0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2016.12.17 おくりびとからのメッセージ「生死観」

武田徹:今日はどんなお話なんですか?

篠原憲文:今日は「死生観」についてお話していこうと思います。生き死にについてどう考えるかというのが死生観と言いますが、死というのは必ずしもマイナスな影響だけではなくて、死を意識することによって生きている時間がより輝くこともあるわけですよね。

武田徹:うん。

篠原憲文:国によっては死生観をある意味では学問として教えている国もあって、フランスの方では授業で扱ったりすることもあるようなんですが。

武田徹:死生学ですか。面白いねぇ。

篠原憲文:死への準備教育というような意味合いになるわけですが、今日日本では、死の準備教育というのがある側面で非常に求められています。

武田徹:本当はやったほうがいいと思うんだけどね。

篠原憲文:高齢化したり、亡くなる人が増えるということは死に接する人も増えますから。やはり死というのは多大なる影響を周囲にもたらしますよね。家族だけではなくて、医療機関の方もそうですし。そうした中で、その死の準備教育としての死生観という。まぁなかなかタブー視されていて、正面切って話すことが少ないのですが。

武田徹:だけど今から亡くなる方、病院が多いでしょ?我々が子供の頃は自宅で亡くなるのが当たり前だったからね。

篠原憲文:亡くなる過程を見る機会がありましたよね。

武田徹:これからますます団塊の世代が高齢化するにつれて、病院でも病床数が限られて、在宅医療と言われるのはそういう理由なんだけど、在宅で看取りをするケースというのが増えると思いますね。

篠原憲文:そうなると家族にとって死をどう受け入れていくかとか、やはり段階に沿って接していく中で最後のお時間を過ごすと思うのですが、そういった意味でも今日は死生観について見ていけたらと思います。死生観の1万人アンケートというものが手元にありまして、2016年10月のデータなんですが、1万人の方に対して死生観を様々な角度から問いかけたアンケートなんですが、まず年齢が非常に広くて、10~80代までの方のアンケート調査で、インターネットや直接聞いたりしたそうなんですが、「あなたは死を考えたことはありますか?」という問いかけに対して、考えたことがある人は65%くらい。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:で、ないという方が35%くらい。

武田徹:結構多いね(笑)やっぱ年齢によっても違うんだろうけどな。

篠原憲文:逆に10~20代が死について考えるようなこともあるような気がしないでもないですが。

武田徹:最近自殺する子供が多いじゃん。結構考えていると思ったんだけどね。

篠原憲文:そうですよね。意外に3割以上の人が考えたことないと言っているようなんですが。

武田徹:うん。

篠原憲文:その中で、「自分なりの死生観を持っていますか?」という問いかけに対してありますと言った方は10%に満たない。9.5%だったのですが。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:自分の死生観を持っていないという方が9割を超えているようでして。そもそも死生観ってなんでしょうというところですよね。

武田徹:そういうことですよ。

篠原憲文:宗教的な側面から見た死生観。つまり死の後にどういった過程を経て死を解釈し受け入れていくか、あとは哲学的な側面から見た、生き方としての死生観だとか、様々な角度から見れるものだと思うのですが、やはり唐突に死生観があるかと聞かれてもないと答える方が大多数だったようですね。そして宗教についての質問もあって、「あなたは宗教の信仰をしていますか?」という問いかけに対し、していないという方が66%くらい。

武田徹:ということは、宗教的な人も結構多いんだね。私は日本人が宗教的なことを考える人は少ないと思ってたけど、そうでもないんだなぁ。

篠原憲文:そうですね、特定の宗教の信仰をしているという方やどちらかと言うとしているという方は20%くらい。

武田徹:まあそんなもんだろうな。

篠原憲文:アンケート調査のときに、やはり表立って答えづらい側面もあるかもしれないんですけど、特定の宗教の信仰をしていないという方や、無信仰というか、無宗教の方々が半数以上いるということだったんですね。そして、「死後の世界って信じていますか?」という問いかけに対して信じていない方や、死ねば無になるんだと回答している方が3割くらい。

武田徹:ほぉ~。

篠原憲文:非常に物質的といいますか、唯物的な考えですよね。もしくは死後について考えたことがないという人も3割くらいで、逆に年齢が上の方がそう答えたり、直近で家族を亡くされたという方が非常に考えることがあるということだとか。先祖についての死後の世界について信じていて、こう普段から接しているよ、仏壇と対面したりしているよ、お墓参りしているよという方がいるようなんですが、非常に十人十色というか、人によって直近のテーマとして捉えている人もいれば、自分は関係ないと興味関心が向かない方と、非常に様々だと見て取れるのがこのアンケートだったんですけれども。やはり死を意識するというのはすごく大切なことですよね。特に死生観を持っている、もしくは死を意識しているんだというと、大きく3つの力が生まれてくると言われているんですよね。

武田徹:なるほど、どんな力ですか?

