2014.02.15 おくりびとからのメッセージ「献体と臓器移植について」

【武田徹(以下:武田)】つばさ公益社篠原憲文さん、おはようございます。

【篠原憲文(以下:篠原)】おはようございます。

【武田】小海町から昨日入られたの?

【篠原】はい、そうです。さすがにちょっとこの雪でまずいんじゃないかと。

【武田】大変な雪で。ありがとうございました。

【武田】冬、特に雪なんかが降った場合にお年寄りって亡くなられる方も多いんじゃないのかね。

【篠原】そうですね。長野県内、やはり夏と比べて冬の方が。

【武田】やっぱり多い?

【篠原】はい。亡くなる方多いですね。

【篠原】そうですね。特にこの2月というのはそういう季節に入ってきますよね。

【武田】皆さん、お年を召された方、ぜひお気を付けいただきたいと思います。さあ、今日はどんな話になりますかね。

【篠原】はい。前回までちょっと相続についてお話を。

【武田】はい。色々勉強になりました。

【篠原】とんでもないです。この相続は今年度中と言うか2014年までが古い法律。年明け来年2015年からは新しくなるので。またちょっと時期をみて触れたいと思うんです。

【武田】知ってると知らないじゃ、えらい違いだもんね。

【篠原】そうですね。知らなくて、ではちょっと済まないところもあるので。また時期を見て触れたいと思うんですが。今日はちょっと、なかなか聞けないお話をと思いまして。

【篠原】献体と臓器移植について少し。

【武田】体をね、提供して色々解剖なんかで使うやつだな。

【篠原】まさにそうなんですね。

【武田】はい。

【篠原】献体や臓器移植という言葉を知っている人は、結構いらっしゃるとは思うんですけれど。実は、まさに生きた法律と言いますか。ここ数年でその法整備も変わってきたりというところで、まあなるほどねと、聞いてもらえたらと思って今日お話ししたいと思ってたんです。

【篠原】まず、献体って言うのは字がもう献上する体と言いますか。

【武田】へっへっへ。(笑い声)

【篠原】そういう字を書く訳ですけれど、献体は、学生さんたちの医療若しくは歯学、歯の方ですね。発展に資する為にということで、学校に対して自分の体を提供する意思表示をして。生前中に自分で署名を取り交わしておくんですね。そして、自分にもしもがあって亡くなったときには家族に同意をもらって学校の方へ、というのが献体なんですが。

【篠原】じゃあ献体で送った後とか送る家族ってどうなってるか、って言うのはあんまり知られてないとこなんですよね。

【武田】分からないとこだね。うん。

【篠原】献体をするときにですね、たまにこういうこと言われるんですね。
「自分なんかどういう風になっても構わないんだ」と。それで最終的には献体をするから、お葬式もしなくてもいいし、自分の体の最期を、そういうところで使ってもらえればいいんだ。と、いう方がいるんです。ですが、現実的には送り出した家族のもとにその方が帰ってくるのが、だいたい1年から3年後に帰ってくるんです。

【武田】お、そんなにかかるの?

【篠原】はい。そんなにかかるんですよね。

【篠原】実は献体というのは、亡くなってすぐに学校などに行く訳ではなくて、多く場合で通常通り通夜とか告別式をしまして。出棺の、火葬のタイミングで学校関係の車が迎えに来る。

【武田】そういうことなんだ。

【篠原】そうですね。長野県内で事業を始めて8年ですが、まだその献体をされた方はいないんです。研修中に九州にいた時には2例ぐらい立ち会わせていただいて、医大等に運ばれていくんですね。最終的に家族の手元に、1年から3年して帰ってくるという。

【武田】その帰ってくる状態というのは、かなり違った状態になってるわけ?

【篠原】はい、体では帰ってこなくてご遺骨として帰ってくる。

【武田】そういうことか。うん。

【篠原】ですので、お墓などはやはり自分自身で用意する必要もある訳です。ということで、献体って言葉だけは聞いたことあっても、どういうもんなのということですね。
実際に、全国的にはそういった形で意思表示をされている方もたくさんいるという。

【武田】つまり、お葬式はちゃんとやって、出棺の時に。
そこから違っちゃうと。すぐ焼かれなくて、病院に提供される。こういうことなんだ。

【篠原】そうですね。そこで正常解剖といって、学生さんたちによって解剖をされてということになる訳ですね。

【武田】なるほど。

【篠原】この献体は臓器提供とはちょっと違う訳ですよね。

【武田】違いますよね。うん。

【篠原】臓器提供は、臓器の中で自分の体の悪いところをどなたかから提供を受けてということなんですが。実はこの臓器提供が近年になって法改正がありまして。

【武田】うん。

【篠原】ちょっと状況が変わってきてるんですね。この話をするときには、人の死っていうのは、どこで死を迎えるかということを話さないといけないところがありましてですね。まさにこれから触れようと思っているのは、その脳死とは何かというところになるんですけれど、いきなりそこにいくのもなんなので少し遠回りをしまして。先日、武田先生がその、古代の人っていうのはどういう送り方されてたんだろう、というご興味を示されてたんですが。

【武田】はいはい。

【篠原】近代では、死っていうのは点なんですよね。お医者さんが3つのポイントで生きてるか、死んでるかの判断をされる。

【篠原】亡くなるというのは、呼吸が止まる。ということ。

【篠原】それから心拍が心臓が止まるということ。

【篠原】あとは瞳孔が開いて光の反射がなくなること。この3つが死の判断となる点になる訳です。
古代ですね、医者がいて、科学が発展していてということでは無い古代では、死と言うのはプロセスだった訳ですよね。なぜ、起きてこないんだろう、というところから始まる訳です。まあ大昔まで遡ってみますと、古事記という書物が。

【武田】ありますね。

【篠原】はい。編纂が、712年位。飛鳥から平安にかけてだと思うんですが、この古事記の中にその人の弔い方というのが出て来るんですね。

【武田】あるんだ。

【篠原】そこに、どのようにその弔ったかというのがですね、喪屋というような言い方をするんですが。

【武田】もや?

