家族葬は通夜なしでもできるのか。どこまで呼ぶかや挨拶などのマナー

家族葬のときお通夜なしでもできるか

家族葬は通夜なしでもできる

自分や家族に万が一のことがあったとき、葬儀を簡単に済ませたいと考える方もいるのではないでしょうか。家族に負担をかけたくないという思いから、通夜を行わず告別式のみ、または火葬のみにしたいという方も増えているそうです。

家族葬とは近親者のみで行なうお葬式のこと

家族葬とは、家族や親族、親しい友人のみで行うお葬式のことを指します。家族葬という名称ですが、故人や遺族の意向によっては、家族以外にも生前に親交の深かった友人や会社関係の方にも参列してもらうケースもあるようです。少人数で行うため一人ひとりの参列者がゆっくりと故人を見送れることや、参列者の対応が少ないことによって遺族の負担が軽減されるといった特徴があります。

通夜とは灯をともして故人を夜通し見守る儀式

葬儀の前夜に行なわれる故人との別れを惜しむ儀式を通夜といいます。故人の家族や親族、近所の方や友人などが集まり、灯明と線香を絶やさずに夜を通して冥福を祈ります。

通夜なしの家族葬も増えている

近年、家族葬を希望する場合に通夜を行わないケースも増えています。通夜なしの家族葬を希望する理由は、体力や精神面から葬儀を簡単に済ませたいということ、費用を安く抑えたいこと、家族のみで静かに見送りたいことなどさまざまです。通夜を行わずに葬儀を一日にまとめることから、通夜なしの葬儀のことを「一日葬」と呼ぶこともあります。



家族葬の通夜の事前準備

通夜なしの家族葬を行う人も増えてきてはいますが、家族葬で通夜を行う場合の事前準備をご紹介します。

どこまで呼ぶか

家族葬を行うとき、故人の関係者をどこまで呼ぶか気になる方もいるのではないでしょうか。故人が生前に希望した方や、喪主の方の考えによって決まりはありませんが、通夜を行うときに声をかける対象の方をまとめました。

親族

一般的には直系の家族や近親者に声をかけることが多いでしょう。この場合、故人の両親や配偶者、子供とその家族、故人の兄弟が対象となります。しかし、家族葬の規模によっては対象の範囲を広くしたり狭くしたりとさまざまです。

友人

家族葬といえども、故人の親しい友人にも参列してもらうケースもあります。家族のみで小さなお葬式を希望する場合は、事前に友人の方へ参列の辞退を伝えておくとよいでしょう。

会社関係の人

故人と親交の深い会社関係の人がいる場合、家族葬に参列してもらうこともあるかもしれません。会社関係の人の参列を遠慮したい場合は、家族葬を行う連絡と一緒に参列辞退の意向を伝えましょう。

 

どこでやるか

通夜を行う場所について、会場別にご紹介します。

自宅

弔問客が少ない家族葬では、自宅で通夜を行うケースもあります。故人と一緒に生活した自宅で通夜を行うことで、思い出深い弔いの時間となるでしょう。

自宅で通夜を行うメリットには、通夜を行うために移動しなくてよいことや、喪主など夜通し線香の付き添い人が気兼ねなく過ごしやすいことなどがあります。収納スペースがある場合、弔問客のために用意したお茶や食事、返礼品なども事前に保管しておきやすいかもしれません。

自宅で通夜を行う場合は、玄関や廊下を棺が通れるかや弔問客の駐車スペースが確保できるかなども事前に確認しておくとよいでしょう。

葬儀場

通夜の準備を任せやすい葬儀場で行いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

葬儀場には通夜に必要なものが揃っていること、専門のスタッフがサポートしてくれることから、準備から通夜終了まで流れをスムーズに行えます。葬儀場には、家族が宿泊できる部屋や宗教者の控室、遺体安置の部屋、会食会場など通夜に必要なものが一通り準備されているため便利です。

施設利用料や人件費がかかるため、費用が気になる場合は事前に見積りを依頼し、予算の範囲内で通夜を行えるか検討しましょう。

公営・民間の斎場

斎場とは火葬場に隣接している施設で、葬儀を行う場所を指します。火葬場への移動がなくなるため、バスや霊柩車を手配しなくてもよいこと、短時間で通夜から火葬まで行えることなどから身体的や精神的、料金面での負担の軽減につながるでしょう。

