0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

おくりびとからのメッセージ  「政治と健康」


武田徹: 今年は特に寒い冬でありまして、冬は本当に亡くなる方も多ございますなぁ。


篠原憲文: 本当ですね。この2月も例年2月1月はわりかし多いようですね。統計上も2月は少し減ったりするようですが、亡くなる方が多かった気がします。

武田徹: つばさ公益社も発足して間もなくでございますけれども、なにかお知らせがあるそうですね。

篠原憲文: そうですね。昨年末12月につばさホールというホールが佐久市の方にできたのですが、実は非常に大きな反響をいただいてまして。

武田徹: 有り難いねぇ。

篠原憲文: 本当に有り難くて。自宅を使わないお葬式を専門的に提供する施設ということでオープンしたのですが、その中で定額のお葬式というプランで158,000円とか198,000円とか。

後は総額のお葬式といって、ご家族参列の方10名程で、お食事引き出物から火葬場のご利用から霊柩車から全部入っていて298,000円や398,000円。

こういう定額商品というのをスタートしたのですが、非常に多くの反響をいただいておりまして、必要として下さる方が沢山いらっしゃるという感じでした。

武田徹:これから団塊世代の皆さん方、皆ご高齢化するでしょう。ご商売をやっている方は大掛かりな葬儀も必要かもしれないけど、そうじゃない個人は本当にこぢんまりとした、しかしいい葬儀をやりたいというのは凄く私は需要あると思いますよ。

篠原憲文: そうですね。お問い合わせが沢山寄せられて、非常にご期待が大きいんだなと感じていまして、より良いサービスを提供していきたいと思っております。

そして今回は、終活について知ってるとか聞いたことがある人は年々増えてるのですが、実際準備してる人はまだまだ少なくて。

武田徹: だと思います。

篠原憲文: 最近行った調査でも、実際に行動している人は10%前後ぐらいで、知っていても10人に1人が何かするかなぁという感じらしくて。

因みに終活で実際にやった事をお伺いしたアンケートがでは、第1位が持ち物整理だそうです。

武田徹: 断捨離なんていう言葉も流行ってるぐらいだからね。

篠原憲文:そして2位がエンディングノートを買うということで、同時に行われているアンケートで終活を始めて専門家に聞きたいことというアンケートの1位が、エンディングノートのまとめ方が挙がったのですが。それを書けば自分の意思が家族に伝えられるのではないかということなのですが、実際に書き始めてみると実に色々とケアしないといけない事など出てきて、介護の面や相続の面だとか、他にもこれをどうやってまとめたらいいのかと、色々知識が必要になるようなことがあると思うのですね。

後は、専門家に聞きたいことで意外と皆さん悩んでいるのは、2つ目に片付け方。要はどこまで片付けていいかという事もお悩みの種の様です。

後最後にご紹介したいのは、死ぬまでにしたいことアンケートがあったのですが、1つ目は生きてる内に持ち物の整理をしたいと。2つ目が身近な人と楽しい思い出を作りたいという。

武田徹: いいねえ、本当にそうだと思いますよ。

篠原憲文: やっぱりその元気なうち、健康なうちに大切な人とね。

武田徹: もう一度会いたくなるじゃないですか。やや遠くの人とも少し無理して1泊2日の旅をして、旧交を温めてこれが最後かもしれないみたいな挨拶したいっていう人、私だっているよ、結構。

篠原憲文: そうですよね。やはりいつまで自分の寿命はあるのだろうと意識すると、そういう時間の過ごし方をしたいと思いますよね。

3位は旅行をしたいということだったのですが、是非皆さんもお出かけになって下さい。きっと楽しいと思います。

それで今日のテーマは「政治と健康」ということでお話したいと思っていまして。割と政治と健康って関係が無さそうに思うのですが、 ドイツの病理学者の方が 「政治とは大規模な医療に他ならない」。

武田徹: 面白いこと言ってるね。

篠原憲文: 政治とは医療であるというような言葉を残していまして、例えばWHO。

武田徹: 世界保健機関か。

篠原憲文: この定義している健康とは何かというところがあるのですが、健康とは身体的・精神的そして社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱であるということではないのですね。つまり健康というのは、心も体も、そして社会的にも良好的な状態を指すと言っているのですが、意外と社会的という要素が昔から健康的という言葉に入ってるそうですが、健康には社会的な決定の要因があるというのですね。何となくイメージが付きづらいので。

