0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2020.08.15 おくりびとからのメッセージ「終活の意味について」

武田徹のつれづれ散歩道「おくりびとからのメッセージ」

武田徹:ちょうどお盆ですね、篠原さん。

篠原憲文:そうですね。しかし例年のお盆とは様相が変わってきていまして、ニュースではオンラインによる法事ということで、例年であれば檀家の方や今年の新盆の方たちが集まって法要するところを、遠隔からの参加という形で、お寺のオンライン化のような形ですよね。

武田徹:やっぱり変わってくるねぇ、世の中は。

篠原憲文:変化のスピードの速さも感じますよね。

武田徹:本当にそうですよね。

篠原憲文:お盆の前にお寺のオンライン化もニュースになりましたし、あとはお墓のオンライン化といいますか、実家に帰省できない方向けに宗教法人や霊園管理の方が手入れをして、遠隔でお参りができるようにすることが行われていますね。

武田徹:それからお墓の掃除に行かれない方、タクシー会社が委託を受けて実際にお墓に行って綺麗にしてお花を添えてくるという。しかも写真やオンラインでその状況を依頼人にお見せするというサービスもあるみたいだねぇ。

篠原憲文:なんというか、時代に合ったサービスですよね。体験したことのないコロナ禍でみんな手探りの中ですけど、この比対面、非接触の弔いというものが徐々に始まってきていますよね。

武田徹:特にこのコロナ禍で一気にそういうものが進んだという感じがあるよね。

篠原憲文:そうですね。以前はオンラインでの供養というのがやはりイロモノのような、不謹慎さを感じさせるものでしたけど。

武田徹:確かにそういうのありましたよね。

篠原憲文:今の環境下ではそういうものが自然と受け止められて、そういうのも必要かもしれないね、というような大きな環境の変化が起きていますね。

武田徹:まあ、世界的にこういった病気が蔓延すると世界の様相が一変するということを今我々はその端境期というか、現に目撃しつつ生きているという感じがするよね。

篠原憲文:本当ですよね。歴史の教科書に載るような転換点にいると感じます。今日はお盆ということで帰省されている方、できなかった方、様々な思いで過ごされていると思うのですが、こんな中で終活のお話をしたいと思っていたのですが、昨晩ニュースで渡哲也さんが。

武田徹:亡くなられましたね。

篠原憲文:少し気になって調べてきたのですが、渡さんはご自身の意志で自分のお葬式が終わるまでは知らせてくれるなと奥様に言っていたようで、10日に亡くなったようですが、昨日の14日にお葬式が終わったところで公表したそうなんですね。

武田徹:しかもお別れ会のようなことはしないということらしいね。

篠原憲文:葬儀もお別れ会も社葬も行わないということで、これがご本人の意思だったようなのですが、どうも話の経緯からすれば9日に緊急入院をされて1日という短い中で旅立たれたようなんですが。

武田徹:肺炎ということだよね。巷に広がっている話ではね。

篠原憲文:ある程度ご本人が認識されていた中で、おそらく準備もされていた中での旅立ちだったんだろうなぁというのが感じられまして。といいますのも、今年に入ってニュースになった石原プロダクションの解散。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:本来でいけば石原裕次郎さんがお亡くなりになった時に石原プロは解散するんだというように本当は話していたそうなのですが、それ以降三十数年続けてこられたのは、奥様をお守りするためだと言われていまして。

武田徹:なるほどねぇ。

篠原憲文:奥様のまき子さんの生計を立てていくために石原プロダクションを引き継いでやってこられたようなんですが、実はここに昨年変化があったと。

武田徹:うん。

篠原憲文:2019年に石原裕次郎さんの33回忌を総持寺というお寺で行われたようなんですが、この33回忌の席でまき子さんが、これで石原裕次郎さんの弔いについては弔い上げにするんだということで、例年とは法要の形も違ったのが昨年だったようなんです。

武田徹:ふーん。

篠原憲文:そういった中で今回渡さんが亡くなったという発表がありまして、石原プロダクションは来年1月16日が解散の日ということなんですが、最期に道筋を整えて、自分自身の旅立ちについても奥様にお伝えして、おそらくご自身の死後の家族のライフデザインといいますか、相続関係もある程度整えられてお旅立ちになったんだろうなぁと推察しましたね。

武田徹:しっかり計画をお立てになって、立派と言えば立派ですよね。

篠原憲文:そうですね。おそらくというところではあるのですが、渡さんは2017年に弟の渡瀬さん。

武田徹:亡くなられましたな。

篠原憲文:72歳で先に弟さんがお旅立ちになられていて、ご本人は2015年から癌の関係で闘病していらっしゃったり心筋梗塞の手術をしていらっしゃったりという中だったので、おそらく色々お考えになった中での最期だったんだろうなぁと思いますね。

武田徹:そういうことですね。でも、これだけしっかりと道筋をつけて亡くなる例っていうのは珍しいんじゃないかなぁ?