公民館

地域の公民館で通夜を行うこともできます。公民館の他に集会所やコミュニティーセンターという名称で呼ばれることもあるため、住んでいる地域の施設を確認するとよいでしょう。公民館は利用料が安価なことから、通夜や家族葬の費用を安く抑えたい方にも利用やすい施設です。
葬儀専門の施設ではないため、喪主側にとって用意するものが多いことや荷物の運び込み、利用時間の制限もあるそうなので、通夜の内容によっては会場の再検討が必要かもしれません。

宗教施設

家族葬の通夜はお寺や神社、教会などの宗教施設の選択肢に入れることができます。宗教儀礼を大切にしたい方にとっては、厳かな通夜を行うことができるでしょう。本来は葬儀施設ではないため、全ての宗教施設で通夜が行えるわけではないようです。希望する施設で通夜を行えるかを事前に相談しておきましょう。

 

家族葬の通夜の流れ

家族葬の通夜は、一般葬と同様の流れで行うことができます。一般的な通夜の流れをいっしょに見ていきましょう。

開式の喪主挨拶

通夜の開式時、参列者の方に向けて喪主から挨拶を行います。家族のみで行われる場合は開式の挨拶を省略されることがある他、葬儀場を利用する場合は喪主に代わって会場スタッフが挨拶をすることもあるそうです。

読経

お坊さんが経典を読唱することを読経といいます。僧侶がお経をあげ、故人の供養を行いますが、無宗教葬の場合や費用を抑えたいことを理由に省略されることもあるそうです。

焼香

焼香とは、葬儀や法事などで香を焚く儀式です。焼香は故人のために拝む儀式といわれる一方で、焼香をする人の心身の穢れを落とすためともいわれています。心身を清めてから仏や故人に向き合うという意味が込められているそうです。焼香の順番は喪主、配偶者、親族といった故人との関係性が強い方から行います。

僧侶の法話

僧侶が参列者の前で話をすることを法話といいます。大切な方を亡くされた遺族にとって、生きる力となるような内容や気付きにつながるお話が聞けるかもしれません。

閉式の喪主挨拶

僧侶が控室に移動した後、通夜の閉式の挨拶は喪主が行います。喪主の挨拶の流れは、弔問のお礼から始まり、故人の思い出話、通夜振る舞いや告別式の案内の後、再びお礼の言葉で締めるとよいでしょう。

通夜振る舞いや食事

通夜が終わった後の会食の席を通夜振る舞いといいます。通夜振る舞いは、僧侶や参列者を食事とお酒でもてなして感謝の気持ちを示すこと、故人とのエピソードを話しながら偲ぶことを目的とされています。

ここまで通夜の流れをお伝えしました。

通夜の開始時間は18時~19時頃が、終了時間は21時頃が多いでしょう。喪主の場合は開始時間の1時間~2時間前には会場や受付の準備があるようです。参列者が到着する前に、時間にゆとりをもって準備をしておけるとよいですね。



家族葬の通夜を行う上で気をつけておきたいこと

家族葬として通夜を行う上で、どのようなことに気をつけるとよいのかをご紹介します。

香典を辞退するか検討する

家族葬の規模や遺族の意思によっては、香典の受け取りを辞退したいと考える方も少なくありません。香典を辞退する場合は、事前に参列者の方に明確に伝えておく必要があります。香典の受け取りを辞退する場合は、返礼品の準備や一般参列者への対応が省略できます。

葬儀に合わせた服装を用意する

家族葬の通夜当日の服装には、喪服を用意しましょう。
喪服には3種類あり、格式の高い順から正喪服、準喪服、略喪服(平服)とされています。喪主は正装で参列者を迎える立場にあることから、一般的には正喪服を用意しますが、家族だけで通夜や告別式を行う場合は準喪服でもよいとされています。
男性の場合、正喪服ならモーニングコートまたは和装の喪服を、準喪服ならブラックフォーマルを用意しましょう。女性の場合はブラックフォーマルが正喪服と準喪服の共通の服装とされています。和装の喪服を用意する場合は正喪服にあたりますので気をつけましょう。