武田徹: 具体的にはねえ。

篠原憲文: これを紹介するのにとても分かりやすい寓話がありまして、これはカナダの公衆衛生機関でよく話されている寓話ですが、「どうしてジャクソンは病院にいるの?」という短い話がありまして。

「どうして ジャクソン は病院にいるの?」
「それは彼が足にひどい感染を起こしたからだよ。」
「どうして ジャクソン は足に悪い病気があるの?」
「それは彼が足を切ってそこから感染したんだよ。」
「どうして時その足を切ってしまったの?」
「それは彼がアパートの隣の廃品置き場で遊んでいたから、そこには尖ったギザギザの鉄くずがあったからなんだよ。」
「どうして ジャクソン は廃品置き場で遊んでいたの?」
「それは彼が荒れ果てた所に住んでいるからだよ、そこの子供たちはそんな場所で遊ぶし、誰も監督していないんだ。」
「どうしてそういう所に住んでいたの?」
「それはね、彼の両親がもっといいところに住む余裕がないからさ。」
「どうしてもっといいとこに住む余裕がないの?」
「それは彼のお父さんが仕事がなくて、お母さんが病気だからね。」
「お父さんに仕事がないってどうして?」
「それは彼のお父さんはあまり教育を受けていないんだ。それで仕事が見つからないんだ。」

という寓話なのですが。

武田徹: なるほど。

篠原憲文: いかにして健康が環境に依存してくるか、そしてその社会構造や政治がいかに健康に影響を与えるかという説明をする短いお話しですが。裕福で民の分布が公平な社会に住んでる人達は概ね健康なのですね。ただ、どのような社会においても、社会的な地位が低かったりすると平均寿命が短くなったり、疫病が蔓延することがあるみたいですね。

極端な例かもしれないのですが、先進国においても、例えばホームレス、家が無いという状況に置かれている人達は、そうでない人に比べて40倍も死亡リスクが高いと言われるのですね。なので健康といった時に体の健康や心の健康というのは、社会的な健康状態という。社会も整って初めて健康な状態になるということですね。

武田徹: なるほどねぇ。今のお話し聞いていて、昔は貧困というのが一番の大きな問題、勿論今の日本でも格差の問題とかあって、貧困もあるんだけれども、日本も随分違う社会になりつつあるなと。食い過ぎで健康を壊す人がもの凄く多いんだよ。

篠原憲文:そうですね。

武田徹: これは、本当に困った問題だね。

篠原憲文: 一度上がった基準が下がらないとかで、若い頃の習慣が直らないこともありますよね。逆に、貧困がどうしても高カロリーな物を摂りやすい生活になるんですね。

武田徹: そうですね。アメリカで出ていて、貧困層というのはしょっちゅう近くのコンビニとかそういう所でしか食事ができないと、非常に栄養バランスが良くなくて肥っちゃって、それで貧困の方が太っちゃうっていう奇妙な現象が起きてるって話も聞いてますねえ。

篠原憲文: そうですよね。肥満は裕福な象徴だったと思うのですが。

武田徹: 今逆なんだよね。

篠原憲文: そうですよね。ある意味そういう方達は健康というところから非常に遠いところにいるかもしれないのですが、実は健康は非常に得難いもので、自分の努力によってだけでない部分も大いにあって。その中で自分にとって社会的な健康をどうやったら維持できるのかというところでいくと、健康の決定要因で社会的な健康を保つ大事な要素の1つに、社会との繋がり、接点というのがありまして。

武田徹: そうだね。

篠原憲文: いくつになってもどこかに所属していて、誰かの役に立っていて、そして自分としては目的を持って生きられるという事が自分の社会性を保ったり健康でいる事にとってとても大事な様ですね。

武田徹: これは高齢化社会では非常に重要なポイントだろうね。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: お年を召されても社会との繋がりを密接に持つことができるかどうかによって、自分の健康の度合いが変わってくるってことだよね。

篠原憲文:大いに健康寿命に社会との関わりが関係してるそうですね。その意味では教育もとても社会的な健康にいいらしいので、ある意味で生涯学習というか、色々な所に出かけて行って同じような仲間たちと勉強するという、これが実は凄く複合的に良い効果がありそうだということで。

武田徹: ラジオをお聞きの皆さんもラジオを聞くのもいいんです。そして外に出ましょう。

篠原憲文: そうですね。

武田徹: そうしていろんな方とお会いして話をすると。非常に健康に繋がることですからやって欲しいね。

篠原憲文: そうですね、是非とも外へ出かけて交流を深めていって下さい。

武田徹: 今日は政治と健康でそういったお話しをしていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です