2014.01.18 おくりびとからのメッセージ「相続税」

【武田徹(以下:武田)】おくりびとからのメッセージ。つばさ公益社の篠原憲文さんです。よろしくお願いします。

【篠原憲文(以下:篠原)】よろしくお願いします。

【武田】今年最初の放送ということですが。篠原さん、今年の抱負というか、こんなことやってみたいとか、こういうことに注意したいとか、どんなことでしょう?

【篠原】はい。今年は風邪をまずひかないようにということと。

【武田】去年、だいぶひきました?

【篠原】そうですね、わりかし毎年風邪ひくんですけど。

【篠原】今年はね、まだ0歳の娘もいるので。うつしてもいけないので。

【武田】しおりちゃんでございますよね。

【篠原】はい。そうです。

【武田】どうしてもね、子供がいると、例えば小学校行ったり、幼稚園に行ったりなんかすると子供から大人がうつるとかね。大人が持ってきたのを子供にうつるとか、家族中風邪ひいちゃうケース多いんだよ、結構。

【篠原】そうですね。学校は特に集団生活始まると気を付けること多いですよね。

【武田】そういうことですね。ラジオお聞きの皆さんもひとつ今年はね、健康で風邪をひかないように1年お過ごし頂ければと思います。さあ、篠原さん、この前、相続税の色々なお話して下さいましたよね。

【篠原】はい。そうですね。今回も前回に引き続き、相続税についてお話しようと思っています。相続税っていうのはですね、実はこれ、ない国も未だに結構あるんです。

【武田】あ、どの辺りがないのかね?

【篠原】例えば、近くで行けば、中国は相続税がない国ですし。

【武田】なるほど。相続するっていっても個人の土地じゃない、共産圏だからね、国の物だからね、あれ。借りてることになっているんでしょ。個人が。

【篠原】恐らく。財産がどう管理されているかあれですよね。お近くという意味では、あの、オーストラリアとかニュージーランドも無いです。

【武田】お、なるほどね。

【篠原】カナダもスウェーデンも無いですね。

【武田】あら、面白いもんだね。

【篠原】日本でちなみに相続税が初めて導入されたのが、昭和25年って言われてるんですけれども。

【武田】あら、そんな後だったの?

【篠原】そうなんですよね。

【篠原】恐らくお葬式もそうですけれど、家の在り方とか、地域の風習とか。家とはこういうものだという、昔は家督の相続だったんでしょうね。

【武田】そう、家督だよね。えぇ。

【篠原】そういう事情を鑑みて、いわゆる税金という形が導入されたのが、そのころだったということですね。

【武田】なるほどね。

【篠原】ちなみにですね、昭和25年当時の相続税というのは最高税率75%というですね。

【武田】ほとんど取られちゃう。

【篠原】ほとんど取られてしまうという。

【武田】つまり、国家財政が疲弊していたからまずそこから取ろうじゃないかと。そういう発想だな。

【篠原】そういう時代があって、今日までに4回ほど改正されてきているんですけどね。前回の話にもあったように、来年2015年1月1日からまた変わるということなんです。相続税というのは、現実的な話もそうですけど。あ、そういうこともあったよね、という、背景をちょっとだけ触れてみたかったんですよね。

【武田】はい、はい、はい。

【篠原】冒頭にその相続税が無い国がある。という話がありましたけれども。有名な話はやイギリスなんですね。

【篠原】イギリスっていう国は、伯爵だとか貴族だとか、そういう国王がいるような国ですけれども。

【武田】今も貴族あるからね。

【篠原】あ、そうなんですよ。

【篠原】と言いますのも、それが維持できる背景があって。1974年まで相続税というものが無かったんですね。

【武田】なるほど。

【武田】大変だもんな、貴族って相続税払うのも。

【篠原】きっとそうだったんでしょうね。

【武田】ものすごく広大な領地を持ってるもんね。 

【篠原】ですから、貴族は生まれながらにして貴族で。

【篠原】それがずっと継承されてつい最近までですね。そういう環境があったということなんです。ちなみに、相続税っていうのは自分にはあんまり関係ないよね、と思う人が多い。実際その数字の裏付けもありまして。この日本において、相続税というのはそもそもどのくらいの人が納めているかというのがあるんですけれど、まあ、20人に1人ぐらい。

