶のオンライン化というものがありまして、お経を画面越しにしていただくものの導入が進んできているんです。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:後は、お墓のオンライン化。人が新幹線に乗れない、移動できないという中で、田舎のお墓を遠巻きに確認できたり、お墓参りに代わるようなことができたりするものが、わずかな期間でドラスティックに新しいことが出てきているというのがありまして。

武田徹:なるほど。で、そのドラスティックの中で感じた篠原さんの感想は、人間の存在って大きかったんだなぁという。確かにそうだよね。

篠原憲文:ですから、弔いって何なんだろうって本質を見つめ直すきっかけになっている期間ですし、とはいえ4月5月のコロナ禍では、孫たちでさえお葬式に駆けつけられない、移動してはならないと言われていましたから、オンライン化も大変意味のあったことだったと思うのですが、引き続きサービスの改善をしていきたいと思うのですが、形式的な変化も起きましたし、日程的な変化ですね。

武田徹:ほお。

篠原憲文:コロナが流行ったことによって盛り上がっていることが2つあって。

武田徹:なんですか?

篠原憲文:一つは後日葬ということで、火葬だけをして例えばお盆あたりに家族だけで集まる人たちがいたり。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:二つ目は一日葬といいまして、かつては通夜、葬儀と2日かけて行ったものですが、通夜を行わず、お葬儀だけを行う。この一日葬というのが、わずか数ヶ月の間で2、3割増えてきているような体感ですね。

武田徹:なるほどね。そのぐらいコロナが与えた影響は大きいということですね。

篠原憲文:今も変化の渦中にありますし。

武田徹:そういうことですね。

篠原憲文:みんなどうやったらいいんだろうと模索しながらやっていますね。

武田徹:ということでございます。今日は篠原さんご自身の感想を交えまして御葬儀の変化をお話しいただきました。

篠原憲文:ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です