【篠原】「喪屋」、喪中の喪に。屋根とか、家屋。屋根ですね。

【武田】なるほど。

【篠原】「喪屋」というものを、家族が亡くなると家の横に掘っ立て小屋のようなものを作る訳ですよね。

【篠原】喪屋というものを作って、そこで様々な儀礼が行われる訳なんです。それは例えば、泣き目という泣く役目の人がいたり、霊前にっくと言って生きてる人と同じように食事を供えるという。これはもう1300年前から。

【武田】泣く役だよね。今だってやってるもんね。

【篠原】今もやりますね。

【武田】韓国では、泣き目の方いらっしゃるもんね。

【篠原】そしてその当時の特徴的なのは歌舞をその供する、歌や踊りを供えたという。ですので、喪屋というところを1つ作って長いときでおよそ30日間ぐらい。屋外というか掘っ立て小屋に。

【武田】大変な事だね、死体が大変な状況になるわな。

【篠原】大変な状況になりますね。やはり、その過程でその周りに接する人たちが死を受け入れていくという。色んな人がその死を受け止めるまでには、やはり時間がかかったというのが古代の送り方ですよね。
まして、掘っ立て小屋を作るというのも、腐敗が進んだりするというのでそういう風にしたんだと思うんですがこうしたその一連のことを喪がりと呼びまして。

【武田】あ、喪がりって聞きますな。

【篠原】これがその現代の通夜とか、起源だというふうに言われますね。そうした時代も去ることながら、古今現代では先程の3つの死の点があってということがあった訳です。

【武田】呼吸、心拍、そして瞳孔ですな。

【篠原】そうなんです。ここに1つ脳死というのが加わったのが2009年からなんですね。

【武田】2009年か。

【篠原】はい。2009年以前は脳死というのはですね、要は法的な死ではなかったんですよね。

【武田】あぁ、そうか。

【篠原】法律的にこれは亡くなったということだね、という解釈ではなかったので、脳死状態にある人に対して何かしてしまうと、逆に罪に問われる。

【武田】あのね、私が学生時代北海道のワダジロウという人が、脳死を巡りまして、心臓の移植したのかな?大問題になったことあったけどね。

【篠原】非常に難しい問題ではあるんですが。ただ、実は脳死というのがですね、そんなに遠い話では今なくて。先進国の1つ統計のデータを見ますと、死因と言いますか、全体の1%ぐらいが脳死という状況を迎えられてる方だと。というと、100人に1人ですから。

【武田】ほぅ。

【篠原】結構現場での判断というのが、今日現在も辛い選択の中にいる人がたくさんいるんじゃなかろうかということですよね。それで臓器提供という、これは1997年ですかね。この臓器提供自体が日本国内で出来るようになったのもそんな頃から。平成9年ですから、まだ20年経ってないんですよね。
この当時は、臓器提供という言葉はなくて角膜とか腎臓の移植に関する法律ということだったんです。これがその他、心臓や肺、そういうものの移植にも適応されたのが平成9年だったんですよね。形が変わって脳死というのも死として受け止めてというのが2009年だったと。ですので、死を巡る環境整備というのはここ数十年の中での話でして。

【武田】うん。

【篠原】非常に今現在もその整備が、行き届いてないところがある訳ですね。例えばですが、臓器を求めていて今一番困っている人はやっぱり子供さん。

【武田】でしょうな。

【篠原】ミスマッチがある訳ですよね。やはり子供が必要とする臓器は、出来れば子供の物がいいというような。非常に難しいところですよね。逆に臓器提供してもいいよと言ってくださる方は、例えば高齢だったりするという事がありますね。

【武田】そうか、そのミスマッチをどうするかっていうことだな。

【篠原】そうなんです。これはもう2009年の時にも盛んに議論されまして、その時に、15歳未満の人の体からも移植が出来るよ、と。

【武田】今、法律はそういうふうに改善され…

【篠原】されたんですね。

【武田】なるほど、なるほど。

【篠原】そういうのものを、整備されたと言えるんだろうか、という。他にも色んな状況ある訳なので。極めて難しい話ではあるんですけどね。現実問題、世界的な問題としてバブル期の日本でも話に出ましたが、海外に求めるように。

【武田】そうなんですよ。インドだとかそういうところに臓器提供者というかね。非常に、なんか不幸なことも起きてるそうじゃないですか。

【篠原】そのようなんですね。

【篠原】1つその死を巡る環境として、日本人が例えば海外に臓器を求めるという。これも国際的なWHOの指針というのがありまして。今、禁止の方向で動いているんですよね。

【武田】あ、そういいうことなんだな。

【篠原】それで、国内でもガイドラインが変わってきたという。

【武田】なるほど。とにかく脳死とそれから死というもの。医療ではなるべく長生きさせたい、だけど臓器は新鮮な方が良いという基本的な矛盾があるから。その辺をどうするか、ということで。また、お話しして頂きたいと思いますが。

【篠原】はい。ちょっと今日は変わった話題で。

【武田】皆さん、時には考えて頂ければと思いますね。ありがとうございました。

【篠原】ありがとうございました。

【武田】つばさ公益社 篠原憲文さんのお話、していただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です