0120-123-300
【自宅を使わないお葬式専門】

2016.08.20 おくりびとからのメッセージ「コールドスリープについて」

武田徹:お盆も終りまして。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:ご先祖さんが帰ってきてそしてまた戻っていったという、そういう時期も終りました。

篠原憲文:はい。

武田徹:今日は非常に興味深い。皆さん聞いたことあるかな?「コールドスリープ」。

篠原憲文:はい。今日はコールドスリープという、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、長年に亘って人類の興味関心を引き付けている事象についてご紹介していきたいと思います。コールドスリープって何かというと、簡単な日本語で人工冬眠技術のことなんですね。

武田徹:生きている人間を冷凍しちゃうんだよな(笑)

篠原憲文:そうですね。

武田徹:それがコールドスリープでございますよ。

篠原憲文:冷たい眠りという訳ですが、これは大きく分けて二つの解釈があって、いわゆる冬眠と言われる、熊やリスが冬から春までの間、力を蓄えたりしながら時期を過ごすように一時仮眠して仮死状態に入るという冬眠が一つ目です。

武田徹:うん。

篠原憲文:そして、一方冷凍をして新たに蘇生をするという。よくSFで数百年後に目を覚ますといったことがよく描かれたりしますが。コールドスリープと言ったときに、冬眠と冷凍の二つに別れるのですが、これは人類の長きにわたるいわゆる不老不死の夢の一つの形だったわけですよね。

武田徹:しかしね、眠っているんだから意識がないわけでしょ。意識がない間は生きてるということになるのかどうかってのは非常に難しいよな。

篠原憲文:不老不死や長寿という意味で見ると、果たして生きていると言えるかというのは中々難しいですが、人工冬眠は不老不死の研究の一つであると同時に、命を救う技術になり得るということ、大幅に寿命を伸ばすことができる技術ではないかということで注目を集めているようです。1960年代から注目され始めたようで、この時代に何があったかと言うと、大変有名なSF映画で「2001年宇宙の旅」という、宇宙船に向かう中で、まさに人工冬眠の技術ですね。と言うのも、近い将来に惑星の間を宇宙船で移動できるようになったとして、仮に地球と火星の間を移動するには片道で数ヶ月は掛かるだろうと。そして数ヶ月間多くの人間が宇宙船で過ごすには水、食料、生活空間が必要になると。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:そこで人工冬眠をすると、エネルギーを消耗しなくなるという。一方通行ではありますが、未来へ向かう技術ではないかと注目を集めたんですよね。

武田徹:コールドスリープしたらご飯も食べないし排出物もないから、一つの答えとしては扱えるもんな。

篠原憲文:実際非常に省スペースな空間で宇宙空間での移動が必要ではないかということで、実はNASAが出資をして、現実の技術として成立しているそうですが

武田徹:ということは、現在コールドスリープをやってる人が何人かいるんですか?

篠原憲文:そのようですね。医療現場では冬眠技術として「ボディクーリングシステム」と呼ばれているそうです。いわゆる救命救急の分野で、一旦仮死状態にして治療を進めるということが今も使われているそうで、実際一週間程度であれば人間を冬眠状態にできると言われています。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:NASAが出資している仕組みをライノチルシステムと言うそうで、鼻から冷却液を入れるタイプだったようですが、いわゆる宇宙分野だとか救命救急の分野で今現在活用されている冬眠技術ということだそうですね。一方、先程の人体の冷凍保存という意味でいきますと、今現在でコールドスリープをしている方は正式に発表されている中では世界で約300人と言われてますが。

武田徹:法的にも許されてるんだね、これは。

篠原憲文:そのようです。と言いますのも、実はこの冬眠と冷凍の間には大きな違いがあって、冬眠技術は生きている人に対して行うものですが、冷凍技術は亡くなられてる方の冷凍保存をしていると。

武田徹:そういうことか。冬眠中でも呼吸はしているんでしょう?

生きている方なので、当然呼吸はしているのですが、回数が非常に減るそうで。

武田徹:なるほどね。

篠原憲文:通常、生きていると一分間に脈拍が60だとか言いますが、それが1/10ぐらいになると言われそうです。

武田徹:冷凍というのは完全に亡くなった方がやるということで、未来の医学で蘇生できるということを期待して冷凍するわけ?

篠原憲文:そのようですね。冷凍というと、そのまま凍らせるイメージが思い浮かぶと思うのですが、まずは血液の入れ替えを行い、不凍液を入れて体温を下げるそうです。

武田徹:なるほど、血液が凍っちゃうとだめなんだ。

篠原憲文:血液が凍って膨張すると細胞を壊してしまうようです。人工透析な形で血液の入れ替えをしてから液体窒素のような形で。それも凄く時間をかけて体温を下げるようです。

武田徹:ほお。

篠原憲文:一週間ほどかけて、-196度というところまで体温を下げる。

武田徹:その人はもう既に亡くなってるわけでしょう?これって亡くなった瞬間にやるわけ?

