【自宅を使わないお葬式専門】

2014.03.15 おくりびとからのメッセージ「自然の脅威」

【武田徹(以下:武田)】つばさ公益社の篠原憲文さん。よろしくお願い致します。

【篠原憲文(以下:篠原)】よろしくお願いします。

【武田】前回、篠原さんがお出になったのはちょうど1ヶ月前でございまして。

【篠原】はい。

【武田】すごい雪が降った。

【篠原】大変でしたね。

【武田】帰れなかったんですな。あの日は。小海町に。

【篠原】帰れませんでしたね。

【武田】何泊こちらにしたの?

【篠原】その後、都合3泊してていう状況でして。

【武田】はっはっはっはっは。笑っちゃいけない。

【篠原】思いがけず、はい。

【武田】本当、凄い雪だったもんね。

【篠原】あの日はですね、ちょうどラジオの日に夜中から降り続いた雪はもう手に負えない位になっていた状況で、番組も中継でされていたんですよね。

【武田】そうでしたね。

【篠原】あの日はですね、終了後帰ろうと思いましたところ高速道路は止まっているし。

【篠原】一般道の様子は?という事で、会社に連絡したところ小海町も凄い雪で。従業員も結局車が出せなくって。歩いて出勤というようなスタッフがいたりですね。

【武田】うわ!

【篠原】結局、その日は危ないだろうという事で泊まっていったんです。その後も1日もすればなんて思っていたら、随分長引きましたよね。

【武田】そうだよね。じゃ、結局長野に3泊した訳?金曜日の夜と、日曜日の夜と。

【篠原】そうですね。金土日で。それだけ滞在してたにもかかわらず高速が開かなくて。新幹線が先に通ったという事で駅に行ったんですよ。駅に行ったらですね、駅の構内にも入れないという。

【武田】あ、そんなに凄かったんだ。

【篠原】あのときですね、情報が欲しくていわゆるTwitterというような。そういうもので情報を探してたんですが、駅に入れない人とか、チケット求める人が4000人くらい詰めかけていて。

【武田】佐久平駅、あ!

【武田・篠原】長野駅ですね。

【篠原】その日は通常運行ですよ、なんて言っていたらそのうちに結局全休しちゃったんです、午後はね。

【武田】あ、そういうことか。

【篠原】結局、それだけ滞在したにも関わらず半ば強引に車で帰ったんですけども、結局、都合6時間半ぐらいかかりまして。

【武田】ご苦労様でございました。

【篠原】あの雪で非常に色々な事が県内でもありましたけれど。

【篠原】お葬式という意味ではですね。火葬場って山側に作られますよね。

【武田】そうですね。

【篠原】実はあの雪が降った日、佐久で言うと佐久広域の委託職員が運営するんですが、火葬場に辿り着けないという状況があったんですね。

【武田】つまり、火葬できないという事だな、予定していたものが。

【篠原】職員が辿り着けず、その日予約を入れてご遺族の方が向かう訳ですが、これも結局向かえなくなってしまうという。ちょっと前代未聞の状況ですよね。でもそうは言ってもご遺体をそのままにしておけないですよね。

【武田】どうしたんですか?

【篠原】非常に変わった形と言ったらあれなんですが、ある斎場では通常だと朝火葬してお骨の状態で、お葬式しますけれども。

【篠原】あの雪の時はですね、お身体がある状況で告別式葬儀式を行って、その日は火葬へは行けず翌々日に火葬場へ行く。という、ちょっと変わった運用がされたんです。そんな状況ですから、火葬場は結局、1日、2日止まっただけだったんですが、後ろもう半月位の予約を引きずってしまうというですね。

【篠原】非常に大変な状況がございましたね。

【武田】まず、これは想定していないことだから。

【篠原】本当ですね。

【武田】ご遺族の方も大変だったろうね。

【篠原】結局どうなってしまうんだろう、という不安ばかりという状況だったと思いますね。

【篠原】ちなみにですが、物流も結構止まりましたが、その時我々が困ったのがドライアイスですね。実は、ドライアイスって生もの以上に生ものでして。

【武田】そうだよね。

【篠原】割に大型の機械が必要なものですから、大体配送で取るんですが、物流が止まってしまって。

【武田】どうしました?

