家族葬の事例紹介・実際の葬儀体験談、費用は?

結婚の報告ができました

東京に住む喪主様。佐久に住むお父様の葬儀のために久しぶりに帰省。

親戚のみのお葬儀でした。

霊柩車に乗ると、喪主様はポツリポツリと話し始めました。

お父様は北海道の出身で、佐久の景色が北海道に近くて好きだったことや亡くなる前にご自身が結婚を考えている相手をお父様に紹介できて嬉しかったこと等、お父様の事を思い出すようにお話してくださいました。

親に対して面と向かって話せない事って実はたくさんあるのではないでしょうか。

スタッフに話しているようで、実は自分自身に何かを納得させたかったのかもしれません。

火葬場までの短い時間ではありましたが、安心して気持ちを伝えていただけてとても嬉しく思いました。

1日葬/プラン24.8/参列者6人/


感謝し合えるご夫婦

施設で亡くなられ、ご自宅に戻られた奥様。

御主人のベッドの隣りにご安置させていただきました。ご主人様に「奥様のお近くへどうぞ」とお声がけをさせていただくと、ベッド柵に掴まりながらゆっくりと近づき、大きな手で合掌されていました。

そして、「実はつい最近、ばあさんが夢に出てきて”私は幸せでした。ありがとう”って私に話しかけて来たんですよ」と少しかすれた声でお話してくださいました。

感慨深く奥様を見つめた後、「長い間、ありがとう」と声をかけていました。

コロナ禍でずっと会えなかったけど、夢の中ではずっと繋がっていたのかもしれません。

長い年月、共に生きてきてお互いに感謝し合えるご夫婦に感動して目頭が熱くなりました。

火葬式/プラン14.8/自宅安置/故人様86歳


お父様の姿が思い浮かぶ音楽葬

故人様は画を描くことが趣味で、音楽に合わせて画を描きおろししていたこともあり、生前、自分の最期は音楽で送ってほしいとおっしゃっていました。

その方の娘さんより1本のお電話があり、故人様が亡くなられた知らせを受けました。

御自宅からつばさホールへ故人様の描いた絵画と電子ピアノを運び、故人様の願い通り音楽葬を行なうことになりました。

金額的なこともそうですが、親戚の方もほとんどおらず自分一人で手続きを進める事の負担が大きかったように感じました。

式が始まると娘さんは感情を抑えきれず泣き出していましたが、途中からその場にいた皆様と一緒に歌を唄い、笑顔で楽しまれ「お父さん、ありがとう」と感謝の言葉を伝えておられました。

娘さんは曲が始まったと同時に、お父様の姿が生き生きと浮かび上がってきて涙が溢れたのだと後で教えてました。

参加されていた方の中には音楽葬が初めての方もいましたが、故人様が描かれた絵画と音楽が一体となり目には見えない温かく優しいエネルギーに包まれました。

家族葬/プラン49.8/参列者11名/音楽葬/小田井ホール/故人様92歳


費用は押さえても、お花と一緒に温かく

75歳のお母さまのお葬儀。

入院費の支払いやご自身の生活のことを考えて、お葬式に多くのお金を掛けられないとのご相談でした。

お父様の時には家族葬で小さくやりたいとお願いしたのに、80万近く掛かってしまったとの事で葬儀社に対しても少し不信感のようなものも感じられました。

火葬までのお時間、一緒に付き添う時間もないとのことで9.8のプランをお勧めしました。

お話を進めていく中で、お花が好きだったとの事で棺の中にお花とお母様がいつも持っていたぬいぐるみやお洋服も入れて差し上げていました。

「金額的にも安心でき、母親のために自分が出来ることをしてあげれたのでとても満足しました」とお言葉を頂きました。