篠原憲文:なるべくそうするべきだと言われてまして、コールドスリープを実際に商用技術として提供している会社が何社かあるのですが、やはり全て亡くなった方に対して行っていて、これは法律上、生きてる人に対しての行為は全て殺人になってしまうのでしょう。

武田徹:そうでしょうなぁ。

篠原憲文:亡くなってからすぐに行わなければならないので、コールドスリープを提供してる会社では医師を抱えていて、亡くなるであろう前後で施設を訪れるのですが、その期間ずっとお医者さんに行ってもらわなければいけなくて、大体一日20万円くらいかかるそうです。

武田徹:なるほど。

篠原憲文:コールドスリープというのは非常に高額なサービスのようです。

武田徹:でしょうね。

篠原憲文:これ、一体誰が利用するのか気になると思うのですが、なぜ冷凍して未来まで体を残しておきたいと思うかってことなんですが、例えば著名人でどんな方が冷凍保存されているのかというと、まず、人類初の冷凍保存をしたのが、ジェームズ・ベッドフォードさんという大学の心理学の先生だそうですが、この方が実際に亡くなられたのは1967年で、家族の希望によって当時体を液体窒素で保存したそうです。15年ほど家族が保管して、その後にアメリカの民間団体で、非常に有名なアルコー延命財団という、今日現在も冷凍保存の技術を提供している民間団体があるのですが、現在もジェームズ・ベッドフォードさんはそこで。

武田徹:冷凍保存されてるんだ。ジェームズ・ベッドフォードさんは亡くなられてすぐに冷凍保存になったわけ?

篠原憲文:そうですね。ご家族が事前から計画していたようです。で、このジェームズ・ベッドフォードさんのコールドスリープというのが社会的に大きく取り上げられる中でそうしたSF映画が描かれるようになったそうですね。

武田徹:うん。

篠原憲文:当時、今の時代で治せない病が未来に行けば治せるんじゃないかという期待の中で人体の冷凍保存をしたというところがありまして、二人目の例で、これは最近の方なのですが、仮想通貨のビットコインを開発した方の一人でハル・フィニーさんという方なんですが、この方は非常に難病でして、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という病で、かつてアイスバケツチャレンジという難病で苦しんでいる方がたくさんいるんだと周知する世界的な活動がありましたが、それを始めるキッカケになった病で、それにかかって亡くなられた方なんです。

武田徹:ふーん。

篠原憲文:この方も冷凍保存を自分自身で希望されていて、難病を患っていたけれど類を見ない技術を持った方で現在も世の中に貢献している方なんですが、この方は未来を見てみたいという希望があったり、もしくはこの方を将来に渡って残しておきたい、いつか蘇生できたら、という周囲の希望があって保存されているようですね。あと、本人の希望という意味では、ボストンレッドソックスの野球選手のテッド・ウィリアムズさんという方がいまして。

武田徹:へぇ~。

篠原憲文:この方はご自身だけでなく、息子さんも一緒に保存されているんです。

武田徹:そうなの!?

篠原憲文:で、将来また再開しようという。

武田徹:ということは、お二人共亡くなった状態になっちゃったわけ?

篠原憲文:お二人とも亡くなられて保存されているそうなんですけれど、本人が希望して未来で再開しようと言う人もいれば、もう一人紹介したいのですが、タイの2歳の女の子でマセリン・ナオパラトポンちゃん。この子は合計12回もの大きな手術を行って、親御さんの、未来で蘇生される技術ができて、その先の世界を見てほしいという希望があってコールドスリープしている状況なんですが。実はこのコールドスリープ、有名な3つの民間団体があるのですが、世界で最も有名だと言われている延命財団がカリフォルニア州にあるんですが、そこでは1972年から一般に向けてサービスを提供していまして、ですから40年以上やっているんですね。

武田徹:値段が気になるね。

篠原憲文:全身保存を希望する場合、日本円にして約2100万円ほどという。

武田徹:ちょっとまって、部分保存というのがあるの?

篠原憲文:あるんです。頭部になるそうですが。

武田徹:ほぉ~。

篠原憲文:頭部の保存で約30万円ほど。

武田徹:なるほど。じゃあ将来は頭部だけあれば何かができるんじゃないかと予想しているわけだ。

篠原憲文:そのようです。頭部から記憶や意識が復元できるんじゃないかという予想のもとで、頭部だけを残している方がいるんですね。実はこれ、きっかけになったのが日本なんです。

武田徹:ほぉ。

篠原憲文:2008年に日本の理化学研究所というところで、亡くなってから16年間冷凍保存されていたマウスからクローンのマウスを生み出す技術に実際成功したということで、これは理論的には人体に応用できるんじゃないかということもあったようなんですね。

武田徹:日本人でコールドスリープしている方はいらっしゃるんですか?

篠原憲文:2014年の10月28日に87歳の女性が日本人で初めてコールドスリープをしたと言われています。

武田徹:2年前だね。その後は増えてるの?

篠原憲文:その後は増えていないです。現在日本からロシアの団体を頼ることが多いようなんですが。

武田徹:ふ~ん。

篠原憲文:割と安価なようなんですが。この場合安価なのが果たしていいのかどうかという感じですが(笑)

武田徹:(笑)

篠原憲文:ちなみにこの方、横浜の方だそうで。

武田徹:87歳の方?

篠原憲文:そうです。54歳の方が依頼主のようなんですが。

武田徹:なるほどね。さあ、未来でいろいろな病気が治るような可能性も無きにしもあらずだもんね。

篠原憲文:そうですね。まだちょっと分からないものですが、希望があるならやらない理由はないという感じですよね。

武田徹:もし蘇生したとしてもさ、周りは知らない人ばかりだよ?

篠原憲文:そうですね(笑)

武田徹:幸せかねぇ?

篠原憲文:ちょっと想像できないですけどね。

武田徹:これは幸福論と重複する、自分の問題だよね、きっと。

篠原憲文:そうですね。

武田徹:生きていれば幸せというわけじゃないからね。この辺は非常に難しいところであります。本日は、非常に興味深いコールドスリープのお話でした。

篠原憲文:ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です