篠原憲文:そうですね、難しいことですし、珍しいことだと思いますね。ただこれからの時代に関して言えば、所謂シニアの方たちでアクティブシニアと言うんですかね、渡さんもそうでしたけど、とても78歳に見えないくらいお若い印象がありましたけれど、今お若い70~80歳の方って多いんですよね。

武田徹:はいはい。

篠原憲文:ですからこうした方たちが以前にもまして自分自身の最期を考えるようになってきていて、やはり2~30年前って長男とか跡継ぎが考えることだということで、割とそういう雰囲気多かったですよね。

武田徹:はい。

篠原憲文:道筋をつけるという意味では当事者が割と健康なことが多いのでそうなってきたのかなぁと思いますね。

武田徹:しかも当事者が元気な時に自分の終活の道筋を周りの方々にしっかりお伝えしておくと。リビング・ウィルじゃないけれども。そういうのが一般的になりつつあるよね。

篠原憲文:そうですね。とてもいい傾向にあると思います。といいますのも、よく平均寿命と健康寿命という話がありますが、例えば男性でいくと平均寿命が約81歳くらいと言われていますが。

武田徹:そうです。

篠原憲文:男性の健康寿命というと72歳くらいという。

武田徹:10年くらいの期間だよね。

篠原憲文:ですから誰にとっても終末期のプランというのは必要なもので、いずれ人手を借りながら生活していく時間というのが誰にとってもやってくるので、個々の計画を立てるということですね。終活にあたってまず一歩目に、何をしたらいいんだというところなんですが。

武田徹:はい。

篠原憲文:まずパッと思い浮かぶのが遺言を書くとかだと思いますが、これだと不十分だというところがありまして。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:遺言というのはあくまで亡くなって初めて効力を発揮するので、終末期の医療、生活、生きている内のお金の問題というのは、亡くなってからの話よりも批准が多くなっているところがあると。ですので、遺言書を書くといいますか、ご自身のエンディングプランを書くというんですかね。亡くなってから先のことは非常に重要ですし、残された家族の為の道筋をつくるという部分では遺言を活用しながら。ただ、一歩目にやることというのは生前中の環境整備ですね。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:環境整備とお伝えしましたが、これこそが終活の到達点だと私は思っていて。

武田徹:具体的にはどういったことなんですか?

篠原憲文:まず、自分の健康、医療について、もしもの時に誰に相談すればいいかという窓口を確保しておく。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:これはかかりつけ医の先生であることもありますし、場合によっては自治体の包括センターであったり、地域のケアマネージャーがあたるかも知れません。他には、生活のことでいくと人手が足りず助けが必要であれば介護関係の皆さんであったり、社会福祉協議会であったり、住民課、生活課というところへの相談が必要かも知れませんね。あとはお金の心配で、全て自分が健康な中でお金の管理ができるとは限らないので。

武田徹:そうなんですよ。

篠原憲文:場合によっては後見人やリーガルサポートのような支援について具体的に話を進めなくても、誰に話を聞けばいいのか話をしておく、この環境整備が大事だと。あと、終末期が誰しもやってくるものだとして、スピリチュアルペインという、死と相対した時に生まれる心への痛みというものがあると。

武田徹:スピリチュアルペインと言うんだな。

篠原憲文:これは意識的に感じなくても身体を蝕むことがあると。朝起きてなんか元気が出ないとか、曇りの日は気持ちが落ちてしまうんだとか、具体的な症例がなくてなんとなくの調子の悪さで発現することも多いと。特に高齢男性で周囲にコミュニケーションが取りづらい状況にあると、きたしやすいと言われるのですが。例えばもう少し気軽な感じでメンタルヘルスといいますか、精神科のようなところにかかって、気軽に行ってちょっと話をしてみるというのも男女問わず重要なことだと思います。

武田徹:そういう人を用意するのも結構大変だよな。探すのもね。

篠原憲文:確かにそうですね。適切な窓口を見つけてそこに聞くという。例えば武田先生であれば困ったことがあれば一旦私のところに電話していただければ(笑)

武田徹:(笑)

篠原憲文:色々な状況に応じてここに聞けばいいかも知れないと行動できたり、ご家族にアドバイスができたり。なので、全ての窓口を一手に自分で管理するというか、どなたかお一方信頼できる方や、いろんな手を借りながら準備するということです。

武田徹:なるほど。しかし自分の終活って言葉では簡単に言えるけれども、実際にやるとなると…実際にやる人って少ないんだろうなぁ。

篠原憲文:そうですね、手を動かして始める人というのは中々少ないのですが、そんな中で今回の渡さんのニュースというのは、立つ鳥跡を濁さずといいますか、生き様として美しいなぁと感じました。

武田徹:かっこいいよね。そういう先輩もいるので、我々世代としましても、その時期が迫っていますからこういうことを真剣に考えていかなければならないということかと思いますね。ちょうどお盆で家族揃っていらっしゃるだろうから、そういう話をしてもらうといいよね。

篠原憲文:是非。私もできるところでお力になりますので、なにか心配があればお気軽にお問い合わせください。

武田徹:いつものように篠原さんのお話でした。ありがとうございました。

篠原憲文:ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です