篠原憲文:第一に生まれてくる力というのが、時間密度というものでして、亡くなることを考えるとやはり逆算して時間を考えるようになりますから、そうすると時間密度が高まって、今の時間をより良く過ごそうとなるわけです。テーマを持って生きようとか、出掛けて色々なものを見ようとか、美味しいものを食べたいだとか、死を意識するとそういった考えが出てくるようですね。そして二つ目は使命感。

武田徹:はい。

篠原憲文:何に命を使うか、ということですよね。そして三つ目に逆境力。死を考えるというと非常に極端ですけれども、亡くなってしまったら無になると考えている方が3割いるぐらいですから、命をなくすくらいならこのくらいの失敗は気にならないというような逆境力というものが生まれてくるようなんですね。斯様なように、死というものを遠くに感じている人もいる中で、近くに捉えながら今を生きている時間をよりよく過ごそうと考えることは非常に大事だと思うのですけれども、昔から語られている格言で、これは経営者に向けての格言なんですが、経営者として大成するには3つの体験が必要で、そのいずれかを持たねばならぬということで。

武田徹:なんでしょう?

篠原憲文:戦争、大病、投獄の3つで、経営者として大成するにはこのいずれかが必要だと言っているんです。

武田徹:必要だって言ってるんだ(笑)これ、日本じゃないでしょう?

篠原憲文:これはヨーロッパの話ですね。

武田徹:そうだよね。

篠原憲文:これは死生観もしくは騎士道を語っているようだと。

武田徹:そうだろうねぇ、ヨーロッパでは江戸時代にずーっと戦争をやっていますからね。

篠原憲文:戦争の歴史が長いですもんね。その中で、そこを意識すると生き方が変わってくるんだという、端的な例だと思うんですがね。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:少しお伺いしてみたかったことがあるのですが、齢36のときに肝臓の病を患ったと伺いまして。

武田徹:昔から自分は健康だと思ってたのよ。カミさんもそう思ってたの。ところが36歳のときに、本当に疲れちゃってしょうがないというような状況になって、医者へ行ったんです。そうしたら、肝臓が良くないと。

篠原憲文:自覚症状があったんですね。

武田徹:もう疲れて疲れてしょうがなくて。朝から、箸が重いとかね。で、まず酒がうまくなくなってきたね。

篠原憲文:なるほど。

武田徹:酒好きだったんだけど、酒がまずくなって医者へ行ったら、血液検査で肝臓の数値が悪いからと。だけど忙しいだろうと言うんで、点滴を打ちながら、それでも4ヶ月くらい仕事を続けていましたね。

篠原憲文:なるほど。

武田徹:で、SBCの何周年記念という特番を担当したんですよ。15時間くらいの生放送をずーっと。

篠原憲文:15時間ですか!?大きな仕事ですね。

武田徹:でかい。テレビもやってて、それをやったら流石に疲れ切ってね、病院変えた。そしたら、すぐに入院しないと死ぬぞって言われて、さすがにこの「死」ですよ。死に直面したんだよ。

篠原憲文:うんうん。

武田徹:これはマズイなって思って、そこから二ヶ月間入院。

篠原憲文:二ヶ月間。

武田徹:そうです。でも、その二ヶ月間は今考えると本当にいい入院でしたね。

篠原憲文:働き盛りの二ヶ月間ですね。

武田徹:働き盛りの二ヶ月間だから、焦りもあるよな。同期の連中はバリバリ仕事してるでしょう。俺も今までバリバリ仕事をしていたという自覚はあったんだけどこれで置いていかれちゃうかなっていう思いってあるじゃないですか。

篠原憲文:ありますよね。

武田徹:それと同時に、今までの人生を振り返るということがなかったわけですよ。36年間。

篠原憲文:疾走してきたわけですよね。

武田徹:前っきり見てて。だけど、病気になるとじゃあこれからどうやって生きようとか、まさに死生観。どうしても考えるようになるんです。

篠原憲文:うーん。

武田徹:で、ひょっとしたら寿命が短いということもあるわけじゃないですか。

篠原憲文:当時、お医者さんにはなんと言われたんですか?