【篠原】あるところではですね、ゴミの袋に雪を詰めて使ったり。

【武田】あ、そうか、そうか。

【篠原】まあ、雪は沢山。

【武田】まあね、雪、寒いからまだ良かったかもしれないけどね。

【篠原】そうですね。雪による影響だったんでですが。ちなみにですね、軽井沢のバイパスのところで立往生車両が出ましたが。不幸なことに、その中でおよそ2日半ぐらい、60数時間缶詰にされて亡くなられた方も中にはいらっしゃったんですね。

【武田】そうなんだね、やっぱり。

【篠原】何と言いますか、非常に大変な状況がありましたね。

【武田】小海も相当な雪が降ったって事だね。

【篠原】そうですね、相当な雪が。除雪を生業にされてる建設業者の方に聞いたところ、1番深いところで、1m60cmぐらい。

【武田】凄いね。

【篠原】どうやって入ったんですかと聞いたんですけれども、いわゆるローダーと言われるものでちょっと履ききれない部分は、ショベルで動かしてから履いたというちょっと考えられない。

【武田】普段はそんなに雪降らないでしょ。

【篠原】そこまでは降らないですよね。

【武田】雪降るところではね、路肩のところにポールを立ててさ。

【武田】後で雪かく人が分かりやすいようにしてあるらしいんだけど、そういうものもないから雪かきをする人も大変だったろうね、これは。

【篠原】大変だったと思いますね。

【武田】うん。

【篠原】本当に想定外でしたよね。色んなものが無くなるし、孤立してしまう、という。お葬式は度々コミュニティーの力というのが、1つ大切なキーワードなんですが。

【篠原】やはりこの間も私の住んでいる小海町で、区会が力を発揮すると言いますか、区長さんが細かな区分けになっている中で、点呼ではないですが、「元気ですか?」という声掛けとか。雪かきが進んでないぞ、というところに「大丈夫かい?」とラッセルしながら行く訳ですよね。

【武田】はいはいはい。

【篠原】こういう田舎の顔の見える付き合いというのは、非常に安心なそのライフラインなんだなあ、というのを思いましたよね。

【武田】でも区長さんもさ。他のお宅に行く時にも必死の覚悟でしょう。

【篠原】そうですよね。

【武田】深いところで1m60でしょう。ご苦労さんだったね。

【篠原】本当ですね。小海町も親沢という地区がありまして。

【篠原】ちょっと幹線道路からは随分山に入った。集落が孤立致しまして。およそ3日程孤立したようなんです。うちのスタッフで1人そこのものがいたんですが、「大丈夫かい?」と聞いたところ、「いや全然大丈夫だ」って言うんですね。それは、いわゆるそういう土地柄ですし室があってですね。

【武田】そうなんだ。

【篠原】備蓄野菜があって。お肉こそないけど、野菜はあるよ。米もあるよなんて言ってるので、生活力っていう意味ではこれすごいな、なんて思いましたね。

【武田】今、親沢の話を聞いたんだけど、私共、小さい頃はさ。やっぱりコンビニなんか全くない訳じゃない。次に出るイロハ堂さんも鬼無里にあるでしょう。鬼無里の皆さんだって、冬なんて出て来られない訳だよな。

【篠原】そうですよね。

【武田】だから皆、冬用の備蓄食料とか色んなものをしっかりとですね。冬が来る前に用意して。どんな雪降ったって、大丈夫だみたいな体制でいたんだよな。昔は。

【篠原】そうですよね。

【武田】ところが便利な世の中になっちゃうとさ、新鮮なものを食べようとか色々あるから。本当に文明社会って弱いよね、自然の驚異に対しては。

【篠原】今回1番恐ろしかったのは、電気が止まってしまったらどうしようという心配があって。色んな所で頼っていて、ヒーターも付かないんじゃないか、とかですね。お湯も給湯器がスイッチが入らないんじゃないか、とか。
ですから、ガスコンロとだるまストーブっていうのを。

【武田】大事だな。

【篠原】いいですよね、電気が無くてもつくし。お湯も沸くしで。

【武田】今、携帯用のガスのカートリッジになってる。ガスの装置があるの。これは便利ですよ。これはやっぱり、用意しとく必要あるね。

【武田】それから、炭ね。炭と七輪。

【篠原】なるほど。

【武田】7人の侍じゃないけどね。いざというときに大事なんだよ、これが。

【篠原】はっはっは。

【武田】その位はね、用意しといた方が良いと思うよね。

【篠原】そうですね。

【武田】とっても便利ですね。もし電気が止まったら本当大変だから。

【篠原】その時の恐怖感というのはそこが1番でしたね。
逆に中部電力の皆さん達は、きっと凄く努力されて止まらないようにされたと思っていて。でも脆いな、なんてちょっと思ってドキドキ致しましたね。