参列者の意向も考慮する

たくさんの人によって故人を見送りたいと考える方のなかには、家族だけの小規模な葬儀を行うことに対して快く思わない方もいるかもしれません。参列者や参列を辞退していただく方に理解してもらうためにも、家族葬を行うことに決めた理由を説明しておきましょう。相手の気持ちも汲み取りながらも、故人の意向であることなどの理由を伝えると、受け入れてもらいやすいかもしれません。
しかし、「どうしても参列したい」「香典を受け取って欲しい」という方がいた場合は、故人を偲ぶ気持ちを誠実に汲み取り、柔軟に対応することもひとつの手段です。



家族葬の通夜・告別式に参列するときのマナー

家族葬の通夜や告別式に参列するとき、どのようなマナーがあるのかをご紹介します。

服装のマナー

家族葬の通夜や告別式に参列するとき、一般葬と同じ服装でよいのか気になる方もいるかもしれません。家族葬の場合も一般的な葬儀と同様で喪服を用意しておくと安心でしょう。
事前に喪主や連絡担当の方から「平服でお越しください」といった服装の指定があった場合や、急に駆けつける場合などは、略喪服でもよいとされています。略喪服は黒や紺、グレーなど落ち着いた色やデザインの服装を指し、普段着ではありませんので注意が必要です。

男性はスーツを、女性はワンピースやスーツ、アンンブルを着用しましょう。子どもは制服が正装にあたりますが、制服がない場合は落ち着いたデザインの洋服を用意するとよいでしょう。平服で参列するときは華美なデザインは避け、色は黒や紺などのダークカラーを選ぶことがマナーとされています。

香典のマナー

遺族側から香典の受け取りを辞退するといった連絡があった場合は、香典の持参は控えましょう。香典の受け取りを辞退しているかわからない場合は、香典を用意して弔問し、受付で確認するとよいでしょう。

香典を辞退していることを知っていても、渡したいという気持ちが強い場合は、受付では渡さずに、通夜終了後の控室や後日など落ち着いたタイミングで喪主の方に直接渡すことも大切なマナーです。

挨拶のマナー

通夜や告別式当日のお悔やみの挨拶は、一般的な内容で短くまとめるといったマナーもあります。お悔やみの挨拶は宗教によって違いもありますが、忌み言葉や重ね言葉は避けることも気を付けましょう。



家族葬の通夜・告別式に参列しないときのマナー

家族葬の通夜や告別式に参加しないときには、どのようなマナーがあるのかをご紹介します。

仏花を送る

仏花を送りたい場合は、受け取りを辞退していないかなど事前に遺族の意向を確認してから手配するとよいでしょう。仏花を送るときは、送り先や花の種類、いつまでに届くようにすると間に合うのかを確認することもマナーです。

花の種類は宗教ごとにマナーがあるため、故人や遺族の信仰に合わせたものを選ぶとよいでしょう。どのような種類の花を用意するとよいのかわからない場合は、花屋のスタッフに宗派を伝えてお任せで用意したり、通夜や告別式を行う会場に相談して手配したりするケースもあります。

弔電を送る

弔電とは、通夜や告別式に参列できないときに、故人や遺族にお悔やみの気持ちを伝えるために送る電報のことをいいます。弔電は葬儀で読み上げられることが一般的なため、通夜の時に自宅や式場に到着するように、訃報を確認したらできるだけ早く手配しましょう。

弔電を送る際は、受け取りに不備がないように遺族への確認も必要です。



家族葬の通夜を行なうかは喪主や故人の意向によってさまざま

家族葬の場合、通夜なしで葬儀のみを行うケースも増えているそうです。通夜なしの葬儀は、儀式全体が一日で終わることから、「一日葬」といわれることもあります。

家族葬で通夜を行うときは、友人や会社関係の人などにどこまで声をかけるかや、香典を辞退するかを事前に決めて伝えておくとよいでしょう。喪主の方は、開会や閉会の挨拶や通夜当日の流れについて準備しておくことで、慌てずに進行しやすいのではないでしょうか。家族葬で通夜を行うかどうかは、喪主や故人の意思によってさまざまなケースがあるそうなので、服装や返礼品などの準備や連絡を事前にしっかりと済ませ、通夜当日にゆっくりとしたお別れの時間を作れるとよいですね。

~ お問い合わせはこちらから ~

オペレーター

ご心配なことなど、お気軽にご相談ください

事前のご相談もいつでも承っております

365日24時間対応の電話窓口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です