0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2020.09.19 おくりびとからのメッセージ「新店舗について」

武田徹のつれづれ散歩道「おくりびとからのメッセージ」

武田徹:いやぁ篠原さん、最近はお葬式も対面式でできないということで世の中随分と変わってきていますが、早速そういった要請、ニーズに応えて、新しい会社を2つほど作るそうですね。おめでとうございます。

篠原憲文:ありがとうございます。

武田徹:ちょっとその説明をしていただけますか?

篠原憲文:はい。今月の15日に社債というものを発行しまして、八十二銀行さんと八十二キャピタルさんにそれをお引き受けいただいて、投資していただく形で。

武田徹:なるほどなるほど。

篠原憲文:そういったお金を元にして、この度は東御市の東大屋店という家族葬ホールと、上田市中央の上田情報デスクという相談窓口を開設する予定です。

武田徹:なるほど、完成はいつ頃になるんですか?

篠原憲文:東大屋店は今年の12月オープンを予定しています。

武田徹:ということは、今盛んに作りつつあるということですか。

篠原憲文:そうですね、まさにこれから始まっていくような感じです。

武田徹:上田のほうは?

篠原憲文:上田情報デスクは早くて、10月7日から開業致します。

武田徹:この施設はどういった施設なんですか?

篠原憲文:こちらは海野町商店街という上田の中心市街地の中にありまして、相談をしたり資料を貰えるような場所になっております。我々は最低限で6万円~のお葬式を提供しておりますのと。

武田徹:6万円って安いよねぇ。

篠原憲文:あとは樹木葬霊園や海洋散骨といったものも、5万円~で提供していまして。

武田徹:ふ~ん。

篠原憲文:終末期に不安をお持ちの方って多いと思うんですよね。なので、我々はお葬式に備える葬儀保険といったものを提供しておりまして、例えば月々500円支払っていれば、もしもの時に30万円が当日届くような保険があるんです。

武田徹:なるほど。お葬式の保険っていうのもあるんだねぇ。案外、知られてないよね。

篠原憲文:新しい保険なので、まだ知名度はあまりないですね。

武田徹:でも、そういう保険があれば非常に便利だよね。

篠原憲文:こういった様々な終末期の不安を解消できるようなサービスを提供していますので、お葬式の相談ができる場所として上田情報デスクをオープンいたします。

武田徹:上田情報デスクへ電車で行くとしたら、どこの駅になるのかな?

篠原憲文:これは上田駅ですね。上田駅から歩いて3分くらいの場所にあります。

武田徹:へぇ、あの辺が海野町商店街って言うんだ。じゃあ非常に便利な所だね。新幹線でも行けるし。車の場合はどうですか?

篠原憲文:車で行きますと、海野町パーキングという30分無料で利用できる駐車場があるのですが、そこを利用していただければと思います。

武田徹:葬儀について相談したいことがある方は上田の情報デスクへ行っていただければ、色々と相談に乗ってくれるというわけだな。

篠原憲文:はい。

武田徹:定休日とかはあるんですか?

篠原憲文:営業時間は平日の10時~3時までで、土日祝が定休日になります。

武田徹:なるほど。お悩みのある方は是非上田情報デスクへお越し下さい。あと、12月開業の東大屋店はどういった施設なんでしょうか?

篠原憲文:こちらは元々ブティックだった建物を改装させていただいて、中庭のある、光の降り注ぐ式場で。

武田徹:ほぉ~。

篠原憲文:敷地も結構広くて、総敷地で1800平米くらい。建物で500平米くらいです。ご家族がゆっくり、プライベートな時間を過ごせるような式場を作っております。

武田徹:なるほど。しかも今までの式場とは違った雰囲気でお葬式ができるということらしいね?

篠原憲文:はい。実は私共、非対面サービスというものに力を入れていまして。

武田徹:非対面ですから、顔を合わせなくていいということだね。

篠原憲文:そうなんです。といいますのも、コロナ禍で駆けつけたくても駆けつけられない状況でも、離れた場所からお葬式に参加できる、お葬式のライブ配信といったサービスの利用もできますし、実は遅参して参加できるサービスもありまして。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:これはライブ配信用に撮った映像が、いわゆる初七日までの7日間保持されまして、例えばお葬式から1日~3日遅れても、その時の映像を見て追悼ができると。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:且つ、遅れたとしてもお花やメッセージ、香典なんかもクレジット対応でご家族にお届けしたりできるというような特徴がありますね。

武田徹:これは今までなかったようなお葬式ができるということだよね。

篠原憲文:そうですね。かつてはその日に会場へ行かなければなりませんでしたが、現在は様々な社会情勢がありますし、移動も難しい中で、離れていてもライブ配信で参加できる+7日間であればお葬式当日と同じように追悼することができる。我々が開発している葬儀ポータルという場所では、お花、メッセージ、香典を届けられる他に、追悼機能というものがありまして、写真のギャラリーに触れたり、生前中の動画を見たりする機能もあります。ですので、想いのある方がその期間偲んでいただけるという利点があります。

武田徹:そういった準備をするというのも結構大変なんじゃないの?撮影したりとかさぁ(笑)

篠原憲文:そうですよね。この葬儀ポータルは、すべてのお客様に無料で提供するサービスになっておりまして、いわゆる日程表のようなところにQRコードが付いていまして、これを家族が写真を撮ってメールなどで色々な人に送って、送られた人がそれを読み込めば離れた場所からでも追悼体験ができたり、香典が届けられたりするんですね。

武田徹:なるほどねぇ。こういうお葬儀屋さんって他にもあるんですか?