【武田】なるほど、20人に1人ぐらい。まあ、財産やお金無きゃね、負債も相続税になるんだろうね。

【篠原】そうなんです。

【武田】ここが怖いとこなんだよね。

【篠原】そこも怖いところ。事業なんかやってると大変なんです。

【武田】そうなんでございますよ。

【篠原】相続税は、4%から5%ぐらいの人が納めていると言われているんですが。ちなみに、何に課税されているんだろうと、国税庁からの資料を見てみたんですが。

【篠原】ほとんどの場合、相続掛かっている人の約半分は土地に課税されているということ。これ、長野に住んでいるとあんまり実感しないですね。やはり、東京の例えば六本木だとか、銀座とかですね。

【武田】大変高価だね。

【篠原】そういうところに土地を持っている人は多分、きっとすごく大変なんだと思いますね。

【篠原】しかも、納める時は基本現金で納めますよね。

【武田】そこなんだよ。

【篠原】まあ当然、物納も出来る法律もあるようですが。まあ、土地に課税されている人っていうのは半分ぐらいは。

【武田】東京に昔から住んでいる方がさ、自分たちで土地上げた訳じゃないんだよな。周りが商業地だとか非常に住みやすくなって、どんどんどんどん土地が高騰しちゃうでしょ。結局、相続するときに税金払えないから売らざるを得ないんだよね。で、どんどん、どんどん小さくなってってね。 

【篠原】分筆してね。

【武田】そうなんだよ。それはねえ、都市の1つの在り方として、如何なものかという意見も出たことあったよね、確かに。

【篠原】そうですよね。先祖伝来の、言ってみたら住み慣れたというか大切にしてきた土地だったりと思いますが。その土地の課税というのが多くて。

【篠原】ちなみに家屋ですね。家に課税されてって人は結構少なくて5%くらいなんです。土地と比べて、建物というものは毎年価値が減ってくんですよね。

【武田】はい、はい。えぇ。

【篠原】そういうことも関係していると思うんですけど。相続税というものはちょっと自分からは遠いなと思ってる人が多かったんですが、これが今年いっぱいで法律が変わって。いわゆる40%ぐらいの、言い換えれば、値上がりになるという。ことだったんですよね。

【武田】へっへっへっへ。(笑い声)

【武田】なるほどね。これ本当にいい事かどうか知りませんけど。私も取材してね。あ、「落ち葉焚き」という歌、知ってます?

【武田】たららら、たららら、たらららら。ってね。あの時代。あれはね、東京の新井薬師前という辺り。西武新宿線の。それが発祥地というかそこで作られたもので。当時、武蔵野の面影がありましてね。私も20年前くらい取材に行ったときは、でかい欅の奥にあって広大な土地を持っている人がいるんです。現実に。で、ペリーが来た頃作った家というのがまだあって。びっくりしちゃったんだけどさ。

【篠原】えぇ。文化遺産のような感じですね。

【武田】文化遺産ですよ。ところが、遺産相続になるとさ、切り売りしなきゃいけない訳じゃん。だから、木も全部切っちゃうのね。

【篠原】はあ、なるほど。ちょっとそれは。

【武田】そのようにしてね、東京の裏町のとっても景色のいい、植物があるようなところが相続税の為にズタズタにされていくという現実を知ってね。いったい相続税って本当に今の在り方って正しいのかね。って俺は思ったんだな、その時に。

【篠原】そうですね。

【武田】これからますます厳しくなるね。そうなると。

【篠原】ますます上がっていく傾向にあって。というのが、社会保障費がたくさんかかってますよ。という中で、消費税をあげるとものすごいお金持ちから、日々ちょっと困るような人まで総じてみんな取られてしまうと。
それで相続税だったらいいだろう。という。

【武田】はっはっは。(笑い声)

【篠原】上がってきているという感じですね。ある人によっては、もう相続税100%で良いなんていう議論がされているぐらいということで。

【武田】ほっほっほ。(笑い声)

【篠原】ちょっとなんというか考えものでは。と思うんですよね。

【武田】なるほど、なるほど。

【篠原】相続という話をしてきまして。結構最近、関心が高まって良く聞かれることというのがあるんです。この間も少し触れたんですが、よく寄せられる質問をちょっとご紹介したいところがありまして。武田先生、先程おっしゃられたように負債とか。借金ってどうなるの?という話です。