武田徹:命なくなるぞーとは言われたけど、長い間病院にかかれば必ず良くなるからということは当然言われるよね。

篠原憲文:だけど考えちゃいますよね。

武田徹:うん。今までのようには無理だと。で、36ですからあとどのくらい生きるか分からないというわけで、過去を振り返ると、勉強を全くしていないことに気がついたんだよ。

篠原憲文:うーん。

武田徹:大学時代はジャズに影響を受けてあっちこっちで演奏旅行やってたんだよね。だったら好きなことをやりたいなーって思って歴史の本なんかを読もうと思って。これは受験用の歴史じゃないから。信長とか秀吉とか好きな人物っているじゃないですか。歴史の好きなものからやろうと思って本を読むようになってね、退院してからも例えば徳川家康なら関ヶ原。じゃあ、関ヶ原行ってみようと。で、ここに家康がいて向こうに三成がいたんだなぁとかね。竜馬も好きだったから竜馬のお墓に行ってこようと。

篠原憲文:その行動も、健康な状態では考えなかったかも知れませんね。

武田徹:考えなかったね。で、そういうことをするうちに歴史が非常に好きになって、そういった先代の人たちの本をたくさん読みましたよ。だって過去を知るには本を読むしか無いんですから。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:で、いろんな生き様を知ってはなるほど、素敵な生き方をする人がいっぱいいるんだなぁと思って、じゃぁ俺はどういう生き方をしていこうかと考えるいいきっかけになりましたから。病っていうのは必ずしもマイナスではないんだよね。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:というのが病気になって一番の収穫だったね。

篠原憲文:本当に貴重な二ヶ月間だったのかも知れませんね。

武田徹:普通は全く休めないもん。

篠原憲文:休みを貰えないですよね。

武田徹:貰えないもの。ええ。

篠原憲文:強制的に休まされるというのも中々辛かったと思いますがね。あの、流されない生き方をしていく時に死生観というのが非常に船で言うイカリになるんだと。

武田徹:ああ。

篠原憲文:自分の軸足をどこに置くのかという時に死生観を持つと流されないと言われているそうなんですけど、人生を見る時に、生死の深みにおいて自分を振り返るというもの、死生観ですよね。そして若い方に向けた言葉なんですが、「世界観を持ちなさい」という。

武田徹:なるほどね。

篠原憲文:田坂さんというビジネスの本を書かれている方で、ビジネスの三冠ということで、死生観を持つこと・世界観を持つこと・歴史観を持つことが大事なんだと仰っていて、先程の武田先生のお話もそうですが、歴史の深さや流れから学ぶことって多いですよね。

武田徹:ほんとそうだよね。人の人生っていうのは先達に学ぶしかないじゃないですか。

篠原憲文:そうですね。身近な家族や歴史の人物から様々な生きた時代が見て取れますよね。やはり死生観を意識するというのは人間特有のものではないかというのがあって。

武田徹:動物はまずないだろうなぁ。死生観は持ってないと思うよ。

篠原憲文:自分は死すべき存在なんだというのを死の間際や病になっていなくても気づけたりもしますよね。動物で死生観を持つのは唯一人間だけではないかと言われているようですね。死を考えて逆算していくことで今の時間が変わってくるというのを改めて感じました。

武田徹:是非聞きたいことがあるんだけど、篠原さん、今年は如何な年でした?

篠原憲文:先日、妻と12月ということで今年の漢字を夫婦で話したんですよね。

武田徹:ほぉ、なんだね?

篠原憲文:僕は変わるの「変」という字で。

武田徹:なるほどねぇ。

篠原憲文:妻は動くの「動」という字だったんですけど、私それを見て反省したんですが、今年引っ越しを4回しまして、非常に苦労をかけたなぁと思いまして。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:ちょっと腰を据えて仕事ができたらいいかな、と思いますね。忙しかったなぁと思います。

武田徹:私は今年の漢字ってなんだろうなぁって考えたんだけど、「常」だね。常に変わらずという。

篠原憲文:なるほど。

武田徹:去年と変わらないと思う、俺は。

篠原憲文:でもそれはそれで非常に貴重なことですよね。

武田徹:変動と真逆な感じですが(笑)

篠原憲文:そうですね(笑)

武田徹:というわけで、来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。

篠原憲文:ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です