【武田】例えば夏にね。地震だとか、そういうものがあって、ライフライン・道路もですね、寸断された場合本当にお葬式。大変でしょう。夏は。

【篠原】夏はそうですね。

【武田】ご遺体がどういうふうになるかってのは非常に心配だよね。

【篠原】本当ですね。震災の時は東北の方でしたけれども、あの時は火葬が間に合わず。燃料の重油であり白灯油ですね。
供給が追い付かなくて仮埋葬という形で。ショベルカーで大きく川沿いを掘っていた絵をテレビかなんかで見たことある人いるかもしれないんですが、2年間という期限付き条例で土葬したんです。

【武田】あ、そうういうことか、火葬できないものね。

【武田】大変多かったもんね、被害者の方がね。

【篠原】大変多い上にですね、やはり亡くなり方も水死に近い状況だと腐敗も速いんですね。

【武田】あー、そういうことか。

【篠原】やはり火葬は先般お話が出るように、非常に近代的な弔い方なので。

【武田】そうなんですよね。

【篠原】設備も必要だし燃料の問題も。また、同時に弔える人数もですね。そういった意味合いでも仮埋葬されて、震災からちょうど3年経ちましたが。

【篠原】この間も特集で取り上げられてましたけれども、1番やはりその時仮埋葬したお身体を掘り出されて、改めて荼毘に付されたという方が、非常にたくさんこの期間にいらっしゃった訳なんです。実は土葬って手間がかかるんですよね。墓守が必要で。3年もすると、ちょっとメンテしてあげないと落とし穴状になってしまうんですね。

【武田】なるほどね。

【篠原】最近我々あんまり想像することないんですけど、昔だと木材の棺にお身体を、というと。ぽっかりそこに空間が出来ちゃう。

【武田】そう、空間できちゃうから、ぼつんと落ちちゃうんだな。

【篠原】はい。そうなんです。

【武田】その部分だけがね。

【篠原】ですから仮埋葬としたのは、そういう事情があったんでしょうね。

【武田】そういうことか。篠原さんは、土葬を目撃した経験はありますか。

【篠原】私ですね、目撃してない世代ですね。

【武田】そうなんだ。私は目撃した世代でね。

【武田】うちの、母の妹さんが若くして亡くなっちゃったのよ。でその方の、いわゆる土葬風景を。私はまだ小学校上がる前くらいかな。
穴掘ってね。入れて、土をかけて。土葬するんですけれどもね。私はそういう経験があるんですけれども。今は、ほとんど土葬というのは見ることは出来ませんものね。

【篠原】見れないんですね。日本で土葬が今見られるのは、北海道と山梨の一部しかないという。話だったんですけれども。

【武田】あ、そうなんですか。山梨はやってるんですか。

【篠原】山梨の甲州市だけが。一応、条例で土葬を認めている。

【武田】あ、そういう事なんだね。

【篠原】外国人墓地用という事だったんですが。日本がなかなか見れないのにも理由があって。火葬率が99.9%ということで、世界1位なんですね。
ですから、日本の習慣として、火葬、公衆衛生にも則ってますが非常に進んだ弔い方をしていると思いますね。

【篠原】逆にアメリカなんか、全然まだレガシーというか。やはり、宗教的にも土葬の親しみが強くて。あちらの土葬はさっきの落とし穴状にはならないんですよね。

【武田】なるほど。

【篠原】大昔でいけば鉛のような金属で、凄まじく重い棺を使ったと。今も金属が多いですよね。

【武田】金属でやってるの?

【篠原】はい。ですから、日本の陥没状態にはならないんですよね。

【武田】なるほど。お国柄でね、モンゴルの方では風葬といって。

【篠原】あ、鳥たちですね。

【武田】鳥たちにお任せしちゃおう、というようなこともあって。それぞれの国で葬式というのは違う訳ですが。こういう大雪や非常時があると、大変、原点を考えさせられることってあるよね。

【篠原】本当ですね。改めて処置と言いますか、あの中で亡くなられた方がいらっしゃったんですが、おくりびとの原点と言いますか。改めて見つめたような気が致しました。

【武田】はい。前回ですね、篠原さんこちらに泊まりまして。

【篠原】あっはっは。

【武田】3泊をしたという。

【篠原】いやいやいや。

【武田】非常事態すぎるでございますよ。

【篠原】お恥ずかしい。

【武田】本当に。皆様にもご迷惑をかけちゃって申し訳ない。

【篠原】こちらも大変失礼致しました。

【武田】そういう訳で、お話をして頂きました。篠原憲文さんでした。ありがとうございました。

【篠原】またどうぞお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です