【武田】そう、その実は借金もね。相続されるという。恐ろしい事ですよね。

【武田・篠原】2人の笑い声

【篠原】恐ろしい事なんですが。

【武田】俺に相続権寄こせって言ってね、調べてね、借金もあったらそれやめたほうがいいと思うよ。って思っちゃうよね。

【篠原】そうですね、目に見える借り入れだけなら良いんですが、例えば、消費者金融とかだと見えずらかったりということもあって、問題になるんです。

【篠原】おっしゃるようにプラスの財産の他にマイナスも相続になるという。良く聞く話でマイナスが大きすぎてちょっとこれはもう相続難しい、という場合は放棄というのがありましたよね。ちなみにこの相続の放棄というのは、相続が開始されて3ヶ月以内に。

【武田】3ヶ月以内なんだ。

【篠原】はい。申し出ないとできないっていう。

【武田】なるほど、なるほど。

【篠原】家庭裁判所に行ってするんですが。相続放棄っていうのは良く聞きますよね。あとは単純承認といって負債も丸ごと相続するよというのもありますし。実は、あまり知られてないんですが限定承認というのがございまして。

【武田】なんなんですか、それ。

【篠原】例えば、借金がたくさんあってとても全部は負えないけれど、父親の名義の家だけは残したい。畑だけは残したい。というときに、家や畑の価値分だけの負債は支払います。という一部の財産を相続して、大半の部分は諦めざるを得ないとか、そういうことも中にはあるんですね。

【武田】なるほど、なるほど。しかし普通、我々生活していて相続のこと考えてる人ってあんまりいないからね。

【篠原】そうですね、ましてある意味では自分は関係がないと言ってしまったら、あれですよね。

【武田】そういう風に思ってるよ。大体は。

【篠原】亡くなってしまったら要は遺される人は関係しますけどね。何と言いますか。なかなかそこまで備えをしてという人は相当な資産家でなければ無いかもしれない。

【武田】でしょうね。

【篠原】そこでまあちょっと興味深いお話として。資産家の人っていうのは、相続は実は揉めてもいないし対策もしてるんです。相続財産1000万円以下という人の方がむしろ揉めているという話も。

【武田】あ、そうなんだ。なぜなんだろう。

【篠原】ちなみに全体に寄せられる訴訟の件数で見ていきますと、訴訟が起きる全体の30%の人は、相続する財産が1000万円以下の人たちが全体の3割という。

【篠原】5000万円位のところまでで7割ぐらいの訴訟があって、それを超えるとほとんど減ってくるという事なんです。ですから、実際に揉める現場というのはいわゆる資産家で揉めているというよりも、身近なところでの方が。

【武田】そうか、資産家の方々は研究してるんだろうな。

【篠原】まあ、そういうこともあるんでしょうね。

【武田】うん。

【篠原】何というか、少し興味深い数字だなというのは思うんですけれど。その意味では自分の最期の支度というのは、ある程度道筋を付けてあげた方が、後の人は揉めないで済むかな、というのは思うんですけどね。あとですね、短く答えられそうなところで。

【武田】はい。

【篠原】生命保険ってありますよね。

【篠原】生命保険って相続に有利だよって聞いたけど、それホントかい?と聞かれることが最近増えてきたんですけれども。

【武田】どうなんです?

【篠原】相続税って何に課税されるかって言う話なんですけれど、生命保険、亡くなって受け取る保険金も相続の対象なんですね。相続税掛けられちゃうんです。

【武田】あ、そういうことなんだ。

【篠原】ただですね、除外される分ありまして。

【篠原】相続人×500万円までは確実に受け取れると。いうことで除外されるんですよね。ですから、子供が2人いて奥さん1人遺されました。と言ったら、1500万円まではその生命保険としては確実に受け取れるという。

【武田】直ぐに課税されないのかな。

【篠原】課税されないですね。

【篠原】実はこういう課税されない財産というのも、あまり知られてないですけれど、結構色々ありまして。

【武田】それもまた詳しく知りたいね。

【篠原】そうですね。内容的にも興味・関心持ってらっしゃる方もいると思うので、もう少し詳しく触れていきたいとは思ってますけれども。

【武田】今、確かにその亡くなった後、遺された家族、相続税で、兄弟がぐちゃぐちゃになっちゃったっていう人も、結構おられるようですね。

【篠原】そうですね。

【武田】ですからそれは知っておいた方が得だよね。

【篠原】はい、できるならば。当人たちでの解決が難しい事ってあるので、親が残した言葉によって導かれるみたいなのものはあると思うんですよね。

【武田】はい。亡くなるときにはやっぱりその次の世代のことも考える必要はあるんでしょうな。ありがとうございました。

【篠原】ありがとうございます。

【武田】つばさ公益社、篠原憲文さんのお話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です