篠原憲文:まだ全国的に見て事例はないと思います。

武田徹:ということは、パイオニアだね。パイオニアってのはさ、まずアイデアを自分たちで作り出すのが大変なんだよね。ということは、他のお葬儀屋さんも取材に来るんじゃないの?

篠原憲文:そうですね。現在色々な方面から問い合わせをいただいております。

武田徹:そうでしょう。でも、普通の葬儀の形に戻る可能性だってあるよねぇ。

篠原憲文:そうですね。しかし、いつコロナ禍が終息するのかが見えないので、しばらくの間は非対面、非接触という選択肢を用意するというのが重要になってくるのではないかと思います。

武田徹:そうでしょうね。勿論、コロナが終息した暁には今までのような対面式のお葬式ができるようになるんでしょ?

篠原憲文:勿論です。

武田徹:ということは、まだ従業員を増やしたり、準備が大変なんじゃないですか?

篠原憲文:そうですね。何名かは決まっているのですが、これから従業員も募集していきたいと思っております。

武田徹:いやぁ、中々面白いですね。東大屋店をどういう施設にするかというイメージは、コロナが流行った当時からあったの?

篠原憲文:今年の1月に、こういう風にしたいという計画があったのですが、実はコロナの影響で計画をかなり書き換えたんですよね。

武田徹:そうなんだ。

篠原憲文:半年ほど準備してきまして、ようやく今回こうしてご報告できるような形になりました。

武田徹:今年の始めというと、コロナがこんなにすごくなると思っていない前に、そろそろ状況が違うぞと思って、早速新しいものに着手したと、こういうこと?

篠原憲文:はい。緊急事態宣言下にちょっと考えされられるような時間がありまして。

武田徹:そうだったよなぁ。

篠原憲文:この4~5月は特に、今後どうやっていくべきかということを考えまして、我々としては選択肢を用意して、選べる環境作りをしようということで、こういった取り組みを進めているような状況ですね。

武田徹:篠原さんもITだとか今のデジタルな分野に強いんだよね。かつてそういったところで働いてたことがあるんでしょう?

篠原憲文:そうですね、HPやWEBを作るソフトの会社にいました。

武田徹:最初からそういうソフトの会社に行きたいと思っていたんですか?

篠原憲文:そうなんですよ。私は、まったく無のものから人が熱狂するようなHP、WEBサイトを作る世界にすごく興味を持って。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:ですので、学生時代、私は次男でしたので、裸一貫何かやるとしたら、こういったプログラミングみたいなことで身を立てたいと当初思っていたんですよね。

武田徹:ほぉ~。だからそういうところに就職したと。

篠原憲文:はい。

武田徹:これがまた活きてきましたよねぇ。

篠原憲文:良かったと思います。やはり、お葬式というと、様々な不安があると思うんですよね。生前中でも勿論色々な不安があると思います。よく、死と太陽は直視できないということを申し上げるのですが、大切な人の様態が悪くなってきた時に、それを直視するというのは中々難しさがありますよね。

武田徹:はい。

篠原憲文:ただ、こうすればいいという方向性だけでも定まると、少し気持ちが楽になって日々生活ができることってあると思うんですよね。

武田徹:うん。

篠原憲文:ですので、我々はこの予防のための処方箋を情報という形でまず提供したいと思ってまして、知ると救われることって沢山ありますよね。

武田徹:そういうことですよね。

篠原憲文:実際我々は6万円でお葬式を提供していますし、自分でお葬式をするのであれば3万円以下でできるというようなDIY葬セットというものも販売しているのですが、まぁ、かつてとは葬儀の行い方も大きく変わってきて、選択肢が広がってきていると感じます。お墓も100~200万円ではなくて、5万円払えば色々な選択肢があるという状況もありますし、最近では0円でもできるものがありまして。

武田徹:そんなのもあるの?

篠原憲文:お骨を斎場にそのまま委託してしまえるような選択肢もあるんですよね。

武田徹:ほぉ~。

篠原憲文:やはり知識が身を助けることはありますし、安心を得ることもできるので、今回開設する上田情報デスクでは勿論無料で、なるべく有益な情報を提供しておりますので、もし気持ちが進めばご相談に起こし下さい。

武田徹:はい。上田の海野町にございますので、こちらでもご相談いただければということでございます。お話ありがとうございました。

篠原